根の研究
Online ISSN : 1880-7186
Print ISSN : 0919-2182
25 巻 , 2 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
原著論文
  • 稲田 秀俊, 中原 正一, 植田 稔宏
    2016 年 25 巻 2 号 p. 29-36
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/06/24
    ジャーナル フリー
    日本のトマト品種‘麗容’とオランダ品種の‘Levanzo’を土量0.3 Lの根域制限条件下で栽培したところ,土量3 Lで栽培した対照区に比べ両品種とも生育が抑制された.根域制限区の‘Levanzo’では葉の蒸散量が著しく低下したが,‘麗容’ではこのような傾向は認められなかった.地上部への水分移動量を推定したところ,根域制限区の‘麗容’では対照区の約1/3に低下していたが,‘Levanzo’では対照区の約1/8まで低下していた.根のTTC還元活性は,両品種とも根域制限区で低かった.茎の地際部で切断し採取される木部溢泌液の出液速度および出液成分を分析したところ,根域制限区では両品種とも出液速度が低かったが,根域制限区の‘Levanzo’では木部溢泌液に含まれる養分が濃縮されていた.以上のことから,根域制限下で生育が抑制される原因は品種間で異なり,‘麗容’では地上部への養分輸送量の低下により茎葉の成長量が低下し,‘Levanzo’では地上部への水分輸送量の低下により葉の蒸散量が低下したと考えられた.
feedback
Top