根の研究
検索
OR
閲覧
検索
21 巻 , 4 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著論文
  • 小宮山 鉄兵, 安東 赫, 新妻 成一, 矢作 学
    21 巻 (2012) 4 号 p. 113-118
    公開日: 2013/11/20
    ジャーナル フリー
    養液土耕栽培では根が灌水施肥部に集中する特徴があり,根の発達と関連性がある養分の吸収が慣行栽培と異なることが想定された.本研究ではトマトの養液土耕栽培における窒素肥料の種類が施肥もしくは土壌に蓄積された養分の吸収に及ぼす影響について明らかにした.硝酸カルシウムを灌水施肥した場合,リン酸無施用条件で減収した.一方,硝酸アンモニウムを灌水施肥した場合はリン酸無施用でも減収しなかった.これは硝酸イオンがリン酸の吸収を抑制している可能性を示唆し,リン酸の肥沃度が低い条件においては硝酸アンモニウムの施用が土壌リン酸の吸収を促進することが示唆された.また,養液土耕栽培によってアンモニウムイオンを局所的に施用することにより,土壌に保持されたカルシウムイオン,マグネシウムイオンが土壌溶液中に置換され,トマトによる吸収量が高まった.一方,有機質肥料の施用はカルシウム,マグネシウムの吸収量を低下させたが,尻腐れなどの生理障害はみられなかった.以上の結果から硝酸アンモニウムを用いた養液土耕栽培では全層施肥栽培や他の窒素肥料を用いた養液土耕栽培と比較してリン酸,カルシウム,およびマグネシウムなどの吸収が促進されると考えられた.処理区によって根量は異なったが,リン酸吸収量と正の相関はみられなかった.
    抄録全体を表示
短報
  • 二瓶 直登, 野田 章彦, 増田 さやか, 田野井 慶太朗, 頼 泰樹, 中西 友子
    21 巻 (2012) 4 号 p. 119-121
    公開日: 2013/11/20
    ジャーナル フリー
    アミノ酸の吸収・蓄積部位の検討を行うために,イネ幼植物に吸収時間と溶液の温度条件を変えて14C-アミノ酸(グルタミン,アラニン,バリン)を吸収させたオートラジオグラフィ像の解析を行った.氷冷した溶液からのアミノ酸吸収はほとんどみられなかったことから,根表面へのアミノ酸の吸着はわずかであると考えられた.溶液温度28°Cで吸収試験を行ったイネ幼植物の根のオートラジオグラフィ像は,各アミノ酸とも根端が明るく写し出されたため,アミノ酸の吸収はその種類によらず,根端で多いことが示唆された.しかし,根端以外から吸収したアミノ酸やアミノ酸から分解した14C の根端への移行や,根系が発達するグルタミン,アラニンより,発達を阻害したバリンの取り込み量が多かったことなどについては,今後更なる検討が必要である.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top