季刊地理学
Online ISSN : 1884-1252
Print ISSN : 0916-7889
検索
OR
閲覧
検索
67 巻 , 2 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 松本 江利奈, 宮澤 仁
    原稿種別: 論文
    67 巻 (2015 - 2016) 2 号 p. 69-86
    公開日: 2015/10/24
    ジャーナル フリー
    東京都世田谷区におけるコミュニティサイクル(CCS)の利用者調査の結果からその利用特性を明らかにし,地域の交通特性と関係づけながらCCSの役割を考察した。世田谷区のCCSは,主に区内在住者が区外へ,区外在住者が区内へ通勤・通学する際の末端交通として利用され,利用者の多くは徒歩や私有自転車,公共交通の利用から転換した者であった。また,利用者は,利用決定理由と利用開始後の評価として駐輪場所の確保と費用面の有利さ,区内目的地までの所要時間短縮の効果を主にあげていた。このような利用特性は,鉄道を使った通勤・通学移動の発地と着地の双方に該当する世田谷区の地域特性によるものであり,それゆえに平日の調査日には自転車を同一の専用駐輪場で借出・返却した者が多かった。しかし,非就業・通学者や日曜日の利用者にはCCSの特長である自転車を別の駐輪場で借出・返却した者が比較的含まれており,利用開始後の評価からも毎日ではなくとも状況や目的に応じて利用駐輪場を借出・返却で変える者は少なくないことが示唆された。
    抄録全体を表示
  • 田村 眞一
    原稿種別: 論文
    67 巻 (2015 - 2016) 2 号 p. 87-100
    公開日: 2015/10/24
    ジャーナル フリー
    本稿は,岩手県釜石市唐丹町にある測量之碑と星座石について,建立者葛西昌丕の事績を調べた第3番目の論文である。 
    測量之碑の重要な点は,西洋の説の地球微動の存在に言及したことである。伊能の頃,北極出地の精度不足のため地球微動を確認出来なかった。葛西は後世の人々に,地球微動の確認を要請したのである。地球微動とは,西洋天文学の影響を受けた概念であり,その上オランダ語版のラランデ書が移入されたばかりで,この中に記述された章動を意識したものと思われる。 
    このような知識を葛西はどこで得,その学問の源は,どこかが明らかにされるべき課題である。わずかに残る断片的資料によって明らかにする試みをした。2004年に公表され,その存在が明らかになった伊能のアメリカ大図,及びほぼ10年以上も前に発見された明治初期の頃の唐丹村絵図を基に新しく明らかになった諸点をまとめた。葛西の学統を明らかにする目的で,彼の個人的事情を把握するため,家系を明確にする試みをし,ほぼ完全な家系図が得られた。 
    そして,葛西を取り巻く人々との関係を考察し,葛西の学識は仙台で得られたと結論するに至った。
    抄録全体を表示
大会記事/学会記事
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top