J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 13(1995) No. 3

Nobutaka YURIOKA, Tadashi KASUYA

公開日: 2009年06月12日

P347-357

富江 通雄, 阿部 信行, 加藤 豊, 荒田 吉明

公開日: 2009年06月12日

P358-364

薄鋼板における溶接欠陥と溶接品質評価
薄鋼板のフラッシュ溶接現象とプロセス制御に関する研究(第一報)

齊藤 亨, 一山 靖友

公開日: 2010年07月14日

P365-370

アプセット開始前後の溶接現象と欠陥発生との相関性の考察
薄鋼板のフラッシュ溶接現象とプロセス制御に関する研究(第二報)

齊藤 亨, 一山 靖友

公開日: 2009年06月12日

P371-377

アプセット現象の解析と溶接品質向上へのアプセット位相制御法の提案
薄鋼板のフラッシュ溶接現象とプロセス制御に関する研究(第三報)

齊藤 亨, 一山 靖友

公開日: 2009年06月12日

P378-383
P384-389

大橋 修, 頴娃 一夫, 入江 宏定

公開日: 2009年06月12日

P390-394

松田 福久, 中田 一博, 徐 昌済, 橋本 武典

公開日: 2009年06月12日

P395-403

渡辺 健彦, 大原 圭司, 柳沢 敦, 小沼 静代

公開日: 2009年06月12日

P404-410

益本 広久, 西尾 一政, 浅田 明弘, 加藤 光昭, 迎 静雄

公開日: 2009年06月12日

P411-417

藤巻 裕彦, 鷹合 徹也, 佐野 一仁

公開日: 2009年06月12日

P418-423

本多 啓三, 千田 格, 斉藤 正弘, 石渡 裕, 深倉 壽一, 小林 紘二郎

公開日: 2009年12月10日

P424-431

篠田 剛, 岡本 真弥, 武本 聡, 加藤 喜久, 冷水 孝夫

公開日: 2009年06月12日

P432-437

高強度鋼溶接継手の疲労強度とその支配因子
応力集中係数と溶接残留応力の効果

渡辺 修, 松本 重人, 中野 善文, 斉藤 良行

公開日: 2009年06月12日

P438-443

大植 義夫, 中山 英明, 向井 喜彦, 小川 恒一

公開日: 2009年06月12日

P444-449

深井 利嗣, 小川 真吾, 竹本 幹男

公開日: 2009年12月10日

P450-455

大植 義夫, 中山 英明, 向井 喜彦, 小川 恒一

公開日: 2009年06月12日

P456-462
P463-469

単層および多層すみ肉溶接残留応力の測定
固有ひずみの関数表示による残留応力の推定法と測定法(第五報)

上田 幸雄, 麻 寧緒, 王 雅生, 古木 良一

公開日: 2009年06月12日

P470-478

田原 弘一, 安井 利明, 加賀谷 洋一, 吉川 孝雄

公開日: 2009年06月12日

P479-484

20件の該当記事より1~20件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    8月26日(土) 10:00 ~ 15:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年07月31日
    Yahoo!JAPANのOpenIDサービス終了に伴い、My J-STAGEでは、以下のOpenIDを利用したログイン機能を2017年8月26日をもって終了いたします。
     ・Yahoo!JAPAN IDでログイン
     ・livedoor IDでログイン
     ※以後はMy J-STAGE IDにてログインしてください。
  • 2017年07月31日
    2017年8月下旬に J-STAGE新画面インターフェース切替・利用規約改訂説明会を開催します(詳細はこちら)
  • 2017年07月03日
    2017年7月2日 8:06頃より一時サービスを停止しておりましたが
    2017年7月2日 19:12頃にサービスの再開を行いました。
    ご利用の皆様には大変御不便をおかけして申し訳ございませんでした。
  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有