生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
63 巻 , 4 号
選択された号の論文の34件中1~34を表示しています
特集1 持続可能な都市システムの構築をめざして(ICUS)
特集に際して
研究速報
研究解説
研究速報
調査報告
  • 沼田 宗純, 藤生 慎, 井原 毅, 大原 美保, 目黒 公郎
    2011 年 63 巻 4 号 p. 525-533
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
     2011年3月11日14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震による津波被害調査を発災2週間後に実施した結果を報告した.今回は, 紙面の都合上, 主要な被災地域のみの考察となったが全体を通じて津波被害の特徴は, 大きく分けて2つであると考えられる.(1)高地に住んでいる住民には全く被害がない.(2)木造住宅に甚大な被害が生じている.これらの知見は防災工学上極めて重要な示唆を与えるものである.今回の被災地調査を通じて津波被害の甚大さを感じるとともに, 今後, 津波被害から人命・財産を守るために多くの知見を得ることができた.[本要旨はPDFには含まれない]
  • 藤生 慎, 下野 大樹, 牧之段 浩平, 井原 毅, 沼田 宗純, 大原 美保, 目黒 公郎, 高田 和幸, 岩倉 成志, 兵藤 哲朗
    2011 年 63 巻 4 号 p. 535-540
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
     東北地方太平洋沖地震で被災地した三陸鉄道の被害調査及び, 三陸鉄道社長へのヒアリングを実施した.その結果, 全線に渡り甚大な被害が確認された.また, 三陸鉄道は, 沿線住民や被災者の移動手段として必要不可欠な鉄道であることが確認できた.しかし, 想像以上に被害は大きく, 駅舎, 橋梁, 盛土の流出, 軌道の逸失などが南リアス線を中心に発生していることと, 信号系統の断線などにより運行に制約を設ける必要があるなど, 復旧までの道のりは厳しいことが明らかとなった.[本要旨はPDFには含まれない]
研究速報
特集2 生研産学共同研究の歴史を振り返る懇談会
生研アーカイバル懇談会
一般
研究速報
  • 前田 文孝, 巻 俊宏, 高川 真一, 浅田 昭
    2011 年 63 巻 4 号 p. 583-586
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
            There are mineral-rich hydrothermal deposits around of the seabed in Japanese exclusive economic zone (EEZ). For securing of mineral resources in Japan, a precise investigation and estimation technique is highly emphasized.
    Our group has studied a new exploration technique to evaluate the distribution of underwater layer structures of the hydrothermal deposits using “Mils-Cross” method with a low-frequency acoustic source deployed into the autonomous underwater vehicle (AUV) which is running at a low-altitude near the sea bottom.
    In last researches, our group developed a prototype low-frequency acoustic source, and confirmed that this source is useful to acquire the sub-bottom profiling data under the bottom of Hitachi-Tone river by executing a performance test.
    Based on these results, we developed a prototype deep-water acoustic exploration system to find out the layered structures under the actual hydrothermal deposits.
    We deployed our prototype system into the deep-water exploration towed body “Deep-Tow” that is installed into the research vessel “Natsushima, ” and implemented a cruising test to acquire the actual acoustic data under the hydrothermal deposits in the East-China Sea.
    After some analysis using these data, we confirmed that our prototype system can acquire the layered structures under of the sea-bottom and sub-bottom profiling data around the hydrothermal deposits.[This abstract is not included in the PDF]
feedback
Top