生活衛生
Online ISSN : 1883-6631
Print ISSN : 0582-4176
ISSN-L : 0582-4176
35 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 西村 清司
    1991 年 35 巻 4 号 p. 161
    発行日: 1991/07/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 成田 弘子
    1991 年 35 巻 4 号 p. 162-175
    発行日: 1991/07/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 高井 明徳
    1991 年 35 巻 4 号 p. 176-182
    発行日: 1991/07/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    パンティストッキング (PS) の外出時における着用度は非常に高く, 夏でさえ季節的な点から言えばかなり高い着用率であり, ズボン類をはく場合でも比較的高かった。しかし, 在宅時におけるPSの着用率は低く, 帰宅後PSを脱ぐ人も多数認められた。PS着用の理由から, PSが外出時の衣服の一部として欠くことが出来ないものという状況が定着していることは明らかであった。しかし, PS着用における問題は多く, 特に夏の場合はがまんしてまで着用している状況があり, 健康的な衣生活という点からは大きな問題である。在宅時における着用率の低さ, 帰宅後のPSを脱ぐ頻度の高さは, PS着用による不快感や不都合の発生を物語るもので, リラックスした気分になれないと言うことを示している。PSに関しての問題点はほとんどの人が意識し経験もしているようであるが, 実際の衣生活においてはそれほど注意が払われていないようである。PSに対する要望としては丈夫で履き心地の良いものが安価で購入できたらという願いが高かった。
  • 川島 康弘, 堀口 俊一, 滝瀬 定文, 西村 直記
    1991 年 35 巻 4 号 p. 183-189
    発行日: 1991/07/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    For the purpose of clarifying fatigue in the skiing lesson, we performed the subjective symptoms test and the objective function tests such as the flicker and the muscle tests before, during and after the skiing lesson on 10 male and 8 female students with skiing experience less than two years.
    The results are as follows:
    1. Subjective symptoms test: The rate of complaint was high even before the skiing lesson in female students and it increased as the skiing lesson went on.
    The highest rate of complaints was observed on the fourth day in male and on the third day in female students.
    It turned out to require almost the same period of days as that of skiing lesson for recovery.
    2. Flicker test: The flicker value decreased on the first and the second days, then increased afterwards both in male and female students.
    3. Subjective muscle test and muscle strength test: Complaints on trapezius and gastrocnemial muscles began on the second day in male and on the third day in female students. The values of muscle strength tests declined on the first or the second days both in male and female students.
    4. Correlationships between the test results studied: There observed no correlationships between the values of muscle strength, the rate of subjective symptoms and the flicker values before the lesson. However the rate of subjective symptoms became to reflect the values of muscle strength tests as the lesson went on.
    Increases in physical subjective symptoms seem to be due to increased amounts of exercise.
  • 花岡 正季
    1991 年 35 巻 4 号 p. 190-194
    発行日: 1991/07/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 瓦家 敏男
    1991 年 35 巻 4 号 p. 195-196
    発行日: 1991/07/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
feedback
Top