日本古生物学會報告・紀事
Online ISSN : 2186-0955
Print ISSN : 0031-0204
ISSN-L : 0031-0204
1938 巻 , 11-12 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 關 武夫
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 35-39
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    伊吹山及びその附近は地質構造上興味ある地域として古くは小藤博士, 中村教授, 近くは竹山學士により貴重なる研究が發表されてゐる。又小澤, 小林兩博士も西南日本地帯構造上注目すべき地域なる事を論及されてゐる。
    著者は嘗て東北帝大地質古生物學教室卒業論文題目として赤坂町, 醒ケ井町を連ぬる線を略ヾ南限とし北は揖斐川流域に亙る地域の地質を矢部先生御指導の下に研究した。
    本地域の地質構造は極めて錯雜してゐるが各所に石灰岩のlensを胚胎し, その石灰岩中の化石は層序決定の上に又構造の解釋の上に重要なる役割を演するものである。
    産出する化石は有孔蟲類・珊瑚類・蘚蟲類・腕足類・腹足類等多岐に亙るも最も豊富に産出し, 且つ最も重要なるは勿論紡錘蟲類である。其等化石の詳細なる研究は未だその途中に在る故此處ではその主なるものを列擧し, 他地域との對比に役立てようと思ふ。
  • 鹿間 時夫
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 40-46
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    Fossil equid remains are very rare in the Japanese Islands, probably owing to the particular land condition that prevailed during the later Cenozoic, which is adverse to the life of equids and on the contrary favourable to that of Proboscidea. In Middle Pleistocene, some Manchurian or North Chinese elements evidently migrated into the land, as such remains are found in the Upper Kuzuii beds of Totigi prefecture, the sand and gravel bed of the Inland sea, and the Tukinoki asphalt bed of Akita prefecture. The last mentioned deposit, yielded the equine tooth now under consideration; other mammalian remains previously described from the same deposit are Palaeoloxodon namadicus yabei (MATSUMOTO), Sus nipponicus nipponicus MATSUMOTO, Cervus (Sika) ezoensis HEUDE, and Canis sp. This occurrence, the writer thinks, indicate that some steppe animals might have invaded into the Japanese Islands in association with the other Manchurian elements.
    The very fragmental equine tooth from the asphalt bed, about 22mm long, 23mm wide and 31mm high, probably belonged to a median-sized equid; it has a flat protocone as in E. przewalskii POLIAKOFF or E. caballus LINNE, and relatively weak enamel plication, weaker than in F. sanmeniensis TEILHARD and PIVETEAU or in E. leptostylus MATSUMOTO. The fossil remain may represent a species perhaps allied with E. hemionus or other small sized equids.
    Another tooth, shown in Fig. 1 b is a left lower last molar, about 30mm long, 12mm wide and 43mm high; it is quite similar to the corresponding one of E. caballus. It was found lying on the sandy shore near Hitati-mati, Ibaraki prefecture; it may be a fossil or subfossil, or even its being a quite recent one is by no means excluded.
    In connection of the respective antiquity and sequence of E. sanmeniensis, E. przewalskii and E. caballus, it is questioned whether the equine tooth from Honan described under the name of E. leptostylus MATSUMOTO is not referrable to E. przewalskii, because the correspondent tooth of the latter species differs not much from the former in dimensions and enamel plication. Which of the various names-E.(E.) caballus fossilis CUVIER, E.(E.) caballus leptostylus MATSUMOTO, E.(E.) caballus przewalskii (POLIAKOFF) and E.(E.) przewalskii POLIAKOFF should properly be applied to the Anyan equid which is sometimes regarded to be a domestic form, is a question difficult to answer.
    At present wide divergence of opinion exists between the American and oriental authors as to the, geological age of the Hipparion bed of the Siwalik series; the present writer rather tends to the view held by PILGRIM or TEILHARD de CEIARDIN, as the Americans seems to him to be too arbitrary in regarding the New World as the native land of Hipparion. For intercontinental correlation of fauna, the use of certain single group of animals instead of the whole fauna may prove to be of considerable value, though sometimes quite d angerous.
    Beside the two specimens cited above, there are some others which have previously been reported by Dr. TOKUNAGA, namely several specimens of E. caballus from Keisei, Tyôsen, and Kuroi village in Hyôgo prefecture; farther there are several remains from Neolithic sites reported by Dr. HASEBE, especially of Kyushu, which specially attracted his attention to the small size of them. Hence one can at least safely express that some small sized horses lived in Japan from the Middle Pleistocene of the Neolithic age, contemporaneous with Sus nipponicus MATSUMOTO. The small size may be interpreted either as its specific character or as due to island life.
  • 淺野 清
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 47-57
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    從來日本産Elphidium屬の有孔蟲に關しては, 主としてBRADYの“Challenger Foraminifera”に基いて研究されてゐたが, 其後の調査に依り, 改革しなくてはならぬやうになつた。現在本屬及その近似屬のものに11種が有効と認められる。其等のものに就いてのSynonym, geological及びgeographieal distributionを取扱つたものである。之等のうちで, 特にElphidium yabei, E. yezoense, Elphidiella nagaoi, Polystomezlina discorbinoidesは, 東北日本・北海道・樺太の鮮新世のみに産し, 且つ何れも絶滅種であることは, 地質學上注目すべき種と考へられる。
  • 淺野 清
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 58-65
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    從來日本産Nonion屬の有孔蟲に關しては, 僅か數種のみしか知られて居なかつたが, 今囘, 現生種, 化石種を合せて12種を認めることが出來た。うち2種即ちN. manpukujiense, 及N. pompilioides etigoenseは化石のみしか知られてゐない。其他の10種は何れも現在まで生きてゐるもので, N. subturgidumN.Pompilioidesの2種は, 日本の南に多く, 日本海には未だ發見されない。其外のものは, 現世, 化石共に, 分布極めて廣く, 殆どcosmopohtanである。本文には, 之等の種の日本に於ける分布と種のSynonymに關する考察を行つたものである。
  • 淺野 清
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 66-75
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    Bolivina及其近似屬の有孔蟲に關しては, 最近CUSHMANのmonographic studyがあり, 可成りよく知られるに至つた。日本産のものに就いて之を調査せしに, 20種を識別することが出來た。其等の中Bolivina hanzawai, B. subangularis ogasaensis, B. Pseudodifformis, Loxostoma amygdalaeforme iokiense, Bolivinita quadrilatera cuneataは日本の太平洋側の鮮新世のみから發見され, 其他の地方からは, 現世, 化石共に知られてゐないことは注目すべきである。尚ほGeminaricta屬の有孔蟲は, 從來欧洲のMioceneのみに限られてゐたものであるが, 蒼鷹丸採集の現世標本有孔蟲のうちに, たものである。
  • 淺野 清
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 75-84_4
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    日本産化石並た現在Uviperina, Angulogerina, Trifarina 3屬の種, 12に就いて考察を爲した。秋田縣男鹿半島の鮮新世有孔蟲の一つ, U.yabei n.sp.及び房聰半島のU.substriata n. sp. は夫々の地方に於いて, 特徴あるものであるが, 其他の10種は, 地理的及び地質的分布が廣く, 且つ産出も多くのものは僅少であり, 層位的價値は乏しい。
  • 遠藤 誠道
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 84-86
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    仙壹附近に發達する新第三紀層群中に可なり多量に化石植物を産する地層がある。其一は筆者が嘗て報告した宮城縣宮城郡根の白石村字福岡なる根の白石含化石植物層で, これより其後保存良好なる化石植物を多量に採集した。此根の白石含化石植物層と同時代と見られる含化石植物層に, 宮域縣宮城郡大澤村奥武士, 及び同村白澤, 同縣名取郡秋保村西澤及び同村白坂峠等がある。
  • 大炊御門 經輝
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 87-92_1
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    日本古生物學會第6囘例會に於て鈴木好一學士に依り群馬縣下仁田, 富岡町附近の新第三紀貝化石が報告された。同地方の地質に關しては藤本治義博士及び小林學氏の研究がある。此處に記載した貝化石は藤本, 小林兩氏の板鼻層のもので, 板鼻層の化石フォーナは幅島縣棚倉町附近の新第三紀貝化石群と著しく類似し, 又一方岩手縣の門ノ澤統のものとも關係がある。目下日本石油會杜の大村一藏學士, 佐渡道隆學士, 佐藤彬學士が本地方の地質に就き研究中で, 地質時代に就いては上記諸氏の研究が完成する迄保留する。
  • 大炊御門 經輝, 金原 均二
    1938 年 1938 巻 11-12 号 p. 93-94_1
    発行日: 1938年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    二枚貝Calyptogtna屬はDALL (1891) に依り創設され, 模式種はC. paoifica DALLである。本種は現在AlaskaからCaliforniaに分布し, 亦化石はCaliforniaの鮮新統から知られ, 我國からも最近大塚學士に依り秋田縣男鹿半島の鮮新統から報告された。大炊御門は東山油田に發達する牛ヶ首層よりCalyptogenaの新種C.nipponicaを採集したが, 金原は古志郡東山村中澤の小學校庭に掘られた井戸 (飲料水用) から採集された本種の標本を得た。此の小學校附近には寺泊層が發達し, 化石は地表下62尺の處から採れた。模式標本には保存の良い牛ヶ首層産のものを選定した。C.nipponicaの地質時代は今日迄知られてゐる處では中新世上部から鮮新世下部である。
feedback
Top