日本口腔科学会雑誌
Online ISSN : 2185-0461
Print ISSN : 0029-0297
ISSN-L : 0029-0297
最新号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
第74回NPO法人日本口腔科学会学術集会
理事長講演
  • —日本口腔科学会の果たすべき役割と今後の展開—
    丹沢 秀樹
    2020 年 69 巻 2 号 p. 41-42
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    日本社会は急激に縮小が始まり,その持続性が議論されるほどに厳しい変化が起きつつある。「2025年問題」など,マスコミ等で取り上げられる機会が増えているので,皆様はそれとなく「感じている」ものと思われる。しかし,真の意味とその影響を考える機会は非常に少ない。私は日本学術会議会員,中央社会保険医療協議会など,国の将来を考える経験が多少ありましたので,社会変化や問題点,ならびに歯科医学や歯科医療に対する影響に関して解説し,私共の日本口腔科学会が果たすべき役割と今後の望まれる展開に関して,あくまでも個人的なものではありますが,一考察をご紹介します。
    「2025年問題」は良く知られている通り,団塊の世代が全て高齢者になることにより生じる問題である。「2040年問題」というのがあり,この前後に高齢者の数の増加が止まる。すなわち高齢者数が最多になり,それ以降は高齢者といえども減少していくターニングポイントとして注目を集めている。さらに,「2050年問題」というものがあり,この時期に高齢化率が非常に上がり,実は,日本という社会が持続する可能性さえ問われており,持続させるためのシナリオなどが現在水面下で精力的に研究されている。この時期に大きな決断とそれに基づく社会政策の大転換が必要であり,失敗すると引き返せない,すなわち社会・国家としての持続性を失う恐れもあると言う研究者さえいるという大切な時期であることは,一般にはあまり知らせられていない。これらの「問題」を引き起こしている最大の要因を「高齢化」と考えている方が多いのであるが,実は,それよりも,少子化,労働人口の減少であることを認識する必要があり,経済財政諮問会議等の資料を用いて解説する。
    このような状況下,医療界,特に歯科界に求められている大きな3課題として,
    課題1.成育への貢献(少子化で生まれた大切な子供を立派に育てる)
    課題2.疾病予防・早期発見・重症化予防(医療・介護ニーズと社会保障費を減らし,労働可能年齢を引き上げ,労働者を確保する)
    課題3.介護・フレイル予防(健康寿命延伸,医療・介護ニーズと社会保障費を減らす)があげられる。また,歯科の殻に閉じこもらず,口腔科として医療の中に歯科の立ち位置を確立し,包括的医療・ケアに参加・貢献しなければならない。
    さらに,産業構造という観点からは,他の産業分野が第4次産業革命(AIなどを用いた高次機能制御)を迎えていると言われる中,歯科界は第二次産業革命(モーターなど電気動力の導入)に留まり,第三次産業革命(オートメーション化,デジタル化,ロボットなど)の見込みさえ付いていない。すなわち,産業構造上は,レストランなどの調理師,接客係(勿論,ハイグレイドなスキルも含まれる)と同じフェイズから発展していないのである。しかも,少子化の影響は歯科界にも大きくのしかかってきている。1例として,30歳未満の技工士数が1,000人を切っていて,近い将来,補綴物の供給が困難になると考えられていることがあげられる。
    これらの課題を果たすために,アカデミアとしての責任を,さらに学会としての役割を,この時期に認識することが非常に重要である。その上で,単なる職能組合的な組織から脱却し,歯科・口腔科として望まれる具体的な展望を,皆様と一緒に考察してみたい。
海外招待講演
  • Tateyuki Iizuka, MD. DDS. PhD. FEBOMFS
    2020 年 69 巻 2 号 p. 43-44
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    Traditionally there have been two systems of dental education in Europe: stomatology and odontology. Odontology focuses on the anatomy, development and diseases of the teeth, whereas stomatology is an area of medicine encompassing the mouth and its diseases. Stomatology was originally practiced by physicians, and was a standard medical specialty through the early 20th century in Europe.
    During the past two decades, medical and dental education in Europe have faced enormous changes. The reform has primarily been promoted by the political initiative for an integrative European Union (EU). The EU directives and Bologna declaration, including the European Credit Transfer and Accumulation System (ECTS), have defined the integrative curriculum structure of European higher education. For the health sector the EU has recognized “dentist (dental practitioner)” as an independent profession. The EU has pursued the odontological model, in which dental education is autonomous and separate from medical education for the “physician (doctor)”. Accordingly, those EU states with a stomatology model were required to change.
    In the recent reform, however, social and medical issues — such as demographic changes associated with increasingly elderly populations — were hardly taken into consideration. The reforms in medicine and dentistry were carried out independently. Moreover, dentistry has become more odontological. Consequently, the gap between medicine and dentistry once filled by stomatology has increased. This makes coordination and collaboration of the disciplines of medicine and dentistry difficult — especially in complex clinical cases.
    A good and topical example is treatment of medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ), which involves oncologists, orthopedists, radiologists, general practitioners, oral & maxillofacial surgeons, and dentists. The most critical group is cancer patients with bone metastasis, who receive bisphosphonates intravenously at regular intervals. Another group includes patients with osteoporosis. Depending on the clinical situation, doctors and dentists with various areas of specialization are involved.
    Complex treatments must be well coordinated, but in practice this is not easy. There are differences of opinion between the treating doctors, in particular over the question of how aggressively MRONJ should be treated. In fact, there has been no effective standardized treatment concept for definite healing. From the medical, psychological and social points of view, it is important to maintain sufficient quality of life in patients receiving ongoing oncologic or orthopedic treatment. The aim of the treatment is, therefore, to return the clinically manifested MRONJ to the symptom-free condition of “at risk category”. Official guidelines for treatment are conservative, recommending clinical observation, antibacterial rinses of the lesion and application of antibiotics. However, it is known that — once the necrosis is visible in the oral cavity — complete healing of the lesion does not occur with non-operative treatments alone. MRONJ progresses rather slowly, but finally reaches an advanced condition. On the other hand, surgical treatment, which is designed to achieve a complete elimination of the necrotic lesion, is often associated with complications such as wound dehiscence and persistent infection. Moreover, the need for antiresorptive therapy and “drug holidays” has been discussed but is often disputed. Even at the stage of “at risk category”, several questions remain in determining which option is most suitable for dental prosthetic treatment in those patients.
    View PDF for the rest of the abstract
プレコングレスセミナー
  • —DNA修復と顎顔面発生—
    大峡 淳
    2020 年 69 巻 2 号 p. 45
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    DNAの情報は,生命の根幹を担うものであり,一寸の狂いも許されない。しかし,成体における細胞は,活性酸素,紫外線,放射線,化学物質などの様々な内的・外的要因により日常的に傷つけられている。こうして生じたDNAの傷(DNA損傷)の多くは,様々なDNA修復機構を駆使して修復される。DNA損傷の頻度の増加がDNA修復機構の修復能力を超過し,遺伝情報の誤りが蓄積すると,癌などの様々な疾患が発症すると考えられている。一方で,修復できないDNAの損傷に対して,老化やアポトーシスなどを誘導することで,癌などの発症を回避するというシステムも存在する。近年,それらのDNA損傷や老化とは無縁と考えられてきた胎児に,それらのことが生じていることが明らかとなってきた。さらに,それらの一部は意図的に引き起こされ,器官形成へと利用されている可能性を示すデータすら得られている。本講演では,そのような,胎児に引き起こるDNA損傷とその修復や,老化メカニズムについての最新の知見をご紹介したい。
特別講演
  • —Role of Oral Health for Ageing and NCDs
    Dr Takeshi Kasai
    2020 年 69 巻 2 号 p. 46-47
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    Under my leadership and in consultation with Member States, partners and staff, WHO in the Western Pacific Region has developed a vision for the next five years. Together, we identified four priorities that must be addressed to reach our goal: making the WHO Western Pacific Region the healthiest and safest region.
    One of the priorities is NCDs and Ageing. Every country in the Western Pacific Region is experiencing a surge of noncommunicable diseases (NCDs) like heart disease, stroke, cancer, diabetes and chronic respiratory diseases. At the same time, many countries’ populations are growing older. Inevitably, all countries will face an ageing population- it is just a matter of time.
    We will support countries to measure and analyse changes in disease patterns and lifestyles, to reduce the risk factors that can lead to NCDs, like tobacco, excessive alcohol consumption and unhealthy diets and to orient health systems towards services that focus on people and ‘accompany’ them through their life and their changing needs.
    We want a Region where NCDs are prevented and mental health and wellbeing is promoted. We need primary health care and other health services that better manage NCDs and mental health conditions and keep people well. This means building health systems and social services that support all people to live long, healthy, productive lives.
    Oral health is a key indicator of overall health, well-being and quality of life. It encompasses a range of diseases and conditions that include dental caries, Periodontal disease, Tooth loss, Oral cancer, Oral manifestations of HIV infection, Oro-dental trauma, Noma and birth defects such as cleft lip and palate. The Global Burden of Disease Study 2017 estimated that oral diseases affect 3.5 billion people worldwide, with untreated dental caries being among the most prevalent noncommunicable diseases. According to the International Agency for Research on Cancer, the incidence of oral cancer was within the top three of all cancers in some Asian-Pacific countries in 2018.
    Most oral diseases and conditions share modifiable risk factors with the leading NCDs (cardiovascular diseases, cancer, chronic respiratory diseases and diabetes). These risk factors include tobacco use, alcohol consumption and unhealthy diets high in free sugars, all of which are increasing at the global level. There is a proven relationship between oral and general health. It is reported, for example, that diabetes mellitus is linked with the development and progression of periodontitis. Moreover, there is a causal link between high sugars consumption and diabetes, obesity and dental caries.
    In 2015, the Tokyo declaration on dental care and oral health for healthy longevity was adopted. This calls upon health policy makers and professionals to significantly reduce the global burden of disease related to oral health, to promote greater access and equity in oral health services, and to integrate oral health programs into the larger development agenda.
    The WHO Oral Health Programme is currently implementing a three-year roadmap (2019-2021) comprising a mix of normative work and practical support to countries over five priority activities aligned to the GPW13. One of the top priority is to develop the WHO Global Oral Health Report (one of a WHO Global Public Health Goods) as a robust advocacy document to reinforce the commitment to oral health among policymakers, and to pave the way for the further development of a global oral health action plan towards 2030.
教育講演
  • 金桶 光起
    2020 年 69 巻 2 号 p. 48
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    【新潟清酒の歴史】日本酒の起源は弥生時代に大陸から水稲が伝来してきてからと言われていますが,新潟県の酒造りの歴史は新潟県酒造組合の資料によると,およそ千年前の奴名川姫の伝説から始まります。糸魚川の奴名川神社の旧記に「翡翠の女王,奴名川姫が大己貴神(おおなむちのかみ)(大国主命)をもてなすのに沼垂(ぬまたれ)の田(水田)の稲を用いて醸した甜酒(たむさけ)をもってした」との記述があります。
    新潟には酒蔵が88ありますが,その中で最も古いのは長岡の酒蔵で戦国時代1548年の創業です。江戸時代には酒は完全に嗜好品となっており,酒造家は地主で,余剰米から清酒を造っています。新潟の酒造業が今のような産業として成り立ったのは明治以降の事です。
    【新潟県の清酒産業】新潟県は年間約4万kl(2018年度)の清酒を出荷し,全国都道府県中第3位です。また,一人当たりの清酒消費量が全国一(11.3ℓ/2017年)となっています。
    新潟清酒の特徴は「淡麗」の表現にみられるように,豊かな味わいとすっきりとした後味の軽さを併せ持つところにあります。これらは原料米の性質,水質,醗酵環境(気候条件),醸造技術等が相互に影響して得られる結果です。
    出荷製品に占める吟醸酒などの高級酒(特定名称清酒という)の割合が高いことも特筆され,特に吟醸酒は全国一のシェア(19.6%)を誇り,新潟清酒の展開戦略の柱となっています。
    【日本酒学】2018年4月1日に新潟大学,新潟県酒造組合,新潟県が3者連携のもと新潟大学に世界初の「日本酒学センター」が設置され,日本酒学の講座がスタートしました。日本酒学とは従来からある醸造学・発酵学に加えて総合大学である新潟大学の強みを生かし,日本酒にまつわる歴史,文化,健康,建築,経済,海外展開などあらゆる分野をカバーする学問です。ワインにワイン学があるように日本酒にも日本酒学を構築し日本酒に係る「教育,研究,情報発信,国際交流」に関する事業を展開していこうとするものです。開講時,募集定員200名のところ820名以上が応募し300名でスタートしました。2年目の2019年も同様に820名以上が応募し350名で授業が行われました。学生の日本酒学への関心の高さがうかがえます。日本酒学を学んだ学生が将来日本酒の「伝道師」となり世界に日本酒を発信していくことが期待されています。
宿題報告
  • 中村 誠司
    2020 年 69 巻 2 号 p. 49
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    生体の免疫反応の中心的役割を担うT細胞は様々な口腔疾患の病態形成に関わっており,シェーグレン症候群や口腔扁平苔癬などにおいては発症ならびに病態形成を,口腔扁平上皮癌に対しては制御を担っている。私は,大学院と米国留学の頃は基礎免疫学,その後に口腔領域の疾患に焦点を当てた臨床免疫学へと研究を展開し,2002年には今回と同じ課題名で宿題報告を行った。今回の報告では,同様のアプローチではあるが,最新の研究手法を駆使してその後に積み重ねた研究成果をもとに,新たな治療法の確立に迫る研究の新展開をお示しする。
    今回の報告の中心になるのは,新たに研究対象として加えたIgG4関連疾患に関する研究成果になる。IgG4関連疾患は本邦で見出された新たな疾患概念であるが,私は厚生労働省科研やAMEDのオールジャパン体制の研究班で診断基準の作成に関わるとともに,病態解析も進めてきた。その結果,Th2細胞,Treg細胞,CD4陽性CTL,IL-4産生Tfh細胞といった特異なT細胞サブセットが病態形成に関わり,異所性胚中心の形成を伴ってIgG4陽性形質細胞の分化・増殖,さらにはIgG4産生を誘導していることを見出した。さらに,Toll様受容体の1つであるTLR7を発現するM2マクロファージがIL-33などを産生してT細胞の活性化に関わっていることを見出し,ヒトTLR7を異常発現するトランスジェニック・マウスを用いて疾患モデルの作製を試みたところ,アゴニストで刺激することで不完全ながらも初期の病態が再現できた。この疾患モデルを用いれば,分子標的薬を用いた新たな治療戦略の開発が可能になることが期待できる。
    一方,シェーグレン症候群や口腔扁平苔癬においても同様の手法で病態形成に関わるT細胞の解析を進め,前者に関しては多くのT細胞サブセットが病態形成に応じて関わるものの,初期の病態形成には主にTh17細胞が担っていることを,後者に関しては上皮が産生するthymic stromal lymphopoietinが骨髄系樹状細胞を刺激し,Th17細胞とTh2細胞を活性化して過角化を生じる可能性を示し,これらが新たな治療戦略の標的になり得ることを示した。
    口腔扁平上皮癌に関しては,分子標的薬である抗PD-1抗体製剤が新規治療薬として注目されているが,私は抗腫瘍T細胞の制御にPD-1を介した経路が関わっていること,さらにPD-1のリガンドであるPD-L1は癌細胞以外にも腫瘍随伴性マクロファージが産生していることを示している。抗PD-1抗体製剤の有効性をさらに高めるためにも,腫瘍随伴性マクロファージの役割やPD-1/PD-L1経路のさらなる解析を行い,治療法の改善に貢献することを目指している。
指名報告1
  • 奥井 達雄
    2020 年 69 巻 2 号 p. 50
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    【背景】乳がん,前立腺がんなどのある種の悪性腫瘍は高頻度に骨に転移する。骨転移,骨浸潤はそれ自体が,がん患者の生存に影響することは稀であるが,骨で増殖するがん細胞はしばしば骨から内臓臓器に二次転移することにより,がん患者の死亡率を高める。また骨転移は骨痛や病的骨折などを引き起こし,がん患者のQOLを著しく低下させる。したがってがん骨転移,骨破壊の制御はがん患者の管理において極めて重要な達成すべきゴールである。骨破壊に対しては,ビスホスホネートなどの骨修飾薬が骨転移を有するがん患者の生存率を高めることが報告されているが,治癒には至らないことから未知の骨微小環境要因の関与が推測されている。
    骨転移の詳細なメカニズムはいまだ不明であるが,がんは骨微小環境の構成細胞である破骨細胞,骨芽細胞,骨細胞ならびに血液幹細胞,免疫細胞などと互助的に悪循環を成立させ,骨恒常性を破綻しながら骨転移を進行させることが示されている。骨転移が進行すると,その刺激により骨内の知覚神経が増生,興奮し耐え難いがん性骨痛が誘発される。近年,知覚神経は血管新生と同様にがんの増大を制御することが明らかとなりつつある。骨には密に知覚神経が分布するが骨転移の増大,あるいは骨からの二次転移に対して知覚神経がどのような影響を及ぼすかについてはいまだ検討されていない。われわれは知覚神経興奮による骨痛誘発とがん細胞の増殖,転移との関連について検討した。
    【方法と結果】本研究を進めるためにマウス乳がん細胞株4T1の脛骨内注入モデルを樹立した。4T1は骨内で溶骨性に増大し,骨内での知覚神経の増生および骨痛を誘発し,同時に骨から肺への転移を示した。増生した知覚神経ではHepatocyte growth factor(HGF)等の増殖因子発現が増加しており,このHGFが4T1の骨内での増大,肺転移を促進することが明らかになった。また報告者らは,知覚神経の興奮がHGF産生を促進することを明らかにし,神経興奮つまり骨痛がHGF等の増殖因子産生を介して4T1の骨内での増大と肺転移を促進することを明らかにした。本講演においてはこれらの研究結果について報告し,知覚神経が骨転移および骨からの二次転移の治療をめざす場合の新規の治療標的となり得ることを提唱する。
指名報告2
  • —基礎研究から臨床応用まで—
    廣田 誠
    2020 年 69 巻 2 号 p. 51
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    チタン材料の骨結合能は,「生物学的老化現象=バイオロジカルエイジング」と呼ばれる表面への炭化物の沈着により経時的に低下していくとされる。バイオロジカルエイジングはわずか1か月で骨結合能を本来の3分の1にまで低下させるが,紫外線照射によって回復することが明らかとなり「チタンの光機能化」として提唱された。演者これまで臨床においては歯科インプラントの光機能化がearly failure(早期脱落)のリスクを有意に減少させること,インプラントの安定度を有意に上昇させることをこれまで報告してきた。一方でこれをチタンメッシュに応用した骨造成に関わる基礎的研究を行い,骨欠損部に露出させたインプラント表面の骨形成量は光機能化によって有意に増大し,骨-インプラント接触率が約6倍,骨結合強度が約3倍となる研究成果を報告した。こうした研究成果から,チタン材料の光機能化が顎骨欠損症例における骨・咬合再建に有用ではないかと考え,その効果を検証することを目的とした臨床研究として,腫瘍,顎骨骨髄炎および顔面外傷術の顎欠損症例に対する光機能化インプラントと腸骨海綿骨骨髄移植およびチタンメッシュによる埋入同時骨造成術を実施した。術前に欠損部の硬・軟組織の状態を評価した。手術はすべて2回法で実施し,埋入から4か月後の2次手術時に全例顎堤形成術を行い,遊離皮弁を有する症例では粘膜移植を実施した。共振周波数を利用したオステルISQによりインプラント安定度を埋入時・2次手術時に評価した。実施症例は13症例15部位で,インプラント埋入本数は50本であった。また骨欠損が著しい3例において垂直的骨延長術を術前に実施した。ISQ値は埋入時10未満が5本,10〜30が9本,31〜59が11本,60以上が25本であったが,2次手術時はすべて60以上であった。インプラントはすべて骨結合が得られたが,補綴開始後に1本喪失した,喪失を含めた4本のインプラントで有意な骨吸収が認められ,経過観察期間2年におけるsuccess lateは92%であった。Failureに関わる因子としては埋入前の遊離皮弁が挙げられたが,埋入時の初期固定・骨支持不良との相関は認めなかった。光機能化チタンを用いたインプラント埋入同時骨造成では,埋入時の状態が不安定であっても一定期間間後には咬合負荷可能となる十分な骨結合を得ることが可能であり,著しい顎欠損症例における顎骨再建・咬合再建に有効であると考えられた。
学会賞受賞講演1
  • 坂上 泰士
    2020 年 69 巻 2 号 p. 52
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    近年日本は超高齢社会を迎え,高齢口腔がん患者は増加しており,当科においても超高齢患者の診療に直面する機会が増えている。特に今後増加することが予想される,90歳以上の超高齢口腔がん患者の臨床病態の特徴と治療の現状を,他の年齢層と比較検討し,その治療方針の決定に関与する諸因子を明らかにすることは,今後の治療成績の向上に大きく貢献すると期待される。今回,1997年4月から2017年12月までに当科を受診した口腔がん患者740例のうち,90歳以上の超高齢患者27例(3.6%)について,16-39歳群,65-74歳群および75-89歳群の各年齢群と臨床的に比較検討を行った。
    超高齢者群の性別は男性6例,女性21例であった。発生部位は,下顎歯肉が10例(37.0%)と最も多く,組織型の91.0%は,扁平上皮癌(20症例)であった。Stage分類は,Stage Ⅳ症例が13例(59.1%)で最も多かった。合併基礎疾患は96.3%の患者が有しており,パフォーマンス・ステイタス(PS)は,PS3が13例(48.2%)で最も多かった。治療態度は,根治的治療 3例(11.2%),姑息的治療 13例(48.1%),無治療 11例(40.7%)であった。超高齢者群では,各対照群と比較して有意に根治的治療が行われる割合が低かった(p<0.001)。PSおよびStage分類による治療態度の選択にも有意な差が認められた(p<0.05)。超高齢者群の疾患特異的累積生存率は,対照群と比較して有意に生存率が低かった(p<0.001)。根治的治療群と姑息的治療群の群間に生存率の有意差は認めなかったが,治療群(根治的治療群+姑息的治療群)と無治療群との間で,疾患特異的累積生存率に有意差が認められた(p=0.023)。
    本研究結果から90歳以上の超高齢口腔がん患者に対しては,PSおよびStage分類を評価した上で,患者本人や家族の希望をふまえた積極的な根治的治療だけでなくQOLの確保を考慮した姑息的治療の選択も行うべきであると示唆された。
学会賞受賞講演2
  • 新行内 恵
    2020 年 69 巻 2 号 p. 53
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    近年,わが国では,超高齢社会の進展とともに有病者の割合も増加し,診療現場においても,骨吸収抑制関連顎骨壊死(antiresorptive agents-related osteonecrosis of the jaw:ARONJ)に遭遇する機会は増加傾向にある。歯科医師には適切な治療が望まれているが,ARONJ治療の予後因子は明らかではない。われわれは,これまでにARONJ治療についての検討を行ってきた。本論文では当院を受診したARONJ 100症例の経過を調査し,その寛解に対する予後因子の解析を行った。
    ARONJの初診時のステージは,ステージ2が68%,ステージ3が12%であった。治療後は,寛解が40%で,アップステージが3%と,大多数が制御可能であった。予後因子の結果では,原因疾患(骨粗鬆症)[p<0.001,オッズ比5.766],治療方法(外科療法併用)[p=0.007,オッズ比0.272]が有意な因子となった。積極的な外科療法が,ARONJ治療成績の向上にもつながると考えられる。そのためには,原因疾患の治療医とより密な医療連携を行い,適切な外科治療を進めることが重要である。しかしながら,がん治療への適応の場合は,外科療法が行えない方も多いのが現状である。一方で,今回の研究では,保存療法だけでも,多くの症例が制御可能であった。ただ,このような場合には,より早期からの歯科的介入や,歯科治療への対策が必要と考えられた。
    本稿は,単施設での検討であるため,症例数が限られ,外科療法の時期や切除範囲の設定など,課題も見られた。今後も,症例数を蓄積するとともに,多施設共同研究や前向き研究も検討していきたい。
シンポジウム
教育研修会
サテライトセミナー
ランチョンセミナー
一般口演
ポスター
原著
  • —口腔内の現状と口腔機能管理に関する意識調査—
    小池 一幸, 椎葉 正史, 鎌田 孝広, 中原 寛和, 磯村 恵美子, 濱田 傑, 日野 聡史, 山森 郁, 大林 由美子, 日比 英晴, ...
    2020 年 69 巻 2 号 p. 179-189
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/27
    ジャーナル 認証あり
    Introduction: Oral healthcare management during hospitalization has been widely practiced; however, the outcomes are not always favorable. This indicates that oral conditions and problems associated with the needs of patients should be analyzed accurately. Thus, the Japanese Stomatological Society conducted an extensive survey targeting inpatients in general hospitals, aiming to comprehensively investigate the current status of oral functions and needs concerning oral healthcare management, and to enhance the current dental care system.
    Methods: Data was collected using a questionnaire survey of patients who received treatment in general hospitals in either November 2017 or January 2018.
    Results: The survey was conducted and a total of 2,280 valid responses (1,223 men and 1,057 women) were received from 26 medical and dental institutions. The mean age was 57.3 years and the mean length of hospital stay was 15.6 days, with a median of 9.0 days. At the time of discharge, 72.2% of patients had subjective symptoms related to the oral cavity. In contrast, the proportion of patients who saw a dentist during hospitalization was low (18.2%). The oral health of the hospitalized patients included common dental diseases, such as dental caries, periodontal disease, and diseases related to dental prostheses, but also those of oral dysfunctions, such as dry mouth, taste disorder, and difficulty in swallowing. Regarding diet type, 11.3% of the patients could not ingest a regular diet at the time of discharge. Of those, 82.6% wished to improve their diet type, and 67.5% believed that they could have their desired diet type if they improved their oral health condition. In terms of community cooperation after discharge, 80.5% of patients had a family dentist and only 46.1% of them visited their dentist on a regular basis.
    Discussion: This research indicated that many inpatients suffered from oral health problems and needed proper management. However, due to short hospitalization duration, there were limited opportunities to consult and undergo aggressive treatments for most inpatients, suggesting that there are serious issues to be resolved. Dental professionals, experts in diagnosis and treatment planning for oral care, should also contribute through extensive participation in diet and nutrition management. The data suggests that enhanced functional alliance between dentists and attending medical teams (i.e. medical doctors and other medical staff) and education of patients seeking their desired treatment during hospitalization itself would be crucial for the effective management of oral function during hospitalization. This could also lead to the maintenance of healthy oral functions at home.
feedback
Top