J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 21(2003) No. 4

ABDEL-ALEEM Hamed, Toshio YAMAGATA, Mitsuaki KATOH, Kazumasa NISHIO, Tomiko YAMAGUCHI

公開日: 2004年11月16日

P493-500

溶接時のエネルギ吸収効率に及ぼすツインスポットビーム配置の影響
-アルミニウム合金のツインスポットビーム溶接の研究(第3報)-

坂元 宏規, 岩瀬 孝邦, 柴田 公博

公開日: 2004年11月16日

P501-506

フラッシュ溶接部靱性に及ぼすアプセット条件の影響
-高強度鋼板のフラッシュ溶接部靱性向上に関する研究 (第2報)-

一山 靖友, 市川 政司, 斉藤 亨

公開日: 2004年11月16日

P507-514

小野 守章, 真保 幸雄, 吉武 明英, 大村 雅紀

公開日: 2004年11月16日

P515-521

大出力CO2レーザ・MIGハイブリッド溶接特性と開先裕度拡大効果
-ハイブリッド溶接による厚鋼板の突合せ溶接特性 (第1報)-

林 智隆, 片山 聖二, 阿部 信行, 大森 明

公開日: 2004年11月16日

P522-531

村井 亮介, 柳沢 栄一, 岡 俊蔵, 池田 誠, 松岡 敬, 廣江 哲幸, 安福 精一

公開日: 2004年11月16日

P532-538

平野 聡, 岡本 和孝, 土井 昌之, 岡村 久宣, 稲垣 正寿, 青野 泰久

公開日: 2004年11月16日

P539-545

里中 忍, 上野 一也, 平 真樹, 後藤 進

公開日: 2004年11月16日

P546-552

西尾 一政, 加藤 光昭, 山口 富子, 徳永 辰也, 松本 敦夫

公開日: 2004年11月16日

P553-559

小野 守章, 吉武 明英, 大村 雅紀

公開日: 2004年11月16日

P560-567

中橋 昌子, 安田 祐司, 伊藤 敏明, 岡部 永年

公開日: 2004年11月16日

P568-575

溶融亜鉛めっきを施した溶接部の応力性状と小型試験体による疲労試験
-溶融亜鉛めっきを施した溶接継手の疲労強度 (第1報)-

南 邦明, 森 猛, 堀川 秀信

公開日: 2004年11月16日

P576-583

溶融亜鉛めっきを施した溶接継手の大型桁試験体による疲労試験
-溶融亜鉛めっきを施した溶接継手の疲労強度 (第2報)-

南 邦明, 森 猛, 堀川 秀信

公開日: 2004年11月16日

P584-591

繰返し荷重下での構造用鋼の延性き裂発生クライテリオン
-大変形繰返し荷重下での溶接鋼構造部材の延性き裂発生限界評価 (第1報)-

大畑 充, 横田 昌樹, 広野 正彦, 安田 修, 豊田 政男

公開日: 2004年11月16日

P592-602

太田 昭彦, 前田 芳夫, 鈴木 直之

公開日: 2004年11月16日

P603-609

福本 昌宏, Jung Young-gyo., 尾関 啓治, 山田 好伸

公開日: 2004年11月16日

P610-614

圧接面の初期焼付位置に及ぼす摩擦速度の影響
-摩擦圧接の接合メカニズムに関する研究 (第4報)-

木村 真晃, 大冢 陽右, 安 圭栢, 日下 正広, 瀬尾 健二, 冨士 明良

公開日: 2004年11月16日

P615-622

17件の該当記事より1~17件を表示しています。

システムメンテナンス

  • メンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    6月24日(土) 10:00 ~ 15:00

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年05月27日
    ジャパンリンクセンター(JaLC)の緊急メンテナンスのため、6/8(木) 10:00~15:00にかけてJ-STAGEの次の機能が利用できません。
    ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
    利用できない機能:
     ・引用文献リンク
     ・被引用リンク
     ・JOI/DOI/OpenURLによるリンク
     ・GoogleやPubMedなどの連携サービス経由のJ-STAGEアクセス
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年04月13日
    NII-ELS登載誌のJ-STAGEにおける公開状況につきまして(詳細はこちら)
  • 2017年04月03日
    2017年4月1日 13:24ごろ、障害検知システムが作動し、システムを緊急停止いたしました。
    調査の結果、問題が無いことが確認できましたので、2017年4月2日 16:07にサービスの再開を行いました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有