日本女性科学者の会学術誌
検索
OR
閲覧
検索
14 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
総説
  • 武井 史恵
    原稿種別: 総説
    14 巻 (2014) 1 号 p. 1-9
    公開日: 2014/03/26
    ジャーナル フリー
    ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は酵素によりDNAを増幅する方法であり、バイオテクノロジーの分野で幅広く使われている。PCR法は極めて微量なDNAをテンプレートとして、特定の領域を温度コントロールだけで指数関数的に増幅する。単にDNAを増やすだけでなく遺伝子の配列解析にも使用される。この総説ではPCRで使われるDNA断片(プライマー)に着目し、目的に合わせた様々な修飾プライマーを使ったPCRについてまとめる。更に得られた増幅産物の解析にも注目し、修飾プライマーを使ったPCRからそのモニタリング法についてPCRを化学の視点から眺め、総合的に紹介する。
    抄録全体を表示
抄録
  • 石渡 小百合, 西川 徹
    原稿種別: 抄録
    14 巻 (2014) 1 号 p. 10-15
    公開日: 2014/03/26
    ジャーナル フリー
    近年、統合失調症の病態メカニズムの一つとしてNMDA型グルタミン酸受容体を介する神経伝達の低下仮説—グルタミン酸仮説—が提唱されている。そのため、NMDA受容体の内在性コ・アゴニストであり本受容体機能の促進作用をもつD-セリンが、統合失調症の病態との関連や新規治療法開発の視点から注目されている。最近我々は、前頭葉皮質の細胞外のD-セリン濃度が、中性アミノ酸トランスポーターAsc-1の阻害、カルシウム透過型AMPA受容体の刺激、および本脳部位の神経細胞に含まれるセリンラセマーゼの欠失等によって変化することを明らかにした。以上のことから、これらの分子がD-セリンシグナルへの影響を通してNMDA受容体機能を制御している可能性が示唆され、統合失調症の病態解析や新しい治療法開発の標的分子として有用と考えられた。
    抄録全体を表示
  • 吉川 尚子
    原稿種別: 抄録
    14 巻 (2014) 1 号 p. 16-20
    公開日: 2014/03/26
    ジャーナル フリー
    D-Amino acids have long been considered to be unique to microorganisms, which utilize some D-amino acids to construct the peptidoglycan layer of their cell wall. However, several D-amino acids have been detected in many organisms and even in mammals. Aquatic crustaceans and some bivalve mollusks contain a large amount of free D-alanine in their tissues. Along with the hyper-osmotic stress, several free amino acids have been known to increase as intracellular osmolytes in aquatic invertebrates, and the tissue levels of D- and L-alanine in crustaceans and bivalve mollusks were both increased during high salinity acclimation. These data suggest that D-alanine is also a major compatible osmolyte responsible for intracellular isosmotic regulation. Alanine racemase has been proven to catalyze the interconversion of D- and L-alanine in crustacean. A cDNA clone encoding alanine racemase has been isolated from the muscle and hepatopancreas of kuruma prawn Marsupenaeus japonicus for the first time in the animal kingdom.
    In this article, I would like to describe the physiological function and metabolism of D-alanine in kuruma prawn Marsupenaeus japonicus.
    抄録全体を表示
随想
表紙
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top