産業衛生学雑誌
検索
OR
閲覧
検索
59 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
調査報告
  • 井田 浩正, 中川 和美, 田上 明日香, 中村 健太郎, 岡村 達也
    59 巻 (2017) 1 号 p. 1-8
    公開日: 2017/01/31
    [早期公開] 公開日: 2016/11/10
    ジャーナル フリー HTML

    目的:プレゼンティーズムが企業にもたらすコストはアブセンティーズムよりも大きいことが先行研究で示されている.本邦において,従業員に対する健康増進の取り組みの結果を仕事のパフォーマンスとして評価することが,企業経営の観点からより重要になってきている.筆者らは先行研究において,Lerner Dらが開発したプレゼンティーズム測定尺度であるWork Limitations Questionnaire(WLQ)の日本語版(WLQ-J)を開発し,IT企業,医療機関の従業員710名を対象としてWebによる調査を行い,WLQ-Jの信頼性・妥当性についての検証結果を報告した.本研究では,先行研究よりも多数の企業,業種の従業員を対象に,開発研究と同様の方法でWLQ-Jの信頼性・妥当性について検証を行うことを目的とした.対象と方法:14企業,9業種の従業員4,440名を解析対象者として,WLQ-Jの信頼性・妥当性の検証を行った.解析対象者は,2014年9月から2015年1月にWeb又は質問紙によりWLQ-J及び職業性ストレス簡易調査票に回答した4,712名の対象者から抽出した.結果:解析対象者の平均年齢は40.3±11.8歳(開発研究では33.2±9.5歳)で,男性が77.9%,女性が21.1%であった.WLQ-Jの因子構造が開発研究と同様に原版と一致したことから,WLQ-Jの因子的妥当性が支持された.また,尺度全体及び下位尺度毎のCronbachのα係数を求めた結果,尺度全体で0.87(開発時0.97),下位尺度で0.77-0.94(開発研究0.88-0.95)となり,十分な内的一貫性が認められた.WLQ-Jの4つの下位尺度と職業性ストレス簡易調査票のストレス反応との相関を求めた結果,0.28-0.64(開発研究0.39-0.60)で有意(本研究,開発研究ともにp<0.01)な相関が示された.さらに,開発研究と同様にストレス反応が大きくなるにつれて,有意(開発時p<0.01,本研究p<0.001)にWLQ-Jの下位尺度得点が高くなる量反応関係が確認され,WLQ-Jの基準関連妥当性が支持された.結論:開発研究よりも多数の企業,業種で,平均年齢及び男女比が本邦の産業全体に近い母集団において,WLQ-Jの信頼性・妥当性が示されたことから,WLQ-Jが本邦の多種多様な母集団において,安定性を有するプレゼンティーズム尺度として活用可能であることが示唆された.

    抄録全体を表示
  • 青山 和加子, 巽 あさみ
    59 巻 (2017) 1 号 p. 9-18
    公開日: 2017/01/31
    [早期公開] 公開日: 2016/11/15
    ジャーナル フリー HTML

    目的:産業保健師活動に活かされた看護系大学院研究科修士課程(博士前期課程)での学習経験の特徴を明らかにすることは,社会のニーズに応えられる質の高い産業保健サービスを提供していくために意義があると考え,今回,産業保健師活動に活かされた看護系大学院修士課程での学習経験を表す概念を創出し,その特徴を明らかにすることを目的とした.対象と方法:大学院修士課程を修了した者,修了後産業保健師として活動している者,博士課程(博士後期課程)に進学していない者という3つの条件を満たす10名に半構造化面接を行い,舟島なをみによる看護概念創出法を用いた.結果:得られたデータから,512の産業保健師活動に活かされた大学院修士課程での学習経験を表すコードが抽出された.このコードは,69サブカテゴリ,34カテゴリ,5コアカテゴリ(概念)を形成し,すなわち,5つの概念を創出した.5つの概念とは,【専門性の追求と自己への価値づけ】,【人的資源活用に繋がった多様な人との相互理解】,【活動の変革に影響した理論的,学際的な学び】,【科学的根拠に基づく活動に繋がった研究の学び】,【専門性を活かした質の高い活動に繋がった学び】である.考察と結論:大学院修士課程での,産業保健師の専門性を追求し役割認識ができた学習経験と主体的に取り組んだ様々な学習経験の特徴として,修了後の産業保健師活動の中で統合され,質の高い産業保健師活動に活かされていることが明らかになった.本研究において明らかになった大学院修士課程での学習経験は,社会のニーズに応えていくための質の高い産業保健師活動を提供するために必要な学習経験であることが示唆された.

    抄録全体を表示
短報
事例
話題
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top