産業衛生学雑誌
Online ISSN : 1349-533X
Print ISSN : 1341-0725
54 巻 , 5 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総説
  • 横川 智子, 佐々木 七恵, 平岡 晃, 立石 清一郎, 堤 明純, 森 晃爾
    2012 年 54 巻 5 号 p. 163-173
    発行日: 2012/09/20
    公開日: 2012/10/24
    [早期公開] 公開日: 2012/08/09
    ジャーナル フリー HTML
    目的: 健康診断結果をもとにした職務適性評価および就業上の措置に関する海外の文献を調査分析し,就業上の措置に関する明確な判断基準や数値基準に関わる情報や職務適性評価の過程における手順や留意点を見出すことを目的とする. 方法: 職務適性に関連するキーワードをもとにPubMedで検索して英文の文献を入手し,調査対象となった論文の国,健康診断のタイミング,職務適性評価の対象疾患,対象職業,対象者の健康度による分類,職務適性評価の目的や基準における考え方,職務適性評価の決定プロセスについて文献を整理し分析した. 結果: 条件に該当した英語論文は70件であった.これらの文献では,職務適性評価に関連して以下の2点に着目していた.1) 労働者自身および周囲の労働者,公共に対する安全の確保およびリスクの回避,2) 軍人や消防士のような業種における危険に対応できる能力.さらに障害者や有病者については,事業者の責任としての合理的配慮という考え方が求められていた.各論文中で述べられている職務適性評価の決定プロセスについては,どの国においても,1)職務分析,2)障害・疾病によって生じている職務に関連した制限・リスク評価といった労働者分析,3)障害者と事業者との話し合いによる合理的配慮の提示および実現可能性や有効性,コスト等に基づく評価からの必要な就業配慮の選択,4) 1)~3)の内容と各分野の専門家の意見をもとにした職務適性判断という流れが示されていた. 考察: 本調査により,医師による健康診断結果をもとにした就業上の措置に関する意見の明確な判断基準や数値基準に関わる情報を見出すことはできなかったが,労働者の健康度と職務の要求度および危険度を照合した上で職務適性を評価するプロセスを明らかにすること,就業上必要な意見を述べる技術力が医師に求められていることが改めて確認された.さらに障害者や有病者の職務適性評価に関して,日本においても事業者の義務としての合理的配慮について注目されることが予想される.健診事後措置においては判断基準や数値基準に頼るだけでなく,意見を述べる際の手順や留意点を明確にする必要がある.さらに就業上の意見を述べなければいけない医師には,職務適性評価を行う十分な技術が求められることが示唆された.
原著
  • 一瀬 豊日, 中村 早人, 蜂須賀 研二
    2012 年 54 巻 5 号 p. 174-183
    発行日: 2012/09/20
    公開日: 2012/10/24
    [早期公開] 公開日: 2012/08/09
    ジャーナル フリー HTML
    近年,わが国における産業医数は他の診療科目等に比べ増加が著しい.これに対して,産業医の未充足の求人は依然として増加している.これは,産業医への流入数と流出数がともに多いことを示唆している.流出入・勤続動向の把握は産業医の需給および産業保健の質を確保するためには重要な情報であるが,動態情報は不明であった. 方法: 医師・歯科医師・薬剤師調査の公表データを基に封鎖人口モデルを作成し,産業医の流出入数や異動の特徴を推定した.検証に用いる実数は,平成22年12月に公表された平成18–20年度の厚生労働省医師調査の医籍番号コホートデータである参考表の数値を用いた. 結果: 実数データである産業医の流入351人,流出240人に最も近似したのは,市区町村封鎖人口モデルであり,産業医流入は282–348人/2年,流出は202–222人/2年であった.また,このモデルでは少なくとも55–65%の新規流入者が2年以内に流出した. 結論: 常勤産業医で,2年以上の継続率は救急科およびリハビリテーション科を主たる診療科とするものに近い低水準にある.また,産業医科大学卒の産業医を差分すると,最小でも新規産業医流入者のおよそ8割が2年以内に流出していると推定される.これは賃金構造基本統計調査で明らかとなっている医師の平均勤続年数5.6年と比しても著しく短い.勤続年数は資格更新より著しく短いため,更新に伴う問題とは考え難い.また報酬も勤務医の同年齢年俸と比して劣るものではないため主因とは考え難い.今後,産業保健の質および量の確保のためには,流出入や勤続年数等の基礎的調査とともに有効な対策となる生涯教育のあり方や諸制度の検討が必要と考えられる.
feedback
Top