J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 15(1997) No. 3

Qi Long WANG, Pen Jin LI, Masaaki NAKA

公開日: 2009年06月12日

P415-424

Yu-ichi KOMIZO, Kazuhiro OGAWA

公開日: 2009年06月12日

P425-431

伊藤 崇明, 輿石 房樹, 佐藤 正晴, 菅 哲男, 牛尾 誠夫

公開日: 2009年06月12日

P432-437

小野 守章, 海津 享, 大村 雅紀, 樺澤 真事, 森 清和

公開日: 2009年06月12日

P438-444

CO2レーザによるTIGアークの安定化
レーザ・アーク併用高速表面処理法の研究(第1報)

松田 純, 内海 明博, 米田 理史, 勝村 宗英, 矢納 広靖, 荒木 孝雄

公開日: 2009年06月12日

P445-452

青田 欣也, 竹中 剛, 石丸 靖男, 岡村 久宣

公開日: 2009年06月12日

P453-458

混合ガスアークにおける熱輸送特性に関する実験的検討
混合ガス雰囲気下におけるTIGアーク特性に関する研究(第3報)

平岡 和雄, 佐久間 信夫, ヨハン ザイプ

公開日: 2009年06月12日

P459-466

超精密加工された銅板の拡散接合
銅の拡散接合に関する研究(第1報)

深谷 保博, 東 保男, 肥後 寿泰, 浜岡 正義, 末田 穣, 小林 敏郎, 小川 真, 篠崎 賢二

公開日: 2009年06月12日

P467-475

松井 仁志, 鈴木 弘, 山田 幹雄

公開日: 2009年06月12日

P476-483

松井 仁志, 山田 幹雄

公開日: 2009年06月12日

P484-493

近藤 勝義, 上田 圭司, 黄地 尚義

公開日: 2009年06月12日

P494-501

Cr-Mo鋼熱影響部におけるSR処理温度付近の焼もどし脆化
Cr-Mo鋼熱影響部の焼もどし脆化に関する研究(第3報)

玉置 維昭, 川上 博士, 鈴木 実平, 新家 年雅

公開日: 2009年06月12日

P502-508

液相拡散接合部における合金元素の均―化挙動
Ni基単結晶超合金の液相拡散接合に関する研究(第4報)

西本 和俊, 才田 一幸, 金 大業, 浅井 知, 古川 康広

公開日: 2009年06月12日

P509-514

Ni基単結晶超合金の液相拡散接合継手の機械的特性
Ni基単結晶超合金の液相拡散接合に関する研究(第5報)

西本 和俊, 才田 一幸, 金 大業, 浅井 知, 古川 康広

公開日: 2009年12月10日

P515-522

佐久間 淳, 鵜飼 隆好, 東内 幸治

公開日: 2009年06月12日

P523-528

寺崎 俊夫, 陳 俊, 秋山 哲也, 岸武 勝彦

公開日: 2009年06月12日

P529-534

中地 映司, 池田 惣一, 金 裕哲, 中辻 義弘, 堀川 浩甫

公開日: 2009年06月12日

P535-540

竹本 正, 高橋 昌宏, 松縄 朗, 吉浦 陽三

公開日: 2009年06月12日

P541-546

鈴村 暁男, 戴 志剛, 小川 宏隆

公開日: 2009年06月12日

P547-552

服巻 孝, 中村 満夫, 寺門 一佳

公開日: 2009年06月12日

P553-558

20件の該当記事より1~20件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、7月5日(水) 15:00~20:00の間、J-STAGEシステムが一時的につながりにくくなることがあります。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年04月13日
    NII-ELS登載誌のJ-STAGEにおける公開状況につきまして(詳細はこちら)
  • 2017年04月03日
    2017年4月1日 13:24ごろ、障害検知システムが作動し、システムを緊急停止いたしました。
    調査の結果、問題が無いことが確認できましたので、2017年4月2日 16:07にサービスの再開を行いました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有