繊維製品消費科学
Online ISSN : 1884-6599
Print ISSN : 0037-2072
ISSN-L : 0037-2072
57 巻 , 6 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
時辞刻告
解説
シリーズ「日本の化学繊維の発展と消費科学」
シリーズ「スポーツウェア・スポーツ用品の春夏秋冬」
シリーズ「学生の課外授業と企業とのコラボによる教育」
シリーズ「私たちがラメ糸と呼んでいるものは何なのか」
(第23回消費科学講座講演より)
報文
  • 青木 識子, 田村 照子, 永井 伸夫
    2016 年 57 巻 6 号 p. 485-494
    発行日: 2016/06/25
    公開日: 2016/06/25
    ジャーナル フリー
    本研究は,高齢女性10 名と若年女性10 名を対象に,世代による靴の履用効果を三次元動作解析装置と表面筋電図の測定により総合的に分析した. 両群の靴履用の効果を以下に記す. ①靴の履用により,両群で推進期の関節トルクが上昇し,特に膝で発揮される力が大幅に高まった. ②若年群では靴の履用により下腿筋活動の増加が示されたが,高齢群では靴の履用効果がほとんど認められなかった. ③靴の履用時にソールの矯正効果により,推進期における両群の股関節角度の差は小さくなった.加えて,靴履用時に両群の遊脚相の膝関節屈曲角度が増加した. ⑤高齢群は靴の重量を受けて遊脚相のつま先高が減少し,足部が素足時より下降している可能性が示された. ⑥左右方向の床反力において,高齢群は素足時と靴履用時に大きな変化はなかった.これに対して,若年群では,靴の履用時に左右方向の床反力が外側に増加した.
交さ点
行事レポート
支部行事レポート
情報トピックス
繊維トピックス
feedback
Top