基礎心理学研究
Online ISSN : 2188-7977
Print ISSN : 0287-7651
ISSN-L : 0287-7651
1 巻 , 1 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 原稿種別: 表紙
    1982 年 1 巻 1 号 p. Cover1-
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
  • 原稿種別: 表紙
    1982 年 1 巻 1 号 p. Cover3-
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
  • 寺岡 隆
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 1-13
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    ゲーム事態でプレイヤーとして参加する被験者が選択する反応の一般傾向を検出するために,理論的には著者が提起している"要求系模型"を基盤とした"IF-THEN法"とよぶ実験手続が構成された.この方法は,実施手続と分析手続がともに標準化されている.被験者に課せられる仕事はそれぞれ異なった2×2型4水準対称2人非零和行列ゲームが30個から成る系列である.得られた反応群を分析するためのFORTRANプログラムはすでにできている.この方法によれば,被験者の反応傾向は,いわゆる社会的動機に関する9種の要求成分,すなわち,単利(A^+)・自虐(A^-)・献身(B^+)・加害(B^-)・共栄(S^+)・共倒(S^-)・優越(D^+)・卑下(D^-)・平等(D°)の比の組で示される.
  • 西川 泰夫
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 14-21
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    情報様式から大脳両半球の機能差を究明するために,絵あるいは文字(漢字)ターゲット刺激を被験者の左ないし右視野に瞬間呈示した.被験者に,その要素が1ないし5個の間で変化する線画(黒インクで善かれた家,草,木,山そして雲のいずれかからなる)のある要素とこのターゲット刺激が同じか異なるかの同異反応を求めた.反応時間が計測され,また最小自乗法によって記銘刺激サイズに対する関数があてはめられた.反応時間関数はすべてのターゲット刺激に対して,また両半球において直線的に増加し,直列型処理が示唆された,右視野の反応時間関数は,左視野のそれに対してほぼ平行でかつ下方に移動した形になった.両視野間の切片の値の差は,入力刺激をその特性に応じ処理する優位半球へ転送する時間に対応するものといえよう.
  • 入沢 直樹, 岩崎 庸男
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 22-31
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,中脳中心灰白質刺激を無条件刺激として回避条件づけが成立しうるか否かを検討することである.ラットを用いて次の回避条件づけ課題について調べた.すなわちT型迷路での弁別回避学習,step-downおよびstep-through受動的回避学習,compartment avoidance学習,およびshuttle boxでの一方向能動的回避学習である.その結果,受動的回避では13匹中11匹で,compartment avoidanceでは5匹中4匹で,また一方向回避では17匹すべてで学習が成立したが,弁別回避では6匹のラットのいずれも回避反応は認められなかった.これらのラットの脳内自己刺激率は低かったので,弁別回避が認められなかった根拠をRobertsの二童効果説に求めることはできなかった.さらに中心灰白質刺激と四肢への電気ショックによる動因の差異について考察した.
  • 苧阪 良二
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 32-44
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    網膜→外側膝状体→視皮質の視覚系に研究を集中していた神経生理学者たちは,最近,系統発生的には原始的な視覚系としての網膜→上丘(視蓋)⇆視皮質構造と機能に大きな関心を抱きはじめている.ここでは上丘研究の略史をWang(1934)よりはじめ,Apter, Robinson, Stevensにいたる編年史的経過を追って概観した.特に視覚行動論の立場でこの原初視覚系の系統発生的意味を考察した.上丘における視覚マップと眼球運動マップの関係が,初期の研究にみられたように単純でなく,眼球運動に頭部や身体運動の条件も考慮されねばならないようになってきた.少くとも上丘が視覚情報処理の一種のセンターとしての役割を演じている限り,これを無視した視覚心理学者たちはその視覚理論の再構築をはからねばならないだろう.
  • Yoshiaki NAKAJIMA
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 45-50
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    A rectangular figure moving horizontally at a constant speed shows a decrease in its perceived length parallel to the direction of movement. This study concerns the effect of the luminance relationship between figure and background upon this phenomenon. The perceived length in a stationary state was also measured for different exposure times corresponding to the speeds used, in order to obtain the relative difference between the perceived length of a figure in a stationary state and that of the figure in a dynamic state. Three linear figures of 1.5°, 3°and 6°were used; all of them had a constant height of 0.25°. The stimulus figure was attached to a horizontally moving belt. Speeds of 28°/s, 35°/s and 42°/s were used. The points of subjective equality of the stimulus figures were obtained by the method of limits. Eight students served as subjects. The same reduction tendencies were shown at the different speeds despite the different luminance relationships.
  • Kaoru NOGUCHI, Masanori MOTOKI
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 51-58
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    Illumination of a cross-shaped pattern composed of five black to white squares on a white background was varied over 2.6 log units. The task given to 10 Ss was to make achromatic color namings and to make numerical judgments of lightness for each of the five squares in the cross as well as the background. Achromatic color constancy was almost perfect for the region of the highest contrast ratio of surround to focal luminance and less perfect for the regions with lower contrast ratios. Lightness judgments were found to change as a curvilinear function (concave downward) for a log transformation of illumination. Linearly decreasing functions were exceptional. It can be concluded, therefore, that the theoretical claim for the generality of negative functions for lightness-illumination relationships should be reconsidered.
  • Ben YAGI, Naoto KIMURA
    原稿種別: 本文
    1982 年 1 巻 1 号 p. 59-62
    発行日: 1982/10/31
    公開日: 2016/11/09
    ジャーナル フリー
    Pigeons were trained on PAN ambiguous-cue problems which involved three stimuli: a positive stimulus, a negative stimulus, and an ambiguous stimulus, to which responding was sometimes reinforced and sometimes nonreinforced depending on the paired stimulus. All subjects attained higher level of performance in terms of correct response on the trials where the ambiguous stimulus was paired with the negative stimulus than on the trials where the ambiguous stimulus was paired with the positive stimulus. This result could be interpreted by the interfering effect ascribed to the positive property of the ambiguous stimulus. It was, however, found that level of performance in terms of latencies of correct responses differed markedly between the types of problems: that is, responses to A stimulus on NA trials had longer latencies than those to P on PA trials. This finding suggests some interfering effect of alternative property of the ambiguous stimulus, the negative property, which can be detected by measuring response latencies.
feedback
Top