パーソナリティ研究
Online ISSN : 1349-6174
Print ISSN : 1348-8406
ISSN-L : 1348-8406
24 巻 , 2 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
原著
  • 河野 和明, 羽成 隆司, 伊藤 君男
    原稿種別: 原著
    2015 年 24 巻 2 号 p. 95-101
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    恋愛対象者に対する接触回避がどのように生じているかを分析した。大学生334名(男性126名,女性208名)が質問紙調査に参加した。調査では,恋愛対象者,同性友人,異性友人各1名を想起させ,8つの身体接触場面において,各人物との接触をどの程度回避したいかについて尋ねた。男女とも恋愛対象者に対しては,異性友人に比べて接触回避の程度を下げたが,この傾向は女性で顕著であった。女性は,異性友人に対して接触回避を高く保っているが,恋愛対象者に対しては大幅に回避を下げると考えられた。しかし,たとえ恋愛対象者であっても,恋愛対象者への接触回避は,同性友人への接触回避よりも低くならなかった。一方,男性は,同性友人,異性友人よりも,恋愛対象者への接触回避は低かった。接触回避が性的防衛の機能をもつ可能性が考察された。
  • —友人のサポートと生きがい感の観点から
    遠藤 伸太郎, 大石 和男
    原稿種別: 原著
    2015 年 24 巻 2 号 p. 102-111
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,大学生における抑うつ傾向とソーシャルサポート及び生きがい感の関連について検証することであった。分析対象者は,大学生259名(男性142名,女性117名,平均年齢:20.1±1.0歳)であった。調査には日本語版自己評価式抑うつ尺度(SDS),日本語版ソーシャルサポート尺度,日本語版PILテストパートAが用いられた。パス解析の結果は,友人からのサポート得点がSDS得点と負の関連,PIL得点と正の関連を有していることを示した。加えて,友人からのサポート得点がPIL得点を媒介してSDS得点と負の関連を有していた。大学生の時期においては,友人のサポートが直接的に抑うつ傾向を低減するとともに生きがい感を高め,高められた生きがい感が抑うつ傾向を低減することが示唆された。
  • —自己価値の随伴性からの整理
    笹川 果央理
    原稿種別: 原著
    2015 年 24 巻 2 号 p. 112-123
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    本研究では自己価値の随伴性について3種類の領域を想定し,それぞれの領域に随伴することで得られる自尊感情として優越感,他者評価,独自性を測定し,これらと主観的幸福感への関連を検討した。その際自尊感情と幸福感の間を媒介する変数として自己受容と賞賛欲求も検討した。大学生に質問紙調査を実施し,254名から有効回答を得た。その結果,優越感および他者評価は幸福感への正の直接効果があるが独自性にはないこと,一方で優越感は賞賛欲求を経由して間接的に負の影響を与えていることが示された。
  • —学校場面における基本的心理欲求充足尺度の作成
    西村 多久磨, 櫻井 茂男
    原稿種別: 原著
    2015 年 24 巻 2 号 p. 124-136
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    本研究では,学校場面における三つの基本的心理欲求(自律性,有能感,関係性)の充足度を測定する尺度を作成し,各基本的心理欲求が学校場面におけるどの活動において特に関連が強いのかを明らかにするために,三つの基本的心理欲求とスクール・モラールとの関連を調べた。研究1では尺度を作成し,尺度の信頼性と妥当性を確認した。研究2では,重回帰分析を行い,各基本的心理欲求とスクール・モラールとの関連を検討した。その結果,自律性と関係性は友人関係と,有能感は学業活動と特に強い関連を持つことが明らかにされた。本研究によって,各基本的心理欲求が学校場面においてどのような活動と関連が強いのかが明らかにされた。
  • 澤山 郁夫, 三宅 幹子
    原稿種別: 原著
    2015 年 24 巻 2 号 p. 137-146
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    本研究では,ヘビーユーザーが多いことで知られるTwitterにおいて,ヒマさえあれば1日のうちに何度も閲覧してしまう者の心理特性が検討された。大学生を対象に質問紙調査を実施した結果,ヒマさえあれば1日のうちに何度も閲覧する者は,Twitterを利用していない者に比べて,公的自意識や同調志向,自己認識欲求,ネガティブ情報回避欲求について,高い傾向にあることが示された。また,高頻度閲覧者は,直接会うことの多い知人・友人の独り言のようなツイートが気になっていることも示された。これらの結果より,Twitterが身近な他者との同調や自己関連情報の収集を目的として利用されている可能性が示された。ただし,これらの心理特性はいずれも,Twitter利用の有無への影響は示唆される結果となったものの,閲覧が高頻度であるか中低頻度であるかといった頻度間では,明確な差はみられなかった。今後は,高頻度閲覧を規定する別の要因を含めた検討が必要であろう。
ショートレポート
  • —大学生と成人を調査対象として
    福井 未来, 清水 和秋
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 147-150
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    This study developed a Vitality Scale (VS), and examined its reliability and validity with 518 participants including undergraduates and adults. Factor analysis revealed that the VS consisted of six factors: vigor, flexibility, social withdrawal (reversed scoring), activeness, mental toughness, and positiveness. Six subscales were developed according the factor analytic results, which had sufficient internal consistency (α=.74–.82). Correlational validity was demonstrated in terms of the relationships of the VS with sleep and eating. These results indicate that each subscale was useful to measure an individual's vitality. Males obtained higher mean scores than females did on flexibility, social withdrawal (reversed) and activeness. The mean of adults' scores was higher than undergraduates' scores on the most of vitality subscales.
  • 上野 雄己, 小塩 真司
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 151-154
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    This study investigated the dual processing model of psychological resilience among university athletes. Participants were 162 university athletes (male=55, female=107, mean age=19.7, SD=1.2), who were asked to complete a questionnaire containing questions on psychological resilience, self-esteem, burnout, self-evaluation of competitive performance, and athletic growth. Results of structure equation modeling indicated that psychological resilience was negatively associated with burnout via self-esteem and positively associated with athletic growth through self-evaluation of competitive performance. The findings of this study support our hypothesis that university athletes' psychological resilience promotes growth and reduces burnout.
  • 川村 綾, 及川 恵
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 155-158
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    This study investigated the relationship between behavioral coping and depression mediated by cognitive control. We conceptualized two types of behavioral coping, namely “direct solution behavior” and “solution behavior by consultation”. The former involves coping with the problem actively and directly, and the latter involves accepting others' ideas by asking someone for advice and information. We selected items regarding behavioral coping from previous research, and prepared a self-report questionnaire regarding a stressful interpersonal situation, which 239 university students completed. The results of a path analysis suggested that each type of behavioral coping was positively associated with logical analysis, and that logical analysis was positively associated with reframing catastrophic thinking. Moreover, reframing catastrophic thinking was negatively associated with depression.
  • 小島 淳広
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 159-162
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    This study examined the relationship between the number of past experiences participants recalled and the sense of ego identity in older adolescents. Participants were 370 undergraduate and graduate students, who described as many as possible past experiences, and completed items about feelings of success in the experiences, the duration of the experiences, and the Multidimensional Ego Identity Scale. Multiple regression analysis showed an association between the number of past experiences the participants recalled and Psychosocial Identity. There was an association between the ratings of feelings of success and Self Identity, Interpersonal Identity, and Psychosocial Identity, and also between the duration of the experiences and Self Identity.
  • 酒井 恵子, 西岡 美和, 向山 泰代, 小松 孝至
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 163-166
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    The Gitaigo Personality Scale (GPS; Komatsu et al., 2012) consists of 60 mimetic words comprising six subscales, and is used for measuring self and others' personality. In this study we developed a short form of the GPS, the GPSsf which consists of 30 words, by selecting the five words that exhibited the highest loadings for each of the GPS six factors. A factor analysis showed that the GPSsf consisted of six factors consistent with the six subscales of the GPS. The GPSsf had relatively high test-retest reliability, internal consistency, and sufficient validity. Because of the reduced number of items, the GPSsf is now more accessible for use in assessment situations.
  • 西川 一二, 奥上 紫緒里, 雨宮 俊彦
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 167-169
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    Grit is defined as perseverance and passion for long-term goals. In Western studies, grit was shown to be a character trait which contributes to future attainments and success. A Japanese translation of the Short Grit Scale (Grit-S: Duckworth & Quinn, 2009) was administered to 1,043 university students. The results of exploratory and confirmatory factor analyses demonstrated sufficient fitness and a two-factor structure which was basically the same as the original Grit-S. The two factors were named Perseverance and Consistency. Each sub-scale had sufficient internal consistency. Correlations with the Profile of Mood States (POMS), and measures of self-control and the Big Five personality factors attested to the basic validity of the Japanese Grit-S.
  • 高橋 誠, 森本 哲介
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 170-172
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    The present study developed a Japanese version of the Strength Knowledge Scale (SKS: Govindji & Linley, 2007), and investigated its reliability and validity. The participants were Japanese university students. An exploratory factor analysis showed a one-factor structure. Internal consistency and test–retest reliability were sufficient. The SKS was associated with subjective well-being, self-esteem, characteristic self-efficacy, character strength, and identity. The findings showed that the Japanese version of the SKS had substantial reliability and validity. Furthermore, in this study the SKS was related to holding strengths and identity.
  • 扇原 貴志, 上村 佳世子
    原稿種別: ショートレポート
    2015 年 24 巻 2 号 p. 173-176
    発行日: 2015/11/20
    公開日: 2015/12/05
    ジャーナル フリー
    Correlations between the scores on subscales of the Scale of Interest in Infants and preferences for pictures of infants were investigated. University students (N=27) completed the Scale of Interest in Infants. Then they were shown arrays of three pictures of an infant, an adult, and an object and required to choose the picture that interested them the most. The results indicated that pictures of infants were chosen more often than pictures of adults. Positive correlations were found between scores on the subscales for “affectionate attention” or “curiosity” and preference for pictures of infants. “Sympathy” and “tolerance” were not significantly correlated with preference for pictures of infants.
feedback
Top