糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
39 巻 , 7 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 春日 明, 丸山 太郎, 小澤 ゆか子, 猿田 享男
    1996 年 39 巻 7 号 p. 497-502
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    インスリン依存型糖尿病 (IDDM) にはglutamic acid decarboxylase (GAD) 抗体が出現することが知られているが, GADには, 分子量65,000 (GAD65) と67,000の2つのisafarmが存在し, 膵β細胞には, おもにGAD65が発現している. 今回, 新しい測定法であるradioiigand bindingassayを用い日本人糖尿病患者におけるGAD65抗体の意義を明らかにした. IDDM患者56例中28例 (50.0%), slowly progressive IDDM (SPDM) 30例中14例 (46.7%) にGAD65抗体を認めた. インスリン非依存型糖尿病 (NIDDM) では153例中9例 (5.9%) GAD65抗体陽性であったが, 健常人に比して (2/115, 1.7%) 有意差を認めなかった. 発症直後の陽性率は, IDDMで76.5%, SPDMで7L4%であり経年的に減少した0抗体価もIDDM, SPDMともに罹病期間とともに減少した.radioligand binding assayは, 手順の簡便さ, costの低さ, 感度・特異度の高さという利点に加え再現性が良好であり, 日本人NIDDMでのscreening検査として有用であると考えられた.
  • 佐々木 陽, 上原 ます子, 堀内 成人, 長谷川 恭一, 清水 孝郎
    1996 年 39 巻 7 号 p. 503-509
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    喫煙が糖尿病患皆の生命予後に及ぼす影響を長期経過観察により検討した. 対象は当センターの登録糖尿病患者のうち, 喫煙状況の明らかな35歳以上のNIDDM患者1, 700例で, 平均観察期間は14.8±6.5年, 喫煙率は男64.6%, 女13.1%であった0男における非喫煙者1,000人年対死亡率は32.13であるのに対し, 喫煙者は37.46, またO/E比はそれぞれ1.26対1.84で, 喫煙者に有意に高値であった. また, 非喫煙者に対する喫煙者のOdds比は1.45となり, 喫煙者は非喫煙者より死亡リスクが有意に高いことが見いだされた0そこで, 喫煙者と非喫煙者の死因をOdds比によって比較すると, 喫煙者では悪性新生物が増加し, とくに肺がんの増加が著しいが, 同時に胃, 肝など他の部位のがんの増加もみられた. 喫煙者ではさらに心疾患, 脳血管疾患などの大血管疾患および腎疾患の増加がみられた. そのほか, 肺炎・気管支炎の増加も顕著であった.
  • 國府田 尚子, 長坂 昌一郎, 松本 千明, 粟田 卓也, 本多 一文, 岡田 耕治, 松田 文子, 石川 三衛, 岩本 安彦, 葛谷 健, ...
    1996 年 39 巻 7 号 p. 511-516
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2011/08/04
    ジャーナル フリー
    ミトコンドリア遺伝子の3243点変異 (A→G) を伴う糖尿病は, しばしば感音性難聴を合併するが, 同じ遺伝子異常を示すMELASを併発することは稀とされる. 我々は糖尿病と感音性難聴が先行し, 経過中MELASの症状を呈した3243変異を伴う症例を経験したので報告する. 症例は36歳男性, 母系遺伝の糖尿病の家族歴あり. 現病歴は26歳で感音性難聴出現, 27歳で糖尿病と診断され, 29歳からインスリン治療中. 家族歴, 難聴からミトコンドリア遺伝子異常を疑い, 末梢血DNAの分析から3243変異を見いだした. 33歳時に原因不明の意識消失発作の既往があり, 髄液の乳酸・ピルビン酸値の上昇, 筋生検でragged-red fiberを認め, MELASと診断された. CoQ10療法開始前後で, 血清・尿Cペプチドに差を認めなかったが, 髄液乳酸・ピルビン酸値は軽度低下した. 3243変異, 感音性難聴を主徴とする糖尿病症例においても, MELASの臨床症状の出現に留意して経過を観察すべきと思われた.
  • 溝田 美智代, 佐伯 明子, 青木 かを里, 佐藤 麻子, 黒木 宏之, 笠原 督, 内潟 安子, 高橋 千恵子, 大森 安恵
    1996 年 39 巻 7 号 p. 517-522
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    先に糖尿病を発症したindex twinの方が, 2年後に発症したco-twinより良好な内因性インスリン分泌を保持している一卵性双生児を経験した. index twinは29歳男性, 一卵性双生児の弟, 口渇, 多飲, 多尿を主訴に受診, ケトーシスも認めたためインスリン療法を開始し, 血糖コントロールは良好となったが, 発症から2年後の現在も尿中CPR78.8μg/dayと内因性インスリン分泌は保たれている. co-twinは31歳男性, 一卵性双生児の兄, index twinの発症2年後に口渇, 多飲, 多尿を主訴に受診し, ケトーシスも認めた. インスリン療法を開始し, 血糖コントロールは良好となったが, 内因性インスリン分泌の低下を認めIDDMと診断した. 糖尿病発症に及ぼす遺伝因子の影響やIDDMとNIDDMの共通性の問題から興味ある症例と思われた.
  • 大角 誠治, 朝日 寿実, 小林 正, 小幡 賢一
    1996 年 39 巻 7 号 p. 523-526
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    We have developed a sensitive EIA which allows direct determination of the concentrations of urinary type IV collagen (uCL-IV).
    Specimens of both spot urine and first urine in the morning were obtained from 35 normal subjects (24males, 11 females) aged 21 to 54 (32.0±9.4, mean±SD) years old.Urinary concentrations of CL-IV were 4, 02±1, 86μg/g Crin the spot urine, and 2.16±0.79μg/gCr in the first urine. The first urine is not influenced by physical activity during the day, and the results suggest that the first urine is preferable for the determination of uCL-IV. The reference value in the first urine is below 3.74μg/gCr in normal subjects.
    Urinary CL-IV excretion was significantly increased in diabetic subjects with nephropathy: 5.00±3.68μg/gCr in 26 diabetics with incipient nephropathy, and 24.1±17.7μg/gCr in 22 diabetics with overt nephopathy.
    CL-IV is a structural protein unique to the basement membrane (BM). Pathological findings in glomeruli of the diabetic kidney are thickening of the BM and expansion of the mesangial area. Augmented expression of CL-IV has also been reported. The evaluation of uCL-IV by direct assay provides information on the activity of structurally altered glomerular processes, and will thus contribute to better management of diabetic nephropathy.
  • 河盛 隆造, 望月 健太郎, 田中 逸, 木下 潤一朗, 渡辺 賢治, 島田 聡, 大村 千恵, 遠藤 直美, 丹羽 正孝, 有坂 知之, ...
    1996 年 39 巻 7 号 p. 527-530
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    The effect of the additional administration of α-glucosidase inhibitor on glycemic regulation in NIDDM patients treated with gliclazide was investigated.
    Sixteen outpatients (8 males and 8 females) with NIDDM who showed good to fair glycemic control under gliclazide administration were enrolled into the present study.
    At the time of α-glucosidase inhibitor administration (acarbose or voglibose), the daily doses of gliclazide were halved. Thereafter, the doses of gliclazide were adjusted to achieve better glycernic control, according to blood glucose and, glycated albumin concentrations. After 12-weeks caf α-glucosidase inhibitor administration, the daily doses of gliclazide required for effective glycemic control diminished from 64±35 to 48±31 mg/day. Levels of glycated hemoglobin and glycated albumin decreased significantly from 7.1±0.3 to 6.8±0.2%, and from 18.9±1.1 to 17.2±1.0%, respectively, Plasma glucose concentrations at 2-hr after breakfast also decreased significantly from 166±28 ta 123±27 mg/dl. Hypoglycemic episodes did not oceur throughout the iiivestigatiori period.
    These observations indicate that the present therapeutic approach to treatmeiit of postprandial hyperglycemia in patients vvith NIDDM is efficient and safe, suggestillg that the regimell leads to prevention af the exhaustion of pancreatic beta cell function.
feedback
Top