日本良導絡自律神経学会雑誌
Online ISSN : 1884-7595
Print ISSN : 0913-0977
ISSN-L : 0913-0977
35 巻 , 9 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 山元 敏勝
    1990 年 35 巻 9 号 p. 219-230
    発行日: 1990/09/15
    公開日: 2011/10/18
    ジャーナル フリー
  • 杉田 好朝
    1990 年 35 巻 9 号 p. 231-238
    発行日: 1990/09/15
    公開日: 2011/10/18
    ジャーナル フリー
  • Especially the Immunology concerning to Immunoglobulin Gene and its Component Changes
    Motofumi Takashima
    1990 年 35 巻 9 号 p. 239-246
    発行日: 1990/09/15
    公開日: 2011/10/18
    ジャーナル フリー
    誰でも年をとっていく。しかし誰かがほかの人たちよりも年のとり方が少々遅れるように見えるのは電気針治療,漢方薬,正しい日常の栄養食(タンパク質40g,炭化水物250g,カロリー1200,動物性低脂肪食)などの制御力であろう。血中アミノ酸の増加,トリトプァンの変化,ANPの増加,白血球中Ca+増加,c. AMP変化,DNA合成,遺伝子導入などが血中淤血成分フリーラジカル消去作用に影響を与え老化の抑制作用をもつ。年をとるのは病気ではない。それは加齢に伴って体の機能低下が生命力の抑制につながる。体力の機能低下に伴って起こる過程はタンパク・エネルギー栄養欠乏とともに体細胞のしだいに失っていくことである。一般に年をとるとともに免疫機能が低下するが,特にT 細胞やB 細胞系などの免疫低下も現われた。いろいろな形の感染症と悪性腫瘍の頻度又は自己免疫の発生もみられる。T細胞は細胞性免疫の主役でいるかぎり,B細胞が液性免疫の主役になってきた。さらに,B細胞による液性免疫は調節性T細胞群により調節され,ヘルパーT細胞は抗体の産生を助け、サプレサーT細胞は応答を抑制する。これらの免疫システムとは別にもうひとつの防衛システムが存在している。その主役が,細胞の核から分泌される特殊なタンパク質で,これがインターフェロンである。インフルエンザや肝炎ウィルスが高齢者の体内に侵入すると,インターフェロンはウィルスの未感染の細胞に入り込み,ウィルスの増殖を不能にする。このインターフェロンは高齢者の体内で作られたものではないため有効作用でなく,入手が困難であった。これから高齢者の体内で電気針治療,漢方薬,良質タンパク栄養食等による促進によって作られたインターフェロンが必要である。たとえば、椎茸の菌糸体に含まれている多糖類とRNAはいつもα形インターフェロンをつくっている。アルツハイマー病高齢者は脳神経細胞のタンパク・エネルギー栄養障害によって脳の老化が加した疾患とされている。1956年,老化の原因は脳細胞成分に対するフリーラジカルの障害作用にあるとする報告があった。フリーラジカルとは電子が対になっていない,非常に不安定な分子や原子のことをいうが,当時すでに,ヒトロキシルラジカル(・OH)及びヒトロペルオキシラジカル(・O2H)が放射線の効果としてのみならず,正常の生体で生成されることが電子スピン共鳴法によって証明されている。これらのラジカルによる脳細胞成分の過酸化様式がDNAのタンパク合成を阻止している。老化のフリーラジカルは酸化のエネルギーを利用して長生きができる。ANP,c. AMP,DNA,RNA,又はタンパクなどのラジカル・流電は酸化の過程での分子あるいは原子を1個失うと、フリーラジカル1個が生成できる。また,電気針治療、漢方薬(小柴胡湯+桂枝湯=945,小柴胡湯+桂枝加芍薬湯=960,小柴胡湯+五苓散=917,小柴胡湯+清肺湯=990,小柴胡湯+十全大補湯=948,小柴胡湯+大黄=9R),正しい栄養食品などのフリーラジカル消去作用が知られている。高齢者のフリーラジカル反応は淤血成分変化に伴う(1)肺結核「5例」,(2)成人呼吸窮迫症候群「3例」,(3)慢性腎炎「10例」,(4)慢性肝炎「6例」,(5)脳血栓「3例」,(6)リンパ性白血病「3例」,(7)膀胱血腫「1例」などに主要な役割を演じている。寿命を5年から10年あるいはそれ以上延ばすには,中谷先生が京都大学で発見した電気針治療,先祖から学んだ漢方薬治療法,現代の食事と昔からの食事療法などが効果的である。東洋医学のバイオ学説の気・血・水の治療方針に従った電気針治療と漢方薬は高齢者の遺伝子レベルの淤血成分フリーラジカルにも通じるわけである。
feedback
Top