日本女性科学者の会学術誌
Online ISSN : 2186-3776
Print ISSN : 1349-4449
ISSN-L : 1349-4449
19 巻 , 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
総説
  • 篠原 美都
    2019 年 19 巻 1 号 p. 1-10
    発行日: 2019/03/01
    公開日: 2019/03/01
    ジャーナル フリー

    精子幹細胞はほぼ個体の一生にわたって毎日莫大な数の精子を産生する。その基盤が幹細胞特有な現象である自己複製分裂である。精子幹細胞にウイルス遺伝子導入により固有の標識を施し精子形成への寄与の動態を調べたところ、その寿命は極めて長いことがわかった。一方精子幹細胞には休眠期がなく全てが分裂していた。これらは精子幹細胞が活発かつ長期の自己複製活性を持つことを示す。精子幹細胞を試験管内で長期に増幅する培養法(Germline Stem; GS細胞)により幹細胞を大量に調製することが可能となり、生化学的解析や遺伝子改変により精子幹細胞の自己複製制御機構などバイオロジーの解明に役立った。またGS細胞は子孫を作成できるため、新しい生殖工学発展の可能性を秘めている。今後この技術が幅広く非齧歯類にも展開し、不妊治療や疾患モデル動物の作成などに繋がることが期待される。

  • 大矢根 綾子
    2019 年 19 巻 1 号 p. 11-21
    発行日: 2019/03/01
    公開日: 2019/03/01
    ジャーナル フリー

    優れた生体親和性と骨伝導性を示すリン酸カルシウムの薄膜は生体材料の表面改質剤として、またナノ粒子は薬剤・遺伝子の徐放担体として有用である。筆者らは、体液中でのバイオミネラリゼーション反応に基づき、リン酸カルシウム過飽和溶液を反応場とするリン酸カルシウム薄膜およびナノ粒子の簡便な液相合成技術を開発してきた。さらに、過飽和溶液への生理活性物質(DNA、フッ素など)の添加や、液中レーザープロセスの併用によって、薄膜およびナノ粒子の組成・構造制御、ならびに多彩な機能設計が可能であることを実証してきた。本稿では、筆者らの開発したリン酸カルシウム薄膜およびナノ粒子の簡易合成技術と、それらのバイオメディカル応用研究について紹介する。

feedback
Top