季刊地理学
Online ISSN : 1884-1252
Print ISSN : 0916-7889
61 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
研究ノート
  • 野村 幸加, 吉田 圭一郎
    2009 年 61 巻 4 号 p. 225-233
    発行日: 2009年
    公開日: 2012/03/15
    ジャーナル フリー
    本研究は,東京ディズニーランドに対して抱くイメージを,その対象者の地域的な背景,特に対象者との距離に着目して明らかにした。居住地の異なる大学生を対象に,SD法に基づいた評定尺度法調査を行い,因子分析を適用して,イメージの構成要素を抽出した。また,因子得点をもとに,東京ディズニーランドまでの距離によるイメージの差異を検証した。因子分析の結果から,東京ディズニーランドのイメージは,主に「心理的因子」,「視覚的因子」の2つの要素によって構成されていた。第1因子である心理的因子には,「わくわくする」「楽しい」など対象者の主観的な感情が表れており,第2因子の視覚的因子は「静か」「緑が多い」といった景観を客観的に捉えたものであった。スピアマンの順位相関係数によると,心理的因子は距離と関係があり,その理由としてカリギュラ効果が考えられた。また,訪問回数を介して距離が視覚的因子に影響を与えていると考えられた。
短報
フォーラム
feedback
Top