J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 16(1998) No. 2

Morsy Amin MORSY, Keito ISHIZAKI, Kenji IKEUCHI, Masao USHIO

公開日: 2009年06月12日

P157-168

モニタリング基礎条件としてのシールドガスプラズマの影響
レーザー溶接のためのモニタリング法の特徴とその応用(1)

渡辺 眞生, 中林 督博, 平賀 仁, 井上 尚志, 松縄 朗

公開日: 2009年06月12日

P169-180

基本溶接条件の変化に伴う各種計測信号の変化
レーザー溶接のためのモニタリング法の特徴とその応用(2)

渡辺 眞生, 中林 督博, 平賀 仁, 井上 尚志, 松縄 朗

公開日: 2009年06月12日

P181-188

レーザー溶接における計測信号特性と加工性状の相関
レーザー溶接のためのモニタリング法の特徴とその応用(3)

渡辺 眞生, 中林 督博, 平賀 仁, 井上 尚志, 松縄 朗

公開日: 2009年12月10日

P189-198

区間判別分析二値化法による二値化しきい値の自動設定
マイクロ接合領域の自動検出に関する研究(第1研究)

朱 航, 藤本 公三, 仲田 周次

公開日: 2009年06月12日

P199-206

形状特徴量に基づく検出対象領域の自動検出
マイクロ接合部領域の自動検出に関する研究(第2報)

朱 航, 藤本 公三, 仲田 周次

公開日: 2009年06月12日

P207-214

荘司 郁夫, 折井 靖光, 小林 紘二郎

公開日: 2009年06月12日

P215-222

篠崎 賢二, 黒木 英憲, 西本 和俊, 乾 正弘, 高橋 誠

公開日: 2009年06月12日

P223-232

R-SUS304ULC/Ta/R-Ti-5Ta/Zr拡散接合界面の組織解析
Zrとステンレス鋼の異材接合に関する研究(第2報)

西本 和俊, 才田 一幸, 中村 智吉, 松田 靖男

公開日: 2009年06月12日

P233-242

SR処理後の再加熱によって2 1/4Cr-1Mo鋼HAZに生じる焼もどし脆化
Cr-Mo鋼熱影響部の焼もどし脆化に関する研究(第4報)

川上 博士, 玉置 維昭, 鈴木 実平, 市川 裕隆

公開日: 2009年06月12日

P243-251

MCrAlY合金コーティング部材の曲げ疲労寿命特性
高温耐食コーティング部材の寿命特性に関する研究(第4報)

伊藤 義康, 斉藤 正弘, 石渡 裕

公開日: 2009年06月12日

P252-257

篠田 剛, 尾和 智信, Vladimir MAGULA

公開日: 2009年06月12日

P258-263

佐々木 康彦, 河野 顕臣, 堀野 正也, 宇佐美 光雄, 徳田 正秀, 田勢 隆

公開日: 2009年06月12日

P264-271

西田 稔, 荒木 孝雄, 茂川 幸利, 浅野 一郎, 林 洋一郎

公開日: 2009年06月12日

P272-281

松井 仁志, 服部 泰治

公開日: 2009年06月12日

P282-289

15件の該当記事より1~15件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、8月26日(土) 10:00~15:00の間、J-STAGEシステムが一時的につながりにくくなることがあります。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年07月31日
    Yahoo!JAPANのOpenIDサービス終了に伴い、My J-STAGEでは、以下のOpenIDを利用したログイン機能を2017年8月26日をもって終了いたします。
     ・Yahoo!JAPAN IDでログイン
     ・livedoor IDでログイン
     ※以後はMy J-STAGE IDにてログインしてください。
  • 2017年07月31日
    2017年8月下旬に J-STAGE新画面インターフェース切替・利用規約改訂説明会を開催します(詳細はこちら)
  • 2017年07月03日
    2017年7月2日 8:06頃より一時サービスを停止しておりましたが
    2017年7月2日 19:12頃にサービスの再開を行いました。
    ご利用の皆様には大変御不便をおかけして申し訳ございませんでした。
  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有