生産研究
Online ISSN : 1881-2058
Print ISSN : 0037-105X
検索
OR
閲覧
検索
69 巻 , 6 号
選択された号の論文の25件中1~25を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
特集 「新たな建築史研究」をめざして:定常型社会を生き延びるための工具
特集に際して
研究速報
  • 林 憲吾
    69 巻 (2017) 6 号 p. 309-313
    公開日: 2017/11/30
    ジャーナル フリー

    歴史的価値を有する建造環境は,暮らしを豊かにする文化資源となる.建築史の役割は,それら資源の発掘である.しかし都市域が広大なメガシティでは,従来の調査手法を適用できず,資源の発掘が十分になされていない.そこで本研究は,GIS などを活用した新たな手法によりメガシティから歴史的な建造環境を抽出する.具体的にはインドネシア・ジャカルタを事例に歴史的なカンポンの分布を解明した.居住環境全体のうち58%が歴史的なカンポンであり,住民の民族構成にも特異性が確認された.今後の課題として他のメガシティへの手法の応用が挙げられる.

    抄録全体を表示
  • 岡村 健太郎
    69 巻 (2017) 6 号 p. 315-317
    公開日: 2017/11/30
    ジャーナル フリー

    災害復興は,それが発生した社会に強く規定される現象である.それゆえ,古今東西の災害復興を通時的・共時的に比較分析することで,その災害が発生した社会や時代の特性をあぶり出すことが可能であると考える.そこで本稿では,現在筆者が進める「災害復興史」の構築に向けた研究の進捗状況を報告する.具体的には,筆者がこれまで進めてきた昭和三陸津波後の復興を中心とした三陸沿岸地域における津波災害後の復興に関する研究を題材とし,日本における「近代復興」の特質を紹介するとともに,そこから日本および世界の災害復興史構築に向けた構想を素描する.

    抄録全体を表示
  • クズネツォフ ドミトリー
    69 巻 (2017) 6 号 p. 319-322
    公開日: 2017/11/30
    ジャーナル フリー

    本報告は,世界の建造環境へのソ連の貢献に関する現在の研究状況を速報するものである.ここでの問いは,様々な定義,ケーススタディの選択経緯,インパクトの分析等である.このテーマについてどんなアプローチが可能かについての分析と中国における代表的な例によって,上記の問いが明らかにされる.

    抄録全体を表示
調査報告
特集2 複雑化する都市災害と多様化する自然災害への備え ~設立50年を迎えるERSの新たな出発~
特集に際して
研究速報
調査報告
研究速報
特集3 プロダクションテクノロジー研究
特集に際して
研究解説
研究速報
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top