J-STAGE トップ > 資料トップ
  • 最新巻号

後続誌

溶接学会論文集 Vol. 7(1989) No. 2

桑名 武, 粉川 博之, 内藤 賢一郎

公開日: 2009年06月12日

P169-175

共晶反応を用いたアルミニウムの圧接
Al部材の圧接に関する研究(第2報)

宮崎 邦夫, 玉村 建雄, 落合 和泉

公開日: 2009年06月12日

P175-181

接合性に及ぼす酸素の影響
含Si軸受用アルミニウム青銅とオーステナイト系ステンレス鋼の固相接合(第三報)

芹野 正行, 益本 広久, 浅田 明弘, 西尾 一政, 迎 静雄

公開日: 2009年06月12日

P181-186

福島 貞夫, 春日井 孝昌

公開日: 2009年06月12日

P186-192

リード・厚膜間電圧による接合界面温度の計測
マイクロソルダリング接合部品質のインプロセス制御(第一報)

仲田 周次, 西川 徹, 斉藤 茂

公開日: 2009年06月12日

P192-196

リード・厚膜間電圧による接合部品質のモニタリング法の検討
マイクロソルダリング接合部品質のインプロセス制御(第二報)

仲田 周次, 西川 徹, 斉藤 茂

公開日: 2009年06月12日

P196-200

西口 公之, 松山 欽一, 森安 雅治

公開日: 2009年06月12日

P201-207

武藤 睦治, 坂本 勲, 渡辺 靖, 西村 高志

公開日: 2009年06月12日

P208-213

液相インサート金属拡散接合における等温凝固過程の解析
Ni基超耐熱鋳造合金の液相インサート金属拡散接合に関する研究(第2報)

中尾 嘉邦, 西本 和俊, 篠崎 賢二, 姜 晶允

公開日: 2009年06月12日

P213-219

焼割れ的低温割れ感受性に及ぼす冷却速度の影響および割れ防止条件の提案
中,高炭素低合金鋼の溶接熱影響部における低温割れの研究(第4報)

松田 福久, 中川 博二, 朴 和淳, 加藤 俊一

公開日: 2009年06月12日

P219-224

斜めY形溶接割れ試験法による焼割れ的低温割れ発生の防止条件の検討
中,高炭素低合金鋼の溶接熱影響部における低温割れの研究(第5報)

松田 福久, 中川 博二, 朴 和淳, 山口 道雄, 村川 敏浩

公開日: 2009年12月10日

P225-229

液体Sn急冷法によるオーステナイト系ステンレス鋼の凝固過程の検討
二相ステンレス鋼の溶接割れ感受性に関する研究(第2報)

松田 福久, 中川 博二, 李 鍾鳳

公開日: 2009年06月12日

P229-234

液体Sn急冷法によるフェライト系および二相ステンレス鋼の凝固過程の検討
二相ステンレス鋼の溶接割れ感受性に関する研究(第3報)

松田 福久, 中川 博二, 李 鍾鳳

公開日: 2009年06月12日

P235-239
P239-244
P245-249

上田 幸雄, 村川 英一, 木村 英敏

公開日: 2009年06月12日

P250-256

田中 洋一, 征矢 勇夫

公開日: 2009年06月12日

P256-263
P264-268
P268-275

Si3N4と金属接合継手における残留応力に関する検討
耐熱性ファインセラミックスの接合に関する研究(第4報)

中尾 嘉邦, 西本 和俊, 才田 一幸, 中村 壽志, 堅田 寛治

公開日: 2009年12月10日

P275-282

20件の該当記事より1~20件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、7月5日(水) 15:00~20:00の間、J-STAGEシステムが一時的につながりにくくなることがあります。ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年06月23日
    2017年8月1日 J-STAGEセミナーを開催します(詳細はこちら)
  • 2017年05月31日
    2017年4月4日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年05月19日
    2017年3月16日に開催したJ-STAGE Editor向けワークショップの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年04月13日
    NII-ELS登載誌のJ-STAGEにおける公開状況につきまして(詳細はこちら)
  • 2017年04月03日
    2017年4月1日 13:24ごろ、障害検知システムが作動し、システムを緊急停止いたしました。
    調査の結果、問題が無いことが確認できましたので、2017年4月2日 16:07にサービスの再開を行いました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有