J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 13(1995) No. 1

Junichi KINUGAWA, Masayoshi YAMAZAKI, Hiromichi HONGO, Takashi WATANABE, Yoshio MONMA

公開日: 2009年06月12日

P19-27

Yuji SUGITANI, Yoshihiro KANJO, Masatoshi MURAYAMA

公開日: 2009年06月12日

P28-38

ダイヤモンドの活性金属ろう付界面組織とその形成過程
ダイヤモンド金属の接合に関する研究(第2報)

鈴村 暁男, 山崎 敬久, 高橋 邦夫, 恩澤 忠男

公開日: 2009年06月12日

P39-45

マイクロ放電による溶融現象
微細電極を用いる放電とそれによるマイクロ溶融現象(第2報)

丸尾 大, 平田 好則, 尾崎 公洋

公開日: 2009年06月12日

P46-53

今村 美速, 笹部 誠二

公開日: 2009年12月10日

P54-64

各種ろう材による超音波併用アルミニウムのろう接
超音波併用アルミニウムのろう接(第4報)

渡辺 健彦, 畠山 剛一, 平田 康一, 柳沢 敦, 小沼 静代, 佐藤 昭一

公開日: 2009年06月12日

P65-70

87%Al2O3セラミックスのレーザ溶接によるビード特性と継手強度
高出力CO2レーザによる87%Al2O3セラミックスの溶接(第1報)

富江 通雄, 阿部 信行, 野口 修一, 荒田 吉明, 小田 辰春

公開日: 2009年06月12日

P71-76

電極消耗部陰極表面状態の解析
酸化性雰囲気用プラズマアーク電極の開発研究(第4報)

楠元 一臣, 石田 昭佳, 牛尾 誠夫, 松田 福久

公開日: 2009年06月12日

P77-81

エア・プラズマアーク切断用Ir-Y2O3系焼結型電極の開発
酸化性雰囲気用プラズマアーク電極の開発研究(第5報)

楠元 一臣, 牛尾 誠夫, 松田 福久

公開日: 2009年06月12日

P82-85

エア・プラズマアーク電極の消耗機構に関する研究
酸化性雰囲気用プラズマアーク電極の開発研究(第6報)

楠元 一臣, 牛尾 誠夫, 松田 福久

公開日: 2009年06月12日

P86-90
P91-98

溶接熱影響部の破壊挙動に及ぼす島状マルテンサイトの影響
80及び100キロ級高張力鋼大入熱溶接HAZ部の靭性劣化とその改善に関する研究(第5報)

岡田 斎, 池内 建二, 松田 福久, Ivan Hrivnak

公開日: 2009年06月12日

P99-105
P106-115

黒田 敏雄, 松田 福久, 文能 一成

公開日: 2009年12月10日

P116-123

HP40の液相拡散接合用インサート金属の開発
数理計画法による接合用インサート金属組成の最適化(第2報)

中尾 嘉邦, 西本 和俊, 上林 孝哲

公開日: 2009年06月12日

P124-131

りん青銅箔によるアルミニウム青銅とステンレス鋼の固液相接合
含Si軸受用アルミニウム青銅とオーステナイト系ステンレス鋼の固相接合(第4報)

益本 広久, 西尾 一政, 迎 静雄, 浅田 明弘, 加藤 光昭

公開日: 2009年06月12日

P132-138

転動荷重下での表面処理膜の破壊挙動
転動荷重下での表面処理膜の強度評価法の研究(第1報)

出羽 昭夫, 新田 正寛, 豊田 政男

公開日: 2009年06月12日

P139-144

転動荷重下での表面処理膜の破壊機構
転動荷重下での表面処理膜の強度評価法の研究(第2報)

出羽 昭夫, 新田 正寛, 豊田 政男

公開日: 2009年06月12日

P145-149

梶原 良一, 高橋 敏幸, 加藤 光雄, 高橋 和弥, 渡辺 宏

公開日: 2009年06月12日

P150-155

基板の概念設計と基板性能についての基本的検討
パワーデバイス用基板システムの設計とそのアセンブリプロセスに関する研究(第1報)

加柴 良裕, 堀部 裕史, 町田 一道, 仲田 周次

公開日: 2009年06月12日

P156-161

21件の該当記事より1~21件を表示しています。

システムメンテナンス

  • メンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    4月29日(土) 10:00 ~ 15:00

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年03月15日
    J-STAGEサービス再開に際してのお詫び(詳細はこちら)
  • 2017年03月03日
    2017年4月4日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2016年11月28日
    J-STAGEにおける被引用情報の表示を再開しました。(詳細はこちら)

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有