産業衛生学雑誌
Online ISSN : 1349-533X
Print ISSN : 1341-0725
ISSN-L : 1341-0725
49 巻 , 6 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
原著
  • 中村 賢治, 垰田 和史, 北原 照代, 辻村 裕次, 西山 勝夫
    原稿種別: 原著
    2007 年 49 巻 6 号 p. 225-233
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/12/13
    ジャーナル フリー
    精神的ストレスが僧帽筋内のヘモグロビン動態に及ぼす影響:中村賢治ほか.大阪社会医学研究所―我々は,健常な非喫煙女性20名を対象に,精神的ストレスが,僧帽筋内のHb動態に及ぼす影響について調べた.被験者に,1分間の立位での両上肢の側方水平位保持(身体的課題),またはStroop's Color Word Test(精神的課題),またはその両方を同時に与える課題を,5分間の休憩をはさんで行わせた.心拍数,および筋内ヘモグロビン(酸素化Hb:OxyHb,脱酸素化Hb:DeoHb,総Hb:TotHb)濃度と表面筋電図(いずれも右僧帽筋で測定)を測定した.各課題によるHb濃度の安静時からの変動量(ΔOxyHbΔDeoHbΔTotHb)を算出し,身体的負荷時と身体的および精神的負荷時を比較した.身体および精神的負荷時のΔDeoHbは身体的負荷単独時より有意に小さく(p=0.013),ΔOxyHbΔTotHbには有意な差は認められなかった(p=0.281,p=0.230).本実験の結果は,精神的ストレスが僧帽筋内のΔDeoHbに影響を及ぼしたことを示唆しており,可能性のある機序の一つとして,精神的ストレスによる僧帽筋の酸素消費量の減少が考えられた.今後,長時間の負荷による影響について検討する必要がある.
    (産衛誌2007; 49: 225-233)
feedback
Top