季刊地理学
Online ISSN : 1884-1252
Print ISSN : 0916-7889
60 巻 , 4 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 山本 健太
    2008 年 60 巻 4 号 p. 185-206
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は韓国におけるアニメーション産業の集積と特質を企業間取引と労働者の活動実態の分析により明らかにすることである。韓国における当該産業はソウルに集積し, 日本および欧米制作企業からの受注業務が最大の売上額を占める。しかも, 取引および生産の様式が受注先国によって異なる特徴をもつ。日本を主要な取引国とする企業において, 企業間取引は日本の特定制作企業との間に, 相互の信頼関係を重視した固定的取引関係を構築している。日本におけるアニメーションの性質上, 納期は最短で1日と短い。また, 現場での柔軟な対応が要求される。そのため, 企業は労働者をフリーランサーとして雇用することで, 仕事の多寡やスケジュール変更に対応している。フリーランサーの仕事は所属する企業に依存する。また新規参入者の経歴は多様である。そのため彼らの多くは技術的に未熟な状態で参入し, 専門的な技術は現場での人的つながりによって獲得される。労働者がソウルにおいて仕事を継続する理由には, 産業自体への近接性のほか, 仕事仲間の存在や, ともに仕事をしたい労働者の存在が挙げられ, 労働者間のつながりを意識していることが指摘される。一方で, 欧米を主たる取引国とする企業では, 制作企業は多様な関連産業との問で取引をしている。また, 取引に際し, 企業の社会的信用を重視する。自社に対する信用は場所のネームバリューや生産量および資本の安定性によって評価されると考えている。そのため, 制作企業はCBD近隣にオフイスを構える傾向をみせる。これらの企業においてもまた, 多くの労働者はフリーランサーとして雇用される。彼らの就業後の技術習得機会については, 担当職種に応じて多様な機会を選択する。労働者の仕事の受注活動については所属企業外からの受注もみられる。彼らもまた, ソウルにおいて仕事を継続する理由として当該産業への近接性, 仕事獲得の窓口となる仕事仲間とのつながりを重視している。以上のように, 企業間取引および労働市場の特徴から, 韓国におけるアニメーション産業はソウルに集積している。
  • 澤田 康徳
    2008 年 60 巻 4 号 p. 207-219
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    本研究では, 教育学部の社会科教職科目における自然環境学習の構築を主眼とし, アンケート調査に基づき, 地域性を主体とした自然環境事象の属性内容 (事象の地域性, 事象と現代社会との関わり, 事象の仕組み, 事象の時間的変動性) に対する興味・関心特性を把握した。
    属性内容に関して主成分分析を施したところ, 事象の全体的な興味・関心の程度を示す第1主成分とともに, 社会科的属性内容 (事象の地域性, 事象と現代社会との関わり) を示す第2主成分が得られた。第2主成分の成分得点は気圏事象では正を示し, これは, 不可視的で時間的・空間的変動が大きく, 地表面上で生起する具体的イメージ形成が難しいことによると想定される。そのため大学生は気圏事象については, 事象の地域性よりも事象と現代社会との関わりに対して高い興味・関心を示す。一方, 可視的で具体的な事象については, 地域で事象が生起するイメージが形成しやすい。ただし, 水圏事象 (正の得点) は大学生の興味・関心が居住地周辺に規定されており, 空間的広がりをもった地域性に対しては興味・関心が低い傾向がある。大学生が興味・関心を示す地圏事象 (正, 負の得点) については, 事象と現代社会との関わりとともに事象の地域性に対しても高い興味・関心が示された。
    主成分分析において理科領域的属性内容 (仕組みや時間的変動) に対する興味・関心の寄与が大きくなかったことは, 調査対象者が社会科教育系科目の受講生であったことを反映していると考えられる。また, 今後の自己学習における情報獲得手段は, 既得した情報媒体などに強く依存する傾向が認められた。
  • 山下 脩二
    2008 年 60 巻 4 号 p. 220-222
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
  • 2008 年 60 巻 4 号 p. 223-248
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
  • 2008 年 60 巻 4 号 p. 249-250
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top