人間環境学研究
Online ISSN : 1883-7611
Print ISSN : 1348-5253
ISSN-L : 1348-5253
11 巻 , 2 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
原著
  • 柴田 玲子
    2013 年 11 巻 2 号 p. 67-73
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    Ever since the WHO (World Health Organization) defined health as a state of complete physical, mental, and social wellbeing, Quality of life (QOL) has been considered important for children's wellbeing. This study examined the relationship between maternal QOL and the QOL of their schoolchildren, assessed by children's self-reports and mothers' reports. Participants were 461 mother-child pairs with children in second to sixth grades. Children's QOL was assessed by children's and their mothers' responses to the Kid-KINDL Questionnaire (children's and parent's versions). Maternal QOL was assessed by the WHO-QOL26, and maternal caregiving was assessed by Emotional Caregiving of Parent Scale. Results of multiple regression analyses indicated that differences between mothers and children about the cognition of children's QOL affected children's QOL, such that larger differences resulted in lower children's QOL. Moreover, in boys, mothers' QOL and their restrictive feeling about childcare affected children's QOL, whereas this was not the case in girls. A regression analysis indicated that mothers' lower QOL significantly affected the interaction between QOL of boys and mothers, whereas mothers' higher QOL did not affect the interaction between QOL of boys and mothers. These findings showed that mothers' QOL affected the QOL of boys more than that of girls. Therefore, it is suggested that in clinical settings, attention should be focused on the QOL of mothers when dealing with boys with especially low QOL scores.
  • 長谷川 大貴, 中野 剛志, 藤井 聡
    2013 年 11 巻 2 号 p. 75-82
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    In human and social science, narrative is regarded as an important theoretical construct associated with human cognition, human vitality, sense of unity and cohesion of organization. In this regards, narrative is also expected to increase vitality and cohesion of planning organizations for public policies, such as governmental section for city planning, transportation planning, national land planning and any other public planning. In this study, we review academic genealogies with respect to narratives including western philosophy, hermeneutics, historical science, historical philosophy, literary criticism, clinical psychology and sociology, narrative psychology and folklore. Then we discuss how narrative can be pragmatically applied for planning organizations.
  • 大塚 幸生, 川口 潤
    2013 年 11 巻 2 号 p. 83-89
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究では、自然情景の高速認知における判断レベルの優位性を検討した。実験参加者は、30 msあるいは70 ms間画面に呈示される自然情景からターゲットを検出して、基本レベル(鳥と判断)あるいは上位レベル(動物と判断)でカテゴリー化することが要求された。ターゲットと非ターゲット(乗り物)が異なるカテゴリーに属するように設定された実験1では、30 msの呈示時間条件において上位レベルよりも基本レベルでカテゴリー化する方が課題成績が高くなった。しかしながら、基本レベルの判断条件における非ターゲットがターゲットと同じ上位レベルの概念を共有するように設定された実験2では、特に30msの呈示時間条件で基本レベルよりも上位レベルでカテゴリー化する方が成績が高くなった。これらの結果に基づいて、自然情景の認知における基本レベルの判断は常に優位ではなく、判断レベルの優位性は当該のカテゴリー化処理が非ターゲットのカテゴリーによって制約を受けるか否かに依存することが示唆された。
  • 野村 康
    2013 年 11 巻 2 号 p. 91-105
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    Direct action is often regarded as a response to democratic deficit because it can sensitize the general public to the cause of the marginalized, stimulating communication among individuals of different walks of life in society. However, such theoretical discussion has mainly been limited to domestic situations, despite the development of transnational activism in practice. This paper examines a case of trans-border direct action - a contentious anti-whaling protest by the Sea Shepherd Conservation Society in a town in Japan. It illustrates that trans-border direct action can be detrimental to democracy for sustainability, largely because of the disparity of power related to communication in the global society. Such action might even pave paths for the powerful to pressure the weak. At the international level, the group legitimized its civil and uncivil forms of disobedience by using advanced English language and media skills to overwhelm the voices of local actors. At the local and national levels, the group's action lacked support and legal-democratic efforts through communication and discussion with stakeholders. Thus, the group failed to save the lives of cetaceans and to strengthen anti-whaling activism. Re-examination of the nexus between radical activism, communication and sustainability that involves social and cultural diversity is recommended.
  • 堀田 千絵, 花咲 宣子, 堀田 伊久子, 十一 元三
    2013 年 11 巻 2 号 p. 107-115
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    The aim of this study was to investigate the feature of behavior and cognitive development such as verbal and drawing for the children with special needs. Sixteen children with special needs (special needs group) and fourteen children with no special needs (control group), 5 to 6 years old, were asked to take the two following tests; (1) the Picture Vocabulary Test- Revised (PVT-R) and the verbal task of brief version based upon the Tanaka-Binet intelligence test; (2) the human figure drawing task developed by Goodenough (1926). Also, we asked the nursery stuff to check each item in the Strength and Difference Questionnaire (SDQ) developed in order to measure the behavioral pattern of children. The results showed that (1) the performance of PVT-R in the special needs group was worse than that in the control group; (2) the task performance of the Understanding of Attribution in the special needs group was worse than that in the control group, whereas the other task was not differed; (3) the performance of human figure drawing task in special needs group did not differ from that in the control group and (4) the behavior pattern of special need group was similar to that of another group got the diagnosis of developmental disorder, such as Mental Retardation, Attention Deficit/Hyperactivity Disorder and Pervasive Developmental Disorder (Autism Spectrum Disorder). These results suggest that the children with special needs would have the behavioral trait of developmental disorder and the unevenness and atypical feature of their verbal development.
  • 唐沢 かおり, 戸田山 和久
    2013 年 11 巻 2 号 p. 117-123
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究は、福島第一原発事故後、間もない時期に出版された、一般読者向けの書籍5冊を対象として、その内容を分析し、科学コミュニケーションが科学的事実や科学者組織について、詳細な科学的知識を持たない人たちに伝達する際の問題点を議論したものである。まず焦点を当てたのが、現在、科学的に正しい見解が定まっていないと思われる、低線量放射線による被ばくの危険性に関する議論、および、危険閾についてのガイドラインを提出している組織である「ICRP」(International Commission on Radiological Protection)の信頼性を操作するような記述である。そこでは、科学的な論争における重要な論争点が提示されておらず、また、執筆者の立場により、ICRPの信頼性を高めたり貶めたりするような記述が恣意的になされていることが明らかとなった。このように、科学的論争を、科学的事実に関する議論の場ではなく、関与する科学者や組織の信頼性の問題としてフレームして、読者を説得する手法について、本論文は「信頼性戦争(Credibility war)」方略と名付け、その問題点を、科学的事実への理解が欠如した読者を安易に特定の立場に誘導してしまうこと、また、読者が確証バイアスによりその立場を堅持する結果につながりやすいことにあると指摘した。続いて、科学コミュニケーションのスタイルとして、「知識的に優位な立場の科学者」が、「知識が欠如した一般市民」に「教え授ける」という「欠如モデル」による説得レトリックの存在を指摘した。さらにその問題点として、このモデルがトピックに対しての自我関与がそれほど高くない一般大衆(つまりは、福島第一原発事故の直接被害を受けない層)により強く機能する可能性と、心理的リアクタンスの喚起により、コミュニケーション内容の理解が妨げられる可能性を指摘した。最後に、新しくみられる科学コミュニケーションの一例として、中川(2011)に着目し、一般市民が自らの行動を選択する責任を保持していることを前提にした科学コミュニケーションのあり方の可能性について議論した。そのうえで、放射線被ばくの健康への直接的結果だけではなく、それがもたらす社会的帰結がもたらす影響も総合的に評価したうえで、リスクを評価せねばならないという状況認識の重要性、またリスクを背負う人自身が、リスク評価を行う必要を前提とした科学コミュニケーションが今後求められることを論じた。
  • 伊藤 健彦, 唐沢 かおり
    2013 年 11 巻 2 号 p. 125-131
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is to examine the relationship between causal attribution toward unemployed people and motivation to reduce employment disparity in Japan. In Japan, it is argued that social inequality leads to employment disparity. The inequality composes of sex, age, educational background and family background. The perception that people fail to get jobs due to the inequality possibly leads to motivation to reduce employment disparity. Causal attribution of a negative situation is an important factor to predict human attitude toward the situation. Therefore, in this present study, causal attributions toward unemployed people as predicting factors for motivation to reduce employment disparity were focused on. As causal attributions, inequality attribution (social inequalities such as sex), individual attribution (individual characteristic such as negligence) and fate attribution (individual fate such as misfortune) are proposed. In the present study, questionnaire packets from university students were distributed and collected. Participants answered items referring to causal attribution toward unemployed people and motivation to reduce employment disparity. As a result of the survey, there was a positive correlation between the inequality attribution and the motivation, a negative correlation between the individual attribution and the motivation, and no correlation between the fate attribution and the motivation. Hypotheses were confirmed and the results were consistent with previous studies of causal attributions. It was shown that the strength of individual attribution was the highest among the attributions, and the next was inequality attribution and the last was fate attribution. The participants possibly thought that Japanese government dealt with social inequality and unemployed people did not get jobs due to their own remissness compared to the inequality. This study discussed the motivation to reduce employment disparity in Japan from the perspective of causal attribution, and how to engage in employment disparity.
  • 大道 えりつ
    2013 年 11 巻 2 号 p. 133-150
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/12/25
    ジャーナル フリー
    発達的な変化は、個体の(遺伝的)な要因か環境的要因によって生じるのか、現代に至るまで数多くの論争がなされてきた。しかし、発達的な変化をこのような個体か環境かという二者択一的に捉えられるほど単純なものではなく、Sameroff(2009)のtransactional modelが示すように、個体と環境との相互作用が発達的な変化を作り出すという考え方が主流になっているが、変化していくプロセスについての説明が行われていない。変化のプロセスを見ているPiaget(1952)のモデルは、個体がどのように変化を作り出すのを説明しているが、環境の役割について多く述べられていない。本稿は、発達における状態変化を環境の役割という視点から、人はどのように新しい対人環境や社会環境と適合するのか、その変化のプロセスやメカニズムについて検討した。ダイナミック・システムズアプローチや社会文化的理論などでみられる発達の移行メカニズムに関する発達心理学の主要理論を概観し、発達における移行状態、「できるようになる」ための中間的な段階が変化を作り出す重要な役割を果していることが示唆された。このような知見をもとに、社会適応の過程においてもこのような中間的な段階、本稿で言う「可能領域」という移行前と移行後の二つの状態や機能の共存を環境も個体も許している状態が存在し、それが移行を容易にしているとする理論を構築した。本稿ではまたこのような「可能領域」が日本文化において特異的に存在しているとされてきた、「甘え」の機能的側面であると考え、家から学校生活への移行などの移行場面において観察される行動について議論している。発達的場面におけるモデルの適合を検討するため、幼稚園や保育園での先生との関わりにおける、子どもの社会的ルールの獲得過程を公刊された論文のメタ分析によって行っている。その結果、新しい行動や他者との接し方が定着するまでの間には、種々の行動が教師の見守る姿勢(戦略的非介入)によって猶予されるなど、新しい行動の試し期間として行動の成否よりもそれらを使って良いという「可能期間・領域」としての事象が生じていることが明らかとなった。個体が環境との相互作用によって変化するというこれまでの発達理論に、環境の視点から移行過程に着目するモデルが加わることによって、AからBの状態への変化の間に、AもBも許される期間が存在し、それが個体の環境への適応度を高めている可能性が示唆された。今後このモデルに従って、状態変化の過程を詳細に検討することにより、人間の環境との相互作用過程についての議論が進むものと考える。
feedback
Top