日本古生物学會報告・紀事
Online ISSN : 2186-0955
Print ISSN : 0031-0204
ISSN-L : 0031-0204
1939 巻 , 15 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 野村 七平
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 55-59_1
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    化石産地は阿武隈山脈東西の通路である小齋峠の中腹にある。小徑に面し狭い露出であるが貝化石は密集してゐる。硬い砂質凝茨岩中に含まれてゐるので良品を得るに困難であるが, 得たるものについて觀察するに, 從來日本内地及び朝鮮より中新世代表化石として報告せられたるものを含んでゐるので興味を感じ, 茲に報告する次第である。尚ほバイ屬の1新種とミクリガヒ屬の1新種とを記載しBabylonia kozaiensis, Siphonalia spadiceoidesと命名したが, これ等をその現在の類縁種と比較することについても面白い事が考へられさうである。
  • 矢部 長克, 杉山 敏郎
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 60-62
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    最近遠藤誠道理學士によつてパラオ群島のバベルダオブ島の東海岸ミに發達する集塊岩中の石茨岩 (始新統?) から興味ある造礁珊瑚の標本が齎らせられた。研鏡の結果GREGORYが嘗てHondurasの下部白堊紀石灰岩から報告したEoomontiporaに同定出來る様である。尤もパラオ種には珊瑚體に床板があるがHonduras種には之が無いので正確な同定には多少疑問がないでもない。併し後者の標本は前者のに比較して保存不良で或は床板があつたのが保存されなかつたのではなからうかと云ふ疑問が起つて來る。同屬に同定される別種がNew Guineaの始新統からも産出することをGREGORYは指摘してゐうが, 之はEomontiporaとは異つた内部構造を示し同氏が最初述べた様にMontiporaに入れべきであらう。
    斯様に極めて類似の構造を示し恐らくは同一屬に入るのではなからうかと考へられる造礁珊瑚が一方は大西洋の下部白票紀層から他方は太平洋の始新統 (?) から産することは興味あろ事實である。
  • 島倉 巳三郎, 畑井 小虎
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 63-67_1
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    宮城縣桃生郡廣淵村の一部に分布する須江砂質頁岩層は仙臺市附近に發達する龍ノロ層 (下部鮮新統) に對比きれるが, その下底に近い砂岩質の部分kはシャミセンガヒの化石を多く含んでゐる. 標本は稍ゝ不完全な爲, 假りにLingula unguis (LINNAEUS) 1758 に固定しておいたが, L. shantungentis に似た點もあり, 若し完全な材料が得られたならば新種になるかも知れないものである. 尚シャミセシガビ類は氣候や環境の指示者としても有力であるから, 此の點から見た本地層の堆積状態を論じた.
  • 矢部 長克, 杉山 敏郎
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 68-71_1
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    橋本亙理學士がマリンドウチ島の始新統石灰岩から採集した化石の形體及び骨格の内部構造はHdiospongiaAmblysiphonellaを多少思はしむる。又cloacaのあることを除けば水棲動物のCircoporaに類することは否定出來ない。骨骼が石灰質で, 内外兩壁間には無數の圓孔を具ふる數多の平行板状骨骼, それと直交する多數の細い圓桂状骨骼並に不規則の形體を示す板状のシキリよりなり, 比較的厚いことが特徴であつて, 恐ちくは海綿類に入るべきものか。從來知られたる屬に同定出來ない故新屬新種を此處に創設する。
  • 畑井 小虎, 西山 省三
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 72-74
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    從來記載並に報告された日本産Cancellaria中化石として見出されるものに就きて, 整理を試みて得た結果を記したものである。次の11種及び1亞種が化石として日本に産出すると認められる。即ち
    C. hukusimana NOMURA and HATAT, 1936
    C. kobayashii (YOKOYAMA), 1927
    C. kurodai (MAKIYAMA), 1927
    C. limata YOKOYAMA, 1928
    C. macrospira ADAMS and REEVE, 1850
    C. nodulifera SOWERBY, 1855
    C. pristina (YOKOYAMA), 1923
    C. reeveana CROSSE, 1863
    C. reeveana, laticosta, LÖBBECKE, 1887
    C. spengleriana, DESITAYES, 1830
    C. taiwa, nensis NOMURA, 1935
    C. thomasiana CROSSE, 1861
    尚ほ朝鮮産新種Cancellaria tyosenensis HATAI and NISIYAMAを見出した。
    尚ほ筆者等の1人畑井が先般略ゝ同様な方法で得た日本産化石Dosiniaの結果とCancellariaの夫れとの相違黙及び類似點, 並にその點等の依って來ると思はれる原因等に關して論じたものであり, Dosiniaに比してCancellariaは個體数並種數に於て遙かに劣勢なことは著しいことである。
  • 大炊御門 經輝
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 75-80_1
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    The Nobe river takes its rise in the Nokogiri Mountain and flows into the Sinano river. The town of Oziya lies approximately 2 km. southwest of the mouth of the Nobe Along this valley, there are good exposures of the Tertiary sediments which constitute the Higasiyama Oil Field. Figure 1 shows a geological section along the valley. With the object of making a study of the variation in the micro-fauna, twenty samples containing foraminiferal fossils were collected along the valley. Of those twenty samples, two were collected from the Siroiwa Bed, one from the Usigakubi Bed, fourteen from the Ifigasiyama Bed, and three from the Araya Bed. No fossils were found in the Wanatu Bed within the valley, but the underlying sediments contained plentiful micro-fauna. Organisms were found to be most abundant in the more shaly beds.
    The accompanying chart [Pl. 21 (11)] indicates localities and variations in micro-faunal content and the faunal abundance is shown by symbols on the legend of the chart. Horizontal lines have been drawn between the symbols of abundance in order to aid in recognizing zonal changes, and the dotted lines have been prepared to show the common species found in the Haizume Bed of Nisiyama Oil Field which is correlated to the Siroiwa Bed. of Nisiyama Oil Field which is colleated to the Siroiwa Bed.
    Table 1 shows the number of families and genera, and the total number of different species, varieties, and indeterminable species in the Siroiwa, Usigakubi, Iligasiyama, and Araya Beds. Table 2 shows the percentage of different species, varieties, and indeterminable species belonging to each family, in relation to the total number of different species, varieties, and indeterminable species in each bed. Figure 2 is a graphic representation of the data in this table. In order to give an idea of the relative abundance of the different families in each bed, a value is assi, ned to each symbol in the accompanying chart:×;=5, Ο=30, Ο= 75, Ο=150. Table 3 shows the percentage of each family in the four beds. Figure 3 is a graphic representation of the data in Table 3.
  • 遠藤 誠道, 奥津 春生
    1939 年 1939 巻 15 号 p. 81-83_1
    発行日: 1939年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    筆者等は仙臺附近の龍の口砂質頁岩層及下部埋木層 (下部鮮新世) より採取せる多敷の化石毬果を研究せる結果, 本化石毬果は現在北米東部に自生してゐる「バルサムモミ」Abies balsamea (L.) MILL. に最も近似のものである事を證する事が出來た。
feedback
Top