根の研究
検索
OR
閲覧
検索
23 巻 , 2 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
原著論文
  • 今野 弘規, 吉富 啓悟, 笠島 真也, 吉田 穂積, 伊藤 博武*
    23 巻 (2014) 2 号 p. 39-46
    公開日: 2015/06/20
    ジャーナル フリー
    北海道のテンサイ品種において,根系の品種間差が明らかにされている浅根型品種の 「アセンド」,深根型品種の 「カブトマル」 および中間型品種の 「スタウト」の,主根から分枝する側根の発根数,根の伸長角度および根直径をバスケット法で観察した.発根数はS字状曲線で推移し,発根数の少ない第1次成長期,続いて発根数が急速に増加する第2次成長期,そして発根数が頭打ちとなる第3次成長期 が認められた.「カブトマル」 の発根数は 「アセンド」よりも多く,特にⅡ期とⅢ期の発根数の差が大きかった.側根の伸長角度は播種後16日目頃から品種間差異が認められるものの,この指標を用いた根系の深さの判定は困難であることが分かった.ルートモデルを用いた根直径の解析から,「カブトマル」 は 「アセンド」 よりも太い根が認められ,特に1次側根と2次側根が太かった.本研究により,深根型品種の「カブトマル」は太い根を持ち分枝能力が高く根系発達に優れていたのに対し,浅根型品種の「アセンド」は深根型よりも細い根を持ち根系発達が遅いことが分かった.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top