待遇コミュニケーション研究
Online ISSN : 2434-4680
Print ISSN : 1348-8481
最新号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
研究論文
  • テレビにおける美化語の分析から
    滝島 雅子
    2020 年 17 巻 p. 1-17
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    「美化語」とは敬語の5分類の1つで、主に敬語接頭辞の「お(ご)」が名詞に付いたものを言い、文化庁の「敬語の指針」では「ものごとを美化して述べることば」とされている。しかし、その様相は個人差・男女差・場面差があり、非常に複雑でわかりにくい。敬語接頭辞の先行研究は多岐にわたるが、語彙的研究が中心で、実際のコミュニケーションにおける機能や意識はまだ十分に明らかになっていない。そこで本研究は、実際のコミュニケーションの1つのケーススタディーとして、テレビの情報番組で使われる美化語に注目し、それぞれの場面で美化語がどのような意識で使われ、また、受け止められるのかについて、待遇コミュニケーションの枠組みを援用して分析を試みる。コミュニケーション主体(表現主体および理解主体)へのインタビューを通して、美化語の意識を分析することで、日本語のコミュニケーションにおける美化語の様相を明らかにし、日本語学習者の学びにつなげていくことを目的とする。

    調査は、①テレビ番組における美化語の抽出、②美化語の表現主体(発話したアナウンサー)へのインタビュー、③美化語の理解主体(視聴者)へのグループインタビューという3段階で行い、滝島(2018)ではインタビュー結果のコーディング分析により、表現主体・理解主体それぞれの美化語の意識が示された。本稿では、それぞれの意識を具体的な場面で詳細に分析することで、美化語の表現主体と理解主体の意識の精緻化を試みた。美化語を、「誰が誰に対して、何を、どんな場面で伝えるのか、あるいは、受け止めるのか」という待遇コミュニケーションの観点から観察することによって、表現主体・理解主体双方の多様な使い方・受け止め方が明らかになった。今後は、こうした多様な美化語のありようを踏まえた上で、日本語学習者が自己表現として主体的に美化語を使えるようにするための具体的な学習プランを考えていくことが課題である。

  • 連鎖を取り巻く「笑い」に着目して
    立見 洸貴, 望月 雄介
    2020 年 17 巻 p. 18-34
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    しばしば「日本人の討論は雑談になる」といわれることがあるが、日本語母語話者による討論が課題達成に向かっていないのかというとそうではなく、実際には、本筋の話題からの脱線やボケとツッコミによるやりとりなどを交えながら円滑に進められ、課題達成に指向している。本研究では、親しい間柄の3名によるカジュアルな討論場面における「笑い」が伴うボケとツッコミによるやりとりに注目し、その生起環境と談話展開上の機能について分析を行い、雑談性を生む過程の一端を示した。その結果、カジュアルな討論場面において、「ボケと解釈される可能性を有する発話」(以下、「ボケと提案の両義的発話」とする)は、議論が行き詰まり、それ以上の進展がみられにくいときに現れる傾向があった。これが「ボケ」と認定され「ボケ発話」として扱われると、他者からの「ツッコミ発話」が誘発される。こうしたボケとツッコミによるやりとりは、雑談性を生む要素であり、場を和ませ、何でも発言しやすい雰囲気を作っており、議論の進行を促進する機能を持っていると考えられる。「ボケと提案の両義的発話」は、談話展開上の「提案」の場面で、「提案」の形式と類似して現れていた。これは、発話が生じた時点では、「ボケ」であるか「提案」であるかは決定していないものである。つまり、「ボケと提案の両義的発話」が連鎖の第1部分として現れると、[提案]-[受諾/拒否]、あるいは、[ボケ]-[ツッコミ]のいずれかの行為連鎖が組織されるが、ここで、「笑い」が、積極的に[ボケ]-[ツッコミ]連鎖を組織するように導いていると考えられる。「ボケと提案の両義的発話」に付随する話し手による「笑い」は、当該発話を「ボケ」と解釈するようにその方向性を示唆する機能を有しており、話し手以外からの「笑い」が、[提案]-[受諾/拒否]の読みをキャンセルさせる機能を担い、遡及的に当該発話を「ボケ」として認識したことを表示し、さらに「ツッコミ発話」を誘発していた。

  • 会話の諸特徴、話者の心的状態の変化からの考察
    滕 越
    2020 年 17 巻 p. 35-51
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    本稿は、日本語母語話者の依頼会話について、会話上の諸特徴、話者の心的状態の変化の観点から、依頼における不快感の発生と変容にはどのような要因が関わっているのかについて考察したものである。

    研究手法は、オープン・ロールプレイを通して会話データを収集し、その後すぐアンケートで、話者の会話における不快感の度合いに関するデータを、フォローアップ・インタビューで会話における話者の心的状態の変化に関するデータを収集した。分析では、会話の諸特徴と話者の不快感に関連性があるかどうかを統計的に考察したのち、グラウンデッド・セオリー・アプローチを参考にインタビューデータをコーディングし、依頼において不快感が発生する(或いは不快感が発生しない)までの話者の心的状態をプロセス化した。

    分析の結果、会話の諸特徴と話者の不快感の度合いの関連性については、依頼の帰結(受諾/非受諾)、謝罪の回数、依頼先行発話の有無などの要因が、直接の話者の不快感につながっているという統計的根拠は得られなかった。

    話者の心的状態に関するインタビューデータの分析の結果、会話の参与者は、相手の発話を受けてから自分の発話をするまでの間に、発話内容の理解→発話への解釈→発話への評価→評価の調整、といったプロセスで心的状態の変化を繰り返しており、「発話への評価」がマイナスであり、「評価の調整」でマイナスでない方向に調整されなければ、不快感が生じることが明らかになった。

    さらに、「評価の調整」の段階では、短期的な状況・場面要因(例:相手のひっ迫した状況)、長期的な性格・関係性要因(例:相手の思慮深い性格、相手との良好な関係性)を想起すること、相手から共感的な発話を受けたと評価すること等がきっかけとなって、マイナス評価の打ち消しが起こることが今回のデータから明らかになった。

  • 徳間 晴美
    2020 年 17 巻 p. 52-67
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    本稿では、日本語学習者にとっての敬語学習の意味についての考察を深めることを目的に、敬語学習に向き合おうと思えない状態にあった学習者Kの事例を分析した。学習者Kは、これまでどのような経験で何を感じてきたのか、成功経験と失敗経験のエピソードを切り口に、敬語学習への向き合い方を方向付けていた意識や認識を質的分析により明らかにした。具体的には、学習者KのインタビューデータをSCAT(大谷2019)を用いて分析し、3つのパートに分けてストーリーライン(SL)を書き、理論記述を行った。

    SL1(これまでの敬語学習)からは、①対人的な意識の違いを理解するのが難しい場合、敬語使用に疑念を抱くことがある、②敬語学習に費やす時間的な負担を予測できる場合、敬語学習に向き合うことを躊躇し得る、という2つの理論記述を行った。SL2(成功経験と失敗経験)からは、①緊張感や躊躇を乗り越えて挑んだ敬語使用によって「褒められ」の経験をするといった成功経験は、幸福感までをももたらす、②敬語の能力不足がコミュニケーションのやりとりを途絶えさせるといった失敗経験は、さらなる学習の必要性を痛感させる、③成功経験で得た手ごたえと、失敗経験で痛感した難しさの波に揺さぶられながら、学習者は自分が欲する敬語使用のあり方を模索する、という3つの理論記述を行った。最後のSL3(これからの敬語学習)では、敬語学習は大切だが大変であるという認識が他者にもなされていることにより、安心感を得る、という1つの理論記述を行った。

    最後に、これらの結果を期待価値理論および動機付け研究の知見に基づいて考察した上で、敬語教育は、敬語学習に向き合うか否かの選択は学習者に委ねられているという前提に立ち、学習者が、敬語学習との向き合い方に関して模索や葛藤ができる基盤を形成する場となることが重要であるという考えを示した。敬語の使い方が自己表現につながるという認識を学習者が持ち、自分にとっての敬語について考えることで、学習者個々の日本語でのコミュニケーションを「自分らしさという彩」を帯びたものにできるという考えを示した。

  • 「前提」の違いから派生した「ずれ」の事例から
    馬場 美穂子
    2020 年 17 巻 p. 68-84
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    本研究では、コミュニケーションの「ずれ」1、特に、コミュニケーションや人間関係にマイナスの影響を及ぼし得るずれに着目し、それらを残さないための方策を検討すべく、やりとりの中で生じた違和感を指標として、ずれの実態を探った。

    調査方法としては、近年日本において増加している接触場面に焦点を当て、3組の日本語母語話者・非母語話者の初対面ペアに30分間会話をしてもらい、後日、協力者双方にフォローアップ・インタビューを実施した。そして、その語りから違和感が生じた場面およびその後のやりとりに関する意識を質的分析法により抽出し、同場面での相手の意識と比較しながら会話データを詳細に観察することで、そこで起きていたずれの様相とその行方を分析・考察した。

    調査で得た20件の違和感のデータを分析した結果、マイナスの違和感の背後には複数のずれが生起しており、自身の認識する違和感の原因が実際のずれと一致していない場合が多いことが分かった。そのずれの原因としては、違和感を覚えた相手の言動を自身の持つ「前提」2を基準として解釈し、実際のずれの所在を探る働きかけをしなかったことや、相手の働きかけに気づかなかったこと、相手への配慮から違和感を表出しなかったことが挙げられ、それにより相手の意図を誤解したまま違和感として残るケースが確認された。つまり、違和感をやり過ごすことが少なくない現状は、結果として問題のあるずれが残ることにつながっていると言える。逆に、やりとりの中で違和感が解消された件においては全て、ずれの所在を探り、解消するための働きかけがなされていたことから、違和感を覚えた際には、全く表出しないという配慮ではなく、感じたずれを伝えるための工夫や、共にずれを解消していくための工夫をするという配慮をしながらやりとりしていくことの重要性が示された。

  • 待遇コミュニケーション論の観点から
    李 婷
    2020 年 17 巻 p. 85-101
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    本研究の目的は、待遇コミュニケーション論の観点から、これまでそれぞれが個別に研究されてきたメタ言語表現とコミュニケーションのメタ認知の関係を明らかにすることである。そのために、収集した自然談話資料で実際に使用されたメタ言語表現について、コミュニケーションの当事者にそれぞれフォローアップインタビューを行った。

    まず、1)メタ言語表現の生成過程においてどのようなメタ認知的活動が行われうるのかを示し、2)メタ言語表現の使用とコミュニケーションのメタ認知の関係について4パターンにまとめることで、分析の射程と留意点を明確にした。それから、1)と2)を踏まえた上で、「人間関係」、「場」、「意識」、「内容」、「形式」に言及するメタ言語表現(「僕も人のことを言える立場じゃないけど、」、「やっぱ、家族を持ってる方は、言うことが違うなあ!リアルだわ。」、「ちょっと食事の前であれなんだけれども、」、「別にうちの娘を自慢してもしょうがないんだけど、」、「青春時代に傷ついたことがあって、」、「簡単に言うと、」)を取り上げ、コミュニケーション主体に実施したフォローアップインタビューで得られた語りからコミュニケーションのメタ認知を探った。

    結果として、メタ言語表現の使用に関わるメタ認知的知識とメタ認知的活動が確認でき、「事後段階」の深い内省と本人でしか語れない示唆が得られている。部分的、断片的ではあるが、コミュニケーション主体の語りには、メタ言語表現の使用とコミュニケーションのメタ認知の結びつきが示されている。また、コミュニケーション主体として持っているメタ認知的知識に基づいた上で、コミュニケーション行為を遂行しながらメタ認知的モニタリングの下で、メタ言語表現によってコミュニケーションを調整し、メタ認知的コントロールを行うというプロセスは、コミュニケーション主体の語りによって具現化されたのではないかと思う。

2019年待遇コミュニケーション学会春季大会・秋季大会研究発表要旨
  • 決定木分析の結果からの一考察
    勝 成仁
    2020 年 17 巻 p. 102
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    日本語では、相手を呼ぶとき呼び捨てで名前を呼ぶだけでなく、「自身の性別」「相手の性別」「立場関係(年上・同世代・年下)」「親疎関係」など、様々な要因によって「~さん」「~くん」「~ちゃん」と呼ぶこともあり、これらの要因は複雑に絡み合っている。先行研究では、日本語の呼称の待遇的機能に着目したものは多く見られるが、日本人大学生や日本語学習者の呼称の使用実態に着目した研究は少ない。そこで本研究では、日本の大学に所属している日本人大学生(79人)と日本語学習者(34人)に対し、「①呼称選択に関して、日本人大学生と日本語学習者の間にどのような差があり、それはどのような要因によるものか」「②日本の大学に所属している日本語学習者の中で日本語のレベルや日本への滞在期間によって呼称選択の要因に変化はみられるか」という2点を明らかにするためにGoogle-formによる質問紙を用いた調査を行い、決定木を用いて分析した。

    全体の結果から、呼称を選択する際に「自身の性別」は結果に影響を与えておらず、呼称を選択する最も強い要因は「立場関係」であり、<年上>に対して「苗字さん」(35%)が最も多く使われていたことが分かった。次に<同世代、年下>に対しては「相手の性別」による影響が強く、<同世代、年下>の<女性>に対しては「苗字さん」(30%)が最も使われていた。その中の<親しい相手>に対して、日本人大学生は「呼び捨て(名前)」(37%)を、日本語学習者は「名前ちゃん」(35%)を最も使用しており、この結果から日本語学習者が名前に「ちゃん」を付け加えることで相手への親しみを表している可能性が示唆された。次に日本語学習者のみの結果から、「日本語のレベル」は結果に影響を与えていないことが分かり、呼称を選択する最も強い要因は「自身の性別」であることが分かった。<男性>の日本語学習者(13人)は「呼び捨て(名前)」(32%)を、<女性>の日本語学習者(21人)は「苗字さん」(51%)を最も使用していることが分かった。また、「滞在期間」によっても有意な差は出たが、結果が「<1年未満><3年以上>」と「<1~2年><2~3年>」で分かれ、長さに比例して変化が見られたわけではなく、この結果からだけでは「滞在期間」が呼称選択要因に与えている影響について明らかにできなかった。今後は日本人大学生や学習者へのインタビュー調査を通して、今回の調査で明らかにできなかった点や呼称を選択する際の困難点などについて調べていく必要があると考えられる。

  • 会話の結果と話者の心的状態変化のプロセスからの分析
    滕 越
    2020 年 17 巻 p. 103
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    依頼は、 Brown and Levinson (1987) のポライトネス理論において、本質的にネガティブ・フェイスを侵害する言語行為とされており、衝突や不快感を招きやすいとして多くの研究の対象となっている。しかし、会話の中での不快感の発生や心的状態の変化については、十分な根拠を以って論じられていない。そこで、本研究では、(1)依頼会話の結果と両話者の不快感の関連性、(2)両話者の心的状態の変化のプロセスおよび依頼における不快感の発生にかかわる心的要因の2点を明らかにすることを目的とした。

    調査は、同性の友人同士である日本語母語話者10ペアを対象に、オープン・ロールプレイを用いて「依頼会話のデータ」を、5件法のアンケート及びフォローアップ・インタビューを通して「不快感に関するデータ」を、3場面、計30例分収集した。

    分析結果は以下の通りである。

    (1) 依頼会話の結果と両話者の不快感の関連性については、話者個人の不快感の度合いに関する5件法のアンケートの結果に対し、場面、会話の結果、割り当てられた役割の3つの要因を説明変数として順序ロジット分析を施した。その結果、場面要因のみが有意であり、結果と役割の2要因と不快感との間に、統計的に有意な関連性は得られなかった。

    (2) 話者の心的状態の変化のプロセスについて、「依頼側:急で面倒な課題の協力をお願いする×受け手:指定された期間はかなり忙しい」という『課題協力』の場面に対し、質的分析法のGTAを参考にフォローアップ・インタビューの結果を分析した。その結果、両話者ともに、相手の発話を受けてから自分の発話をするまでに、「発話内容の理解→発話への評価→暫定的な心的状態→評価の調整」のプロセスを経ており、さらに自分の発話を通して「心的状態の調整」を行うことがあり、これらが1場面の会話の中が繰り返されることが分かった。また、「発話への評価」がマイナスであり、「評価の調整」でマイナス評価を打ち消さない限り、不快感が生じることが明らかになった。さらに、依頼の受け手は、「評価の調整」において、「相手のひっ迫した状況の想起」、「相手の性格・関係性の想起」、「相手からの共感的発話を受ける」ことによって、マイナス評価を打ち消し、不快感を回避することができることが示された。

  • 日本語教育における「新しい表現」の位置づけの検討
    谷口 友香
    2020 年 17 巻 p. 104
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    「テモラッテモイイデスカ」は、気になる表現として度々取り上げられてきたものの、その評価は分かれている。本発表では、「新しい表現」の一例として「テモラッテモイイデスカ」の実態調査および意識調査を行い、この表現に対する評価が分かれる要因を考察した上で、「新しい表現」の日本語教育への位置づけを検討した。

    実態調査では、まず『現代日本語書き言葉均衡コーパス(Balanced Corpus of Contemporary Written Japanese)』を対象に書き言葉の用例を13件収集した。内訳はモラウ系11件、イタダク系2件であり、言語形式のバリエーションは「テモラッテ(モ)イイカナ」5件、「テモラッテ(モ)イイ(ヨイ)デスカ」3件を始めとする4種類であった。次にテレビ番組を調査し話し言葉の用例を16件収集した。内訳はモラウ系10件、イタダク系6件であり、バリエーション別では「テモラッテ(モ)イイデスカ」7件、「テイタダイテ(モ)イイデスカ」4件を始めとする5種類であった。これらは書き言葉と異なる傾向が表れた一方で、後の発話調査との共通性も見られた。また、20~80代まで男女16人の発話に観察された。意識調査は、20~60代の日本語母語話者、男女9名を対象に発話調査、選択肢調査、フォローアップインタビューを行った。調査協力者の語りから、コミュニケーション主体が従来指摘されてきた「丁寧さ」「配慮」「恩恵」「親しさ」の明示にとどまらず、人間関係や場、形式などの要素を考慮し表現を選択している意識が明らかになった。コミュニケーション主体の意識は「申し訳なさ」、「相手への期待」の明示、「自己の見え方への意識」など多様であり、また、親疎関係より上下関係やそれに伴う利害関係を意識したり、自分の言語観に照らし合わせ、時に「打算的に」表現の使用不使用を判断したり、使用する場合はバリエーションの選択を行ったりしていた。このように「テモラッテモイイデスカ」は工夫しやすい表現として積極的に選択されていた。一方で、コミュニケーション主体が適切だと捉える形式や手段とのずれが認識されると、この表現を否定する意識につながっており、評価の分かれる要因となっていた。

    生活者としての学習者が増える中、円滑なコミュニケーションを目指す表現の工夫として、日本語教育は「新しい表現」を否定的な文脈で語るだけではなく、その言語的役割、その表現を用いるコミュニケーション主体の意識や背景を知る努力が求められている。

  • 「前提」の違いから派生した「ずれ」に着目して
    馬場 美穂子
    2020 年 17 巻 p. 105
    発行日: 2020/02/01
    公開日: 2020/02/01
    ジャーナル 認証あり

    本研究では、接触場面におけるコミュニケーションのずれに焦点を当て、特に、コミュニケーションや人間関係にマイナスの影響を及ぼし得るずれを残さないための方策を検討するために、コミュニケーション主体が覚えた違和感を指標としてずれの実態を探った。

    調査方法としては、3組の日本語母語話者・非母語話者の初対面ペアに30分間会話をしてもらい、後日、協力者双方にFUIを実施、やりとりの中で違和感を覚えた箇所について語ってもらった。そして、その語りから違和感が生じた場面とその後のやりとりに関する意識を質的分析法により抽出し、同場面での相手の意識と比較しながら会話データを詳細に観察することで、そこで起きていたずれの様相とその行方を分析・考察した。

    調査で得た20件の違和感のデータを分析・考察した結果、コミュニケーション主体が違和感を覚えたのは、①相手のコミュニケーション展開の仕方や発言内容、様子などが自身の持つ「前提」(蒲谷他 2019)と異なると感じた時、または、②理解・伝達やコミュニケーション展開がうまくいっていないと感じた時、であった。しかし、これらの違和感の多くは、根本にあるずれではなく、そこから派生したずれに対するものであり、自身で認識する違和感の原因と実際のずれが一致していないケースが多いことが分かった。この不一致の原因としては、違和感を覚えた相手の言動を自身の持つ「前提」を基準として解釈し、実際のずれの所在を探る働きかけをしなかったことや、相手への配慮から違和感を表出しなかったこと、つまり、違和感をやり過ごしたことが挙げられ、それにより相手の意図を誤解したままマイナスの違和感として残ることとなった。また、一方がずれの所在を探ろうと働きかけても、相手が互いの持つ「前提」に差異があることに考えが及んでいない場合には、その働きかけは見逃され、ずれの解消には至らなかった。

    これらの結果から、コミュニケーションにおいて問題なのは、ずれが生じること自体ではなく、その原因を自身の解釈により別のところに帰属させてしまうことであると分かる。人は無意識のうちに自身の持つ「前提」を基準に理解や伝達を行っている場合があることを今一度認識し、ずれが相手に起因すると判断して完結する前に、伝え方を工夫しつつ違和感を表出し、ずれの所在を適切に把握すべく働きかけをしていくことが不可欠である。

編集後記
feedback
Top