Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
検索
OR
閲覧
検索
最新号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
アナウンスメント(英語)
コンテンツ(英語)
ミニレビュー(英語)
  • Yoshihiro Kamada, Eiji Miyoshi
    29 巻 (2017) 170 号 p. E85-E92
    公開日: 2017/11/25
    ジャーナル 認証あり

    Nonalcoholic fatty liver disease (NAFLD) is a growing worldwide medical problem. NAFLD includes non-progressive nonalcoholic fatty liver (NAFL) and progressive nonalcoholic steatohepatitis (NASH). NASH can develop into liver cirrhosis and hepatocellular carcinoma. Thus, distinguishing NASH from NAFL is very important. Currently, the diagnosis of NASH requires the histological assessment of liver fibrosis and ballooning hepatocytes from a liver biopsy. Before now, various laboratory tests have been reported to be available for NASH diagnosis, although their diagnostic abilities are poor. Development of a single biomarker that can accurately diagnose NASH is urgent. We found that Mac-2 binding protein (Mac-2bp) is a novel NASH biomarker suitable for the prediction of liver fibrosis severity in biopsy-proven NAFLD patients. Recently, Wisteria floribunda agglutinin (WFA)-positive Mac-2bp (WFA+-M2BP) was reported as a novel and useful liver fibrosis biomarker for chronic hepatitis type C. WFA+-M2BP represents Mac-2bp modified with the glycan structure recognized by WFA. In this minireview, we describe the use of Mac-2bp and WFA+-M2BP as NAFLD biomarkers based on our recent studies.

    抄録全体を表示
  • Hironori Izawa, Yuki Takechi Haraya, Kohsaku Kawakami
    29 巻 (2017) 170 号 p. E93-E98
    公開日: 2017/11/25
    ジャーナル 認証あり

    Rationally designed artificial polysaccharides have interesting functions that natural polysaccharides lack. Recently, we found that β-cyclodextrin–grafted chitosan formed supramolecular aggregates that showed interesting functions, leading to pharmaceutical applications such as the enhancement of intentional absorption of insulin and cholesterol efflux from cells. Here we introduce our works concerning cyclodextrin-grafted chitosan for pharmaceutical application.

    抄録全体を表示
グライコトピック(英語)
ミニレビュー(日本語)
  • 鎌田 佳宏, 三善 英知
    29 巻 (2017) 170 号 p. J61-J68
    公開日: 2017/11/25
    ジャーナル 認証あり

    非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は肥満者人口の増加に伴い、世界中で増加している。NAFLDは非進行性の非アルコール性脂肪肝(NAFL)と進行性の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に大別される。NASHは肝硬変、肝がんへと進展しうる。そのため、NAFLDからNASHを鑑別することはとても重要である。NASH鑑別診断のためには現時点では肝生検による組織学的評価が必須であり、なかでも肝線維化と風船様肝細胞が最も重要な所見である。これまでにNASH診断に有用性のある様々な臨床検査が報告されてきたが、その診断能は低く、満足できるものはない。医療経済的な面も考慮するとNASHを正確に診断できる単一バイオマーカーの開発が急務である。我々は新たなNASH鑑別バイオマーカーとしてMac-2 binding protein(Mac-2bp)を見出した。さらに、肝生検にて確定診断したNAFLD患者を対象にした検討でMac-2bpがNAFLD患者の肝線維化の予測バイオマーカーであることも見出した。最近、Wisteria floribunda Agglutinin(WFA)陽性Mac-2bp(WFA+-M2BP)がC型慢性肝炎の新規肝線維化バイオマーカーであることが報告され、臨床応用されている。WFA+-M2BPはWFAで認識される糖鎖構造を有したMac-2bpである。このミニレビューではMac-2bpとWFA+-M2BPのNAFLDバイオマーカーとしての有用性について最近の我々の研究を元に概説したい。

    抄録全体を表示
  • 井澤 浩則, 原矢 佑樹, 川上 亘作
    29 巻 (2017) 170 号 p. J69-J74
    公開日: 2017/11/25
    ジャーナル 認証あり

    合理的にデザインされた人工多糖は、天然多糖が持たない興味深い性質を有する。最近、我々は、シクロデキストリングラフト化キトサンが様々な超分子凝集体を形成すること並びに、それらがインスリンの腸管吸収促進効果やコレステロール引き抜き能など、医薬応用につながる興味深い機能を有することを報告した。本稿では、我々のシクロデキストリングラフト化キトサンの医薬応用に関する研究を紹介する。

    抄録全体を表示
グライコトピック(日本語)
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top