産業衛生学雑誌
Online ISSN : 1349-533X
Print ISSN : 1341-0725
ISSN-L : 1341-0725
52 巻 , 5 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
総 説
  • 森本 泰夫, 大神 明, 幸地 勇, 内山 鉄朗, 井手 玲子, 明星 敏彦, 東 敏昭
    原稿種別: 総 説
    2010 年 52 巻 5 号 p. 201
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/10/01
    [早期公開] 公開日: 2010/06/29
    ジャーナル フリー
    トナー粒子における生体影響の解説と労働衛生管理への対応―継続的文献調査による検討―:森本泰夫ほか.産業医科大学産業生態科学研究所―目的:トナーの加熱印字(プリントアウト)を行う際に超微細粒子が発生したことや粘膜刺激症状を認めたことから,トナーの生体影響に関する情報調査が必要となった. 方法:トナー粒子だけでなく,印字から発生が予想される付加的な化学物質も含め,健康影響に関する文献を調査し,トナーの生体影響因子や影響予測因子を推測した.本調査は,2回目の調査であり,1回目の調査との整合性を検討し,新たな生体影響調査報告を以下のように要約した. 結果:1)トナー製造業やコピー従事者における4件の断面調査では,明らかな肺への影響を認めなかった.2)印字における超微細粒子は,定着装置の高温,トナーの充填率が高いことにより発生が多く,印字休止中でも発生を認めた.3)高感度c-reactive protein,心拍間変動係数は,微細粒子の曝露指標だけでなく心血管系疾患の病態を反映するマーカー,8-hydroxydeoxyguanosine(8-OHdG)は,溶接ヒュームの急性曝露マーカー,vasular endothelial growth factor(VEGF)やCA15-3は,肺線維症の感度や特異度の高いマーカーになりうることが報告されていた.4)生体影響を反映するナノ粒子の物理化学的特性として,表面積,個数濃度,重量濃度,結晶構造など様々な特性が検討されているが,決定的なものはない. 結論:以上の結果,微細・超微細粒子の曝露だけでなく,心・肺疾患の病態を反映するバイオマーカー候補が報告されていること,トナーによる超微細粒子の発生には,定着以外の要因も関与することが認められた.本追加調査は,トナーの労働衛生や室内環境管理を行うのに十分な情報とはいえない.しかし,このような調査は,情報を整理,再検討し,健康管理の方向性を修正に有用と考えられ,今後も行う予定である.
    (産衛誌2010; 52: 201-208)
調査報告
  • 高屋 正敏, 長谷川 泰隆
    原稿種別: 調査報告
    2010 年 52 巻 5 号 p. 209
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/10/01
    [早期公開] 公開日: 2010/07/08
    ジャーナル フリー
    ストレスコーピング特性と職業性ストレス―共分散構造分析による解析―:高屋正敏ほか.株式会社日立製作所日立横浜病院神奈川健康管理センタ―目的:どのようなコーピング特性を用いれば職業性ストレスから引き起こされるストレス反応を軽減できるかを明らかにするために今回の検討を行った. 方法:職業性ストレス簡易調査票とコーピング特性簡易尺度質問票(BSCP)を使用し1,319名の男性製造業労働者を対象とした.探索的因子分析(Exploratory factor analysis: EFA),検証的因子分析(Confirmatory factor analysis: CFA)および共分散構造分析(Structural Equation Modeling: SEM)を統計的検討に用いた.結果:EFAではコーピング特性および職業性ストレス関して6つの因子が抽出された.コーピングに関する3因子は問題焦点型対処,情動焦点型(積極的)対処と回避逃避型対処と対応し,職業性ストレスに関する3因子は仕事負担感,よい人間関係とストレス反応に対応すると考えられた.さらにこれらの因子はCFAにより良い適合度(GFI=0.947,AGFI=0.915,RMSEA=0.070)を示した.コーピング特性が自覚的に感じている対人関係や仕事負担感に影響し,続いてこれらのストレス要因がストレス反応を引き起こすというパスを構築した.共分散構造分析により,このパス図はGFI=0.937,AGFI=0.904,RMSEA=0.074と良い適合度を示した.パス図から積極的な情動焦点型対処は仕事負担感,人間関係どちらもストレス反応軽減する方向に働き,この対処は最終的にストレス反応を軽減する(標準化推定総合効果-0.205).逆に回避逃避的対処は仕事負担感を高め人間関係にも悪影響を及ぼし,両因子を介してストレス反応を著しく高める(標準化推定総合効果+0.160)と考えられた.問題焦点型対処は仕事負担感を増やすが,よい人間関係をつくる.これらの要素からだけでは,最終的なストレス反応はわずかに増加するだけであった(標準化推定総合効果+0.019).しかし,各コーピング特性間には相関が存在し,問題焦点型対処はストレス反応軽減させる情動焦点型(積極的)対処と正,ストレス反応を増強する回避逃避型対処と負の相関がある.問題焦点型対処する傾向のある人は同時にストレス反応軽減する他の対処法を取ることが多いと考えられるため,問題焦点型対処する人はコーピング特性間の相関を加味すると最終的にストレス反応は軽減している人が多いと考えられた. 結語:積極的な情動焦点型対処は職業性ストレスから引き起こされるストレス反応を軽減し,回避逃避的対処は高めると考えられた.従来ストレス反応を軽減すると報告されることが多かった問題焦点型対処は,コストとして仕事の負担感の増加を伴うことから最終的にストレス反応はわずかに増加した.
    (産衛誌2010; 52: 209-215)
短 報
feedback
Top