パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
ISSN-L : 1348-8406
19 巻 , 1 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
原著
  • ──ブログにおける「性格」への言及の分類
    荒川 歩, 原島 雅之
    原稿種別: 原著
    2010 年 19 巻 1 号 p. 1-14
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    本研究では,ウェブログを対象として,そこで,「性格」という概念がどのような場合にどのように用いられているかを明らかにすることで,人にとって性格に言及することにどのような意味があるのかを明らかにすることを目的とした。合計24時間の間にアップされた714のウェブログから「性格」という言葉の用例を収集し,ボトムアップに分類した。その結果,他者の性格について言及したものは,17カテゴリ132個,自分の「性格」について言及したものは,26カテゴリ220個観察された。他者の性格については,先行研究において帰属の機能として指摘されていた解釈と予測という文脈に加えて,他者を一貫して,嫌なもの,または良いものとして主張するために,好きな–良い(または嫌な–悪い)性格といった感情的な評価の言及も認められた。他方,自己の性格については,統制不能なものとして理解され,他者にもそのように理解するように求める場合があることがうかがわれた。これらの結果から,パーソナリティ心理学ではあまり論じられていないが,一般の人の日常生活の会話においては重要な機能を果たす「性格」概念があることが明らかになった。
  • 高野 慶輔, 丹野 義彦
    原稿種別: 原著
    2010 年 19 巻 1 号 p. 15-24
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    自己注目には適応的な「省察」と不適応的な「反芻」があることが知られている。Papageorgiou & Wells (2001a) は,反芻の原因として,「反芻に対する肯定的信念」という概念を提案し,自己注目は問題解決のために有効な手段であるという信念が反芻を促進するとした。本研究では,この信念を測定する尺度Positive Beliefs about Rumination Scaleの日本語版を作成し,信頼性と妥当性を確認した(研究1)。さらに,この肯定的信念と抑うつ,反芻,そして省察との関連を検討した(研究2)。大学生を対象とした質問紙調査の結果,肯定的信念は反芻,省察の双方と正の関連がみられたが,反芻は抑うつと正の関連が,省察は抑うつと負の関連がみられた。自己注目を行う背景として肯定的信念が存在しているが,抑うつに陥るのは反芻を行った場合だけであり,省察を行った場合には適応的に働くことが示唆された。
  • ――集団アイデンティティと自我アイデンティティの関係
    植松 晃子
    原稿種別: 原著
    2010 年 19 巻 1 号 p. 25-37
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    本研究では,Erikson(1959)の集団アイデンティティと自我アイデンティティの理論を背景に,異文化における心理的サポート要因として民族アイデンティティの役割を検討する。分析1では民族アイデンティティ尺度(MEIM; Phinney, 1992)を日本人学生(日本人留学生122名・国内の大学生335名)に実施した。結果,先行研究と一致する2因子が抽出され(「探索」と「愛着・所属感」),両因子ともに日本人留学生のほうが国内学生よりも高い値であり,異文化では民族アイデンティティが顕著になることが示された。分析2では,日本人留学生を対象とし,パス解析を行った。結果,「探索」は自我アイデンティティに直接的関与を示し,またそれを媒介変数として,異文化適応感を予測していた。一方「愛着・所属感」は,それ自体ではネガティブな予測因となることが示唆された。
資料
  • 中川 明仁, 佐藤 豪
    原稿種別: 資料
    2010 年 19 巻 1 号 p. 38-45
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,Cloningerの気質4次元から自己志向的完全主義の各側面への影響を男女別に検討することであった。重回帰分析の結果,男女共通して気質次元の「固執」が完全主義の全側面へ正の影響を及ぼしていた。また,男性のみの結果として,「新奇性追求」と「報酬依存」が「失敗懸念」に負の影響を及ぼし,「報酬依存」は「完全性欲求」にも負の影響を及ぼしていた。一方,女性は「損害回避」が「失敗懸念」および「完全性欲求」に正の影響を及ぼしていた。本研究の結果より,多次元的な自己志向的完全主義の基盤に存在すると考えられる気質特性には,男女共通する気質と男女間で相違する気質が存在することが示唆された。
展望
  • ――AgreeablenessとCooperativenessの概念を用いた検討
    登張 真稲
    原稿種別: 展望
    2010 年 19 巻 1 号 p. 46-58
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    本稿では「協調性」をAgreeablenessとCooperativenessの両方を含む概念(非利己的で,他者に対して受容的,共感的,友好的に接し,他者と競い合うのではなく,譲り合って調和を図ったり協力したりする傾向)としてとらえ,この特性の起源に関する文献を展望した。これらの文献からは,AgreeablenessもCooperativenessも遺伝と環境の両方の影響を受けること,協調性は社会的絆の形成・維持に関連する親和性等の気質と自己調整に関連する気質と関係があることが示唆された。また,親和性と,同じく社会的絆の形成・維持に関係があり協調性との関連が深いと考えられる共感性には神経生物学的基盤があることが示唆された。これらの基盤が協調性の遺伝的起源の一部となっている可能性がある。協調性の要素間の関係やパーソナリティ特性としての成立過程,環境的起源については,さらに詳細に検討する必要がある。協調性の尺度についても再検討が必要である。
ショートレポート
  • ――Implicit Association Test及びName Letter Taskを用いたマスク・モデルの検討
    川崎 直樹, 小玉 正博
    原稿種別: ショートレポート
    2010 年 19 巻 1 号 p. 59-61
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    Researchers have hypothesized that narcissists mask their implicit sense of self-dislike by constructing a grandiose self-representation. Several studies have tested this “mask model” using measures of implicit self-esteem, but no study has been done with a Japanese sample. In this study, the Implicit Association Test (Study 1; n=62) and a name letter task (Study 2; n=102) were administrated to measure the implicit self-esteem of Japanese undergraduates. The relationship between implicit self-esteem and narcissism was examined, and the results did not support the mask model. This result is similar to recent findings from a meta-analysis of the mask model of narcissism.
  • ――P–Fスタディを用いた検討
    吉住 隆弘
    原稿種別: ショートレポート
    2010 年 19 巻 1 号 p. 62-64
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    This study examined the relationship between dissociative tendencies and aggressive behaviors in adolescents. The Dissociative Experiences Scale (DES) and the Picture-Frustration (P–F) Study were administered to 60 vocational school students (28 men and 32 women; M=20.4 years). Simple correlation analysis indicated that the DES had negative correlations with obstacle-dominance and im-aggression, and had a positive correlation with extra-aggression from the P–F Study. Among the subscales of the DES, depersonalization was most related to aggressive behaviors. The results suggest that adolescents who have high dissociative tendencies are inclined to show aggression toward others directly.
  • ――日記法による検討
    伊藤 直, 松見 淳子
    原稿種別: ショートレポート
    2010 年 19 巻 1 号 p. 65-67
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    We assessed the relationship between frequencies of engaging in pleasant activities and mood and depressive symptoms in undergraduate students by using a daily-diary method. Undergraduates were administered the Pleasant Events Schedule (Lewinsohn, Youngren, Munoz, & Zeiss, 1978) and the Japanese version of the Positive Affect and Negative Affect Schedule (Sato & Yasuda, 2001) for seven days and the Japanese version of the Beck Depression Inventory (Hayashi, 1988). While the BDI scores did not directly correlate with the frequencies of pleasant activities, the intra-subject mean correlation coefficients indicated that the frequencies of pleasant activities were positively related to positive mood. This result offers partial support for the behavioral model of depression.
  • 長谷川 晃, 伊藤 義徳, 矢澤 美香子, 根建 金男
    原稿種別: ショートレポート
    2010 年 19 巻 1 号 p. 68-71
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    The present study was conducted to revise the Japanese version of the Depressive States Checklist (JDSC), and to evaluate the construct validity of the revised version. Undergraduate students participated in two questionnaire studies. In Study 1, items with sufficient face validity and factorial validity representing the self-devaluative view and affective components were selected for the revised version of the J-DSC (JDSC-R). In Study 2, each factor of the J-DSC-R showed adequate construct validity because the correlation coefficients among the factors of the J-DSC-R, depressive symptoms, and depressive rumination generally supported the hypothesis. The J-DSC-R can be used to contribute to the understanding of vulnerability to depression.
  • 永井 智, 坂 征拓, 田中 真理, 設楽 紗英子
    原稿種別: ショートレポート
    2010 年 19 巻 1 号 p. 72-75
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    This study investigated the relationships between four attachment styles and emotional suppression. College students (N=416) completed a questionnaire which assessed attachment style and emotional suppression. The results of the analyses indicated that both dismissing and avoidant people expressed their negative emotions less than secure and preoccupied people. Although avoidant people suppressed emotional expression in social situations, dismissing people did not.
  • 原田 知佳, 吉澤 寛之, 吉田 俊和
    原稿種別: ショートレポート
    2010 年 19 巻 1 号 p. 76-78
    発行日: 2010/08/31
    公開日: 2010/08/18
    ジャーナル フリー
    This study examined the contributions of several self-regulatory functions to externalizing problem behaviors. This study focused on three self-regulatory functions: Behavioral Inhibition/Behavioral Approach System (BIS/BAS), Effortful Control (EC), and Social Self-Regulation (SSR). The study tested the hypothesis that the direct effect of SSR on problem behaviors in social settings, such as antisocial behavior, is stronger than temperament facets (BIS/BAS, EC), whereas the direct effect of temperament facets on personal problem behaviors, such as eating disorder and impulse buying, are stronger than SSR. The results partially supported our hypothesis and suggested that the role of each self-regulatory function for externalizing problem behaviors is not universal but domain specific.
feedback
Top