日本写真学会誌
Online ISSN : 1884-5932
Print ISSN : 0369-5662
検索
OR
閲覧
検索
76 巻 , 5 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
特集:フレキシブル・プリンテッドエレクトロニクスと画像形成技術との接点
  • 栗原 正人
    76 巻 (2013) 5 号 p. 355-361
    公開日: 2014/10/22
    ジャーナル フリー
    プリンテッドエレクトロニクスに適合する電極材料として,低温焼成銀ナノ微粒子及びその分散インク/ペーストが実用化に最も可能性のある材料として注目されている.フレキシブルエレクトロニクス素子に用いられるPETなどのフレキシブル・透明樹脂基板は熱耐性が弱く,こうした幅広い汎用性樹脂基板に銀ナノ微粒子を適合させるには,その焼成温度の低温化がキーテクノロジーになる.本研究では,銀ナノ微粒子の自発融着能を発揮させる表面構造に着目,アルキルアミンを保護分子として選択することで,室温~100°Cの焼成温度の実現に成功した.この自発融着能により,クラックやボイドの発生を抑制した導電性・光反射率・フレキシブル性に優れる塗布型電極の作製が容易になった.シュウ酸銀熱分解法の発明により,高性能・高純度銀ナノ微粒子を溶媒レス・低環境負荷・安価・大量合成(~100%収率)することができた.国内企業20社が集結した「ナノメタルスクール」により,この銀ナノ微粒子技術に基づく,プリンテッドエレクトロニクス産業応用が加速している.
    抄録全体を表示
  • 西 眞一
    76 巻 (2013) 5 号 p. 362-365
    公開日: 2014/10/22
    ジャーナル フリー
    インクジェット技術はデジタル印刷技術としてプリンテッドエレクトロニクス分野で重要な役割を果たすと期待されている.特に難易度が高い有機TFTアレイの製作への応用は薄膜且つ微細パターン描画が必要であり,インクジェットヘッドとインク物性のみならず基板表面処理や後処理などのプロセス技術の最適な摺合せで初めて実現可能となる.フレキシブルフィルム基板上での有機TFTアレイの製作工程での細線描画技術やフィルム歪みへの対応について解説する.
    抄録全体を表示
解説
一般論文
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top