J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 13(1995) No. 4

Kojiro KOMURO, Teruaki MISHIMA, Satoshi KUROSAWA, Hajime TSUBOI

公開日: 2009年06月12日

P491-499

Yukihiko HORII, Kazutoshi ICHIKAWA, Shigeru OHKITA, Shuichi FUNAKI, Nobutaka YURIOKA

公開日: 2009年06月12日

P500-507

Fumiyoshi MINAMI, Masao TOYODA, Christian THAULOW, Mons HAUGE

公開日: 2009年06月12日

P508-517

茅本 隆司, 斉藤 慎二, 金 鍾勲, 恩澤 忠男

公開日: 2009年06月12日

P518-523

タングステン電極の特性に及ぼす添加元素の影響
比較的大電流領域での電極先端部の消耗特性

田中 和士, 松田 福久, 牛尾 誠夫

公開日: 2009年06月12日

P524-531

田中 和士, 牛尾 誠夫

公開日: 2009年06月12日

P532-539

屋良 秀夫, 生田 明彦

公開日: 2009年12月10日

P540-543

レーザ溶接における蒸発特性
レーザ溶接の知能化に関する基礎研究(第2報)

宮本 勇, 丸尾 大

公開日: 2009年12月10日

P544-549

藤巻 裕彦, 鷹合 徹也, 佐野 一仁

公開日: 2009年06月12日

P550-555

CBR法を用いたスケジューリングモデルの開発
図形処理を用いたスケジューリング問題へのアプローチ(第1報)

大久保 雅史, 井上 勝敬, 福田 収一, 山地 泰久

公開日: 2009年06月12日

P556-561

スケジューリング問題への適用と他の手法との比較
図形処理を用いたスケジューリング問題へのアプローチ(第2報)

大久保 雅史, 井上 勝敬, 山地 泰久

公開日: 2009年06月12日

P562-566

ニューラルネットによる画像ノイズ除去の応用
溶接接合部開先形状画像の信号処理

井上 勝敬, 河南 茂孝, 姜 文圭

公開日: 2009年06月12日

P567-572
P573-578
P579-584

佐藤 嘉洋, 武田 真司, 桑名 武

公開日: 2009年06月12日

P585-589

二相ステンレス鋼溶接熱影響部の耐孔食性と靱性に及ぼすWの影響
高W二相ステンレス鋼の溶接性に関する研究(第1報)

小川 和博, 岡本 弘, 植田 昌克, 五十嵐 正晃, 森 友希, 小林 経明

公開日: 2009年06月12日

P590-596

太田 省三郎, 和田 俊, 浅井 公屋, 浅川 達典

公開日: 2009年12月10日

P597-605

中村 憲和, 西尾 一政, 加藤 光昭, 迎 静雄

公開日: 2009年06月12日

P606-612

内野 耕一, 奥村 誠, 辰己 光正, 上山 且芳

公開日: 2009年06月12日

P613-618

環状局部加熱処理を受ける管の縮径量の推定
環状局部加熱による二重管製造技術の開発に関する研究(第2報)

荒木 俊光, 長谷川 壽男, 山田 猛, 松村 裕之, 青山 和浩, 野本 敏治

公開日: 2009年06月12日

P619-627

袁 敏鋼, 汪 建華, 村川 英一, 上田 幸雄

公開日: 2009年06月12日

P628-634

21件の該当記事より1~21件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、7月5日(水) 15:00~20:00の間、J-STAGEシステムが一時的につながりにくくなることがあります。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年04月13日
    NII-ELS登載誌のJ-STAGEにおける公開状況につきまして(詳細はこちら)
  • 2017年04月03日
    2017年4月1日 13:24ごろ、障害検知システムが作動し、システムを緊急停止いたしました。
    調査の結果、問題が無いことが確認できましたので、2017年4月2日 16:07にサービスの再開を行いました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有