雪氷
Online ISSN : 1883-6267
Print ISSN : 0373-1006
66 巻 , 1 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 今西 伸行, 西村 浩一, 森谷 武男, 山田 知充
    2004 年 66 巻 1 号 p. 3-10
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    雪崩発生に伴う地震動の特徴を把握するとともに,雪崩の発生地点と規模を推定する手法を確立するため,4台の地震計を用いて,2001年1月から4月までの80日間,北海道大学天塩研究林内で観測を行った.期間中に,対象域で確認された雪崩の86%にあたる50例の震動波形を得ることができ,地震計によって高い確率で雪崩発生のモニタリングが可能であることが判った.ほぼ同地点で発生した雪崩による震動は類似した波形を示すこと,震動の卓越周波数と地震計から雪崩発生点までの距離との間には負の相関があり,これから発生点の推定が可能であること,また雪崩の運動エネルギーと位置エネルギーとの関係を用いて,雪崩質量の推定が可能であることが示された.
  • 阿部 修, 清水 増治郎
    2004 年 66 巻 1 号 p. 11-16
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    約10年にわたる山地積雪観測ネットワークによる積雪深および積雪重量の連続観測結果に基づき,最大積雪深から最大積雪重量を算定するための等価積雪密度の新たな実用式を提案した.これは,本州に限定されるが,最大積雪深が3mを超えると,従来のすべての設計指針に示された値より大きくなる.今後,多雪地の雪荷重を推定する場合は,用いる等価積雪密度に注意を払う必要がある.
  • 遠藤 八十一, 小南 裕志, 山野井 克己, 竹内 由香里, 村上 茂樹, 庭野 昭二
    2004 年 66 巻 1 号 p. 17-25
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    表計算ソフト上で,積雪の粘性係数と密度の関係式を用いて,降水量のデータから積雪各層の密度と沈降量(地上高),積雪深を計算する方法を示した.この方法は,雪面での融雪が起こらない場合に適用できる.計算に必要な密度と粘性係数の関係を精確に表すため,低密度と高密度の領域では異なった関係式を用い,計算精度の向上を図った.寒冷であった1983~84年冬の新潟県十日町市の日降水量データを用いて積雪各層の密度と地上高,積雪深を計算した結果は,実測値と良い一致を示した.
  • 山本 竜也, 松岡 健一, 成瀬 廉二
    2004 年 66 巻 1 号 p. 27-34
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    季節積雪の水当量や内部層構造は空間変化に富むため,断面観測に頼る従来の観測方法では不十分である.本研究では,都市工学用途に開発され近年では雪氷学にも応用されている地中探査レーダ(GPR)を用いて,積雪内部構造と積雪水当量を推定する手法を検討した.まず,機器の特性を把握するため,反射の起こらない環境で機器起因のノイズレベルを測定した.次に北海道各地および富山県室堂平において,積雪のGPR観測および断面観測を行った.その結果,GPRにより積雪中の氷板が検知出来ることが分かった.また,観測結果および北海道各地における過去の積雪データを用いてGPRの遅延時間から積雪水当量を求める計算式を得た.この計算式を用いると,密度を実測せずとも広範囲の積雪水量を一割程度の誤差で見積もることが出来る.
  • 熊倉 俊郎, 山野井 克己, 早川 典生
    2004 年 66 巻 1 号 p. 35-50
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2010/06/17
    ジャーナル フリー
    積雪の挙動の研究には降積雪,融雪の数値モデリングが効果的であるが,降雪量分布や圧縮特性は時空間的に不均一性が強く,現実的な解を求めるのが困難な場合が多い.特に北陸地方は気温が高く,降水と降雪の分かれ目に位置し,湿雪による圧縮特性の変化も大きい.これらの挙動は広域にわたる観測事例が少なく,モデリングの障害となることも多い.本論文は,積雪の多層圧密数値モデルを構築し,観測点が比較的水平均一に分布する気象観測を用いて毎時の積雪深を算出し,観測積雪深との比較を行った.その結果,新潟県十日町では,雪の圧縮粘性係数の経時変化を考慮する必要性を示し,考慮しない場合は季節内平均で18%程度の過大評価となることを示した.また,長野県,福島県の山間部では積雪層が焼結あるいは霜ざらめ化が進行しやすいことを示唆した.さらに,新潟県南部と福井県の平野部から山間部にかけては降水降雪判定を正確に行わないと積雪深算定が困難であることと,それ以外の地域では気温が高いことによる圧縮粘性係数の低下が積雪深算定に大きく影響することを示した.
  • 山口 悟, 西村 浩一, 納口 恭明, 佐藤 篤司, 和泉 薫, 村上 茂樹, 山野井 克己, 竹内 由香里, Michael LEHNIN ...
    2004 年 66 巻 1 号 p. 51-57
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    2003年1月5日に長野県南安曇郡安曇村の上高地乗鞍スーパー林道で起こった複数の雪崩は,死者こそ出なかったが車20台以上を巻き込む大災害となった.雪崩の種類は面発生乾雪表層雪崩であった.今回の雪崩の特徴は,従来雪崩があまり発生しないと考えられている森林内から発生したことである.現地における断面観測より,今回の雪崩は表層から約30cm下層に形成された“こしもざらめ層”が弱層となり発生した事がわかった.積雪変質モデル並びに現場近くの気象データを用いた数値実験でも,同様の“こしもざらめ層”の形成を再現することができた.弱層になった“こしもざらめ層”は,1月1日の晩から1月2日の朝に積もった雪が,3日早朝の低温,弱風という気象条件下で変質して形成されたと推定される.今回の研究結果により,雪崩予測における積雪変質モデルの適応の可能性が明らかになった.また,考えられている森林の雪崩抑制効果に関してより詳細に検討する必要性があることも示された.
  • 市原 潔, 畠山 隆, 竹内 敬治, 中村 豪一
    2004 年 66 巻 1 号 p. 59-64
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
    従来,送電線への着雪は「湿型:0~3℃程度の比較的高温の湿り雪が強風でたたきつけられて着雪するパターン」と「乾型:氷点下の乾燥雪が弱風下で積もり,焼結するパターン」の2通りに分類されてきた.しかし,筆者らの観測した,「氷点下温度かつ強風下での急激な発達」は,従来パターンには,あてはまらない.この現象が起きる原因としては,氷点下でも液体の水が存在していることが考えられ,たとえば,1)湿度の高い気団の下に相対的に冷たい寒気が侵入し,もとの気団から降下する湿った雪片が寒気中の電線に衝突して急速に固まる,2)潮風の塩分もしくは融雪剤が雪の融点を下げている,3)電線のジュール熱が雪を融かしている,の3通りの状況が挙げられる.筆者らの観測したパターンは,着雪の直前に急激に気温が低下していることから,上記1)に対応すると考えられる.
  • 2004 年 66 巻 1 号 p. 127
    発行日: 2004年
    公開日: 2009/08/07
    ジャーナル フリー
feedback
Top