パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
ISSN-L : 1348-8406
22 巻 , 3 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
原著
  • 古村 健太郎
    原稿種別: 原著
    2014 年 22 巻 3 号 p. 199-212
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,恋愛関係における接近コミットメントと回避コミットメントを測定する尺度を作成し,その信頼性と妥当性を検討することであった。接近コミットメントは“関係継続によって生じる報酬への接近目標”と定義され,回避コミットメントは“関係崩壊によって生じる罰からの回避目標”と定義された。サンプル1では133名,サンプル2では136名の恋人のいる調査参加者を対象に調査を行った。探索的因子分析では接近コミットメントと回避コミットメントの2因子が抽出され,十分な内的一貫性が確認された。確認的因子分析では,一因子構造よりも二因子構造の適合度が高かった。さらに,投資モデル尺度,BIS・BAS尺度,ECR-GO, IOSとの関連を検討した結果,接近・回避コミットメント尺度はそれぞれの尺度との間に理論的に予測される関連を示した。これらの結果から,接近・回避コミットメント尺度には一定の妥当性があることが確認された。
  • Akiko Yamagishi
    原稿種別: Article
    2014 年 22 巻 3 号 p. 213-225
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to classify the main psychological theories about guilt from a cognitive point of view, and to show other types than traditional concepts of guilt. Two criteria were used for classification: whether there was direct interaction with others, and whether one considers only his own act or both his act and the acts of others. The first type of guilt arises from a focus on what one has done, and involves self-reproach for doing wrong. The second involves guilt derived from relatedness, which centers on the other whom one has injured. A third type of guilt results from disequilibrium in an interaction between one person and another. The fourth type is the guilt between no particular relationship, including survivor's guilt. The third type is described in psychological theory which was developed originally in Japan like as the Ajase complex and is presented in some Japanese literary works.
  • 高橋 幸子
    原稿種別: 原著
    2014 年 22 巻 3 号 p. 226-238
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    本研究は,対人ストレッサーによって否定的情動が喚起された後に対処を行う反応焦点型対人ストレス対処過程を検討した。研究1と2では,反応焦点型対処行動尺度を作成し,尺度の信頼性と妥当性を確認した。研究3では,反応焦点型対人ストレス対処過程モデルを作成し,悲しみを中心とした過程と怒りを中心とした過程に分類されることを明らかにした。これらの結果から本研究は,対人ストレス対処は情動が生じる前に抑制するだけではなく,生じた情動を種類ごとに対処することも重要である可能性を示唆した。
  • 松並 知子
    原稿種別: 原著
    2014 年 22 巻 3 号 p. 239-251
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は自己愛の病理性の性差を検討することであった。大学生354名を対象に性差を検討した結果,未熟な自己愛の測定尺度の下位尺度のうち,「自己誇大化」は男性>女性,「他者への依存」は女性>男性という有意差が見られた。また「基本的信頼感」と自尊感情は男性が有意に高く,「対人的信頼感」は女性が有意に高かった。さらに自己愛の側面と基本的信頼感の関連を検討した結果,男女ともに「他者への依存」は自尊感情・「基本的信頼感」と有意な負の相関,「自己誇大化」は双方と有意な正の相関が示され,依存性こそが自己愛の病理であることが示唆された。また男女別に重回帰分析を行った結果,男性の場合は「基本的信頼感」から「他者への依存」「注目賞賛願望」には有意な負のパスが,「自己誇大化」へは有意な正のパスが見られたのに対し,女性の場合は「他者への依存」に有意な負のパスが示されただけだったことから,男女で自己愛の病理の表れ方が異なることが示された。
資料
  • 杉浦 祐子
    原稿種別: 資料
    2014 年 22 巻 3 号 p. 252-261
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,重要な他者の持つ機能に着目し,重要な他者に「どのような機能を求めるか」という視点から反映的自己の自己概念への影響を検討することである。378名の大学生が,自己概念,および,他者に支援機能,同朋機能,モデル機能,対立機能を求める際の他者視点を想定して,4つの反映的自己について回答した。結果は以下のとおりである。自己概念の3次元(社会的望ましさ,活動性,個人的親しみやすさ)それぞれにおいて,他者にモデル機能を求める場合,反映的自己は自己概念に影響しなかった。また,各次元で最も影響力のある反映的自己は異なっていた。本研究の結果から,反映的自己が自己概念に関連する際の重要な他者の機能が,次元によって異なることが示された。今後は,重要な他者が誰かということだけでなく,重要な他者の持つ機能を考慮する必要性が示唆された。
  • 大嶋 玲未, 廣川 佳子, 小口 孝司
    原稿種別: 資料
    2014 年 22 巻 3 号 p. 262-272
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    本研究ではセルフ・モニタリングの調整効果に注目し,セルフ・モニタリングと神経症傾向が就労者の職務満足感と組織市民行動に及ぼす影響を検討した。調査対象者は日本の運輸企業に勤務する133名(男性123名,女性10名),平均年齢は38.02歳(SD=10.27)であった。従来の研究では,神経症傾向が高い就労者は職務満足感や組織市民行動が低いとされてきた。しかしながら本研究の結果,セルフ・モニタリングが高い就労者においては,神経症傾向が高くとも神経症傾向が低い就労者と同程度の職務満足感や組織市民行動が確認された。
ショートレポート
  • 原田 知佳, 吉澤 寛之, 朴 賢晶, 中島 誠, 尾関 美喜, 吉田 俊和
    原稿種別: ショートレポート
    2014 年 22 巻 3 号 p. 273-276
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    This study examined adolescents' social self-regulation in four cultures and differences in the relationships between social self-regulation and antisocial behavior. A total of 1,270 adolescents from Japan, Korea, China, and the United States completed a questionnaire. The results of an ANOVA showed that adolescents in Japan showed lower self-assertion than those in Korea, China, and the United States. Adolescents in China showed more self-inhibition than those in Japan, Korea, and the United States. The results of an ANOVA showed the following. Only the main effect of self-inhibition on antisocial behavior was observed in Korea, China, and United States, whereas an interaction effect of self-assertion and self-inhibition on antisocial behavior was observed in Japan. Since the “assertive type,” showing high self-assertion and low self-inhibition, does not fit in Japanese culture, assertive-type people would be observed as having maladjusted behavior in Japan.
  • 服部 陽介, 川口 潤
    原稿種別: ショートレポート
    2014 年 22 巻 3 号 p. 277-280
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    The present study examined whether the frequency of intrusive thoughts mediates the relationship between depression and meta-cognitive beliefs about focused distraction. Participants were required to suppress their thoughts in a condition where they were able to use focused distraction. An analysis of mediation indicated that the subjective frequency of intrusive thoughts completely mediated the relation between depression and the meta-cognitive belief about the ironic effect of mental control. This result suggests that the degree of confidence in the belief about the ironic effect of mental control is influenced by the degree to which the frequency of intrusive thoughts has been affected by depression.
  • 藤田 知也
    原稿種別: ショートレポート
    2014 年 22 巻 3 号 p. 281-284
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    This study investigated the changes of mood (assessed five times) across a catastrophizing task. The results showed that anxious mood at Time 1 was significantly different from at Time 4 and Time 5. Also sad mood did not show a significant difference across the catastrophizing task. It was suggested that an anxious mood tends to increase across a catastrophizing task.
  • 中山 満子, 池田 曜子
    原稿種別: ショートレポート
    2014 年 22 巻 3 号 p. 285-288
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    This study categorized interpersonal conflicts in friendships between mothers rearing little children, so called “mum-friends” in Japan. It examined the relation between the typical types of conflicts and the personality traits of the respondents and their friends assessed by the Big Five Scale (Wada, 1996). An internet survey was conducted with 300 women rearing little children. From the result of Hayashi's Quantification Method Type Ⅲ and cluster analysis based on 205 respondents who reported conflicts with their mum-friends, we extracted four clusters of types of interpersonal conflicts. Conflicts concerning criticism of children's discipline and lack of common-sense were frequent in the friendship between mothers; these respondents rated their friends’ Conscientiousness and Agreeableness as relatively low. For conflicts related to socioeconomic disparity, the respondents’ self-reported Conscientiousness was evaluated lower than for the other types of conflict, and the friends’ Conscientiousness and Agreeableness were evaluated relatively high.
  • 村上 達也
    原稿種別: ショートレポート
    2014 年 22 巻 3 号 p. 289-292
    発行日: 2014/03/25
    公開日: 2014/04/08
    ジャーナル フリー
    This study examined the relation between attachment styles and friendship motivation. Participants were 334 undergraduate students who completed the Relationship Questionnaire, the Friendship Motivation Scale, and an item about the number of their friends. The results of an ANOVA indicated the following. (1) Secure attachment styles were associated with high autonomy and low controlled motivation for friendship, and a large number of friends. (2) Preoccupied attachment styles were associated with high autonomy and controlled motivation for friendship, and a large number of friends. (3) Dismissive attachment styles were associated with average autonomy and controlled motivation for friendship, and a small number of friends. (4) Fearful attachment styles were associated with low autonomy and high controlled motivation for friendship, and a small number of friends.
feedback
Top