季刊地理学
Online ISSN : 1884-1252
Print ISSN : 0916-7889
検索
OR
閲覧
検索
64 巻 , 2 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究ノート
  • 森屋 洋, 檜垣 大助, 早田 勉
    64 巻 (2012) 2 号 p. 49-59
    公開日: 2013/05/11
    ジャーナル フリー
    谷地地すべり地域において,林道切土法面を観察し,火砕流堆積物の分布範囲,火砕流堆積物と地すべり移動地塊の内部構造の確認を行うとともに,テフラ分析を行った。その結果,火砕流堆積物は二種類あり,それらは前期更新世に噴出した湯浜火砕流堆積物もしくは約20万年前以前に噴出した不動山火砕流堆積物と同定される二つのユニットであると判断された。火砕流堆積物については,泥岩礫の中に混入している,破砕泥岩あるいは別の火砕流堆積物と急角度で接している,破砕泥岩の上を覆っているなどの3つの状態が観察された。このような内部構造の観察結果と空中写真による微地形判読結果を総合すると,当該斜面では約20万年前以前から地すべりが発生しており,さらに火砕流堆積物の堆積後にそれらを巻き込んだ地すべりと現在の微地形を形成した地すべりが存在することが明らかとなった。
    抄録全体を表示
  • 大和田 美香
    64 巻 (2012) 2 号 p. 60-73
    公開日: 2013/05/11
    ジャーナル フリー
    本稿では,南部スーダン(現 南スーダン)の首都ジュバにおける労働市場の現状を,人材ニーズの高い企業への聞き取り調査から明らかにする。また,現地の技能人材の育成がどのように行われているのかを,職業訓練事業の訓練卒業生への聞き取りから分析した。調査から分かったことは,第一に,建設業,自動車整備業,ホテルサービス業の各業種で,国内資本か否かによる従業員構成の違いが存在することである。企業内の職位については,外国人労働者が南部スーダン出身の労働者に比べて相対的に高い職位に就いていた。その背景には,紛争による南部スーダンの学校教育の停滞や,ウガンダやケニアなどの近隣国出身者の就業機会を求めた流入がある。南部スーダン人人材の育成が求められる状況の中,ジュバでは国際協力機構の職業訓練プロジェクトにより,技能を持った人材を育成し,就業に一定の効果を挙げていることが分かった。しかし,半数以上が期限付きの契約ベースの雇用である状況も分かった。
    抄録全体を表示
フォーラム
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top