糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
54 巻 , 5 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
ミニレビュー
原著
  • 荒木 威, 石川 善英, 岡崎 仁, 谷 慶彦, 豊岡 重剛, 佐竹 正博, 三輪 梅夫, 田所 憲治, 日赤グリコアルブミン検査研究グルー ...
    2011 年 54 巻 5 号 p. 337-343
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    2009年4月1ヵ月間の全国の献血者414,909人のグリコアルブミン(GA)値と性別,年代及びBMIとの関連を解析した.男女とも年代が上がるに従い,GA値16.5%以上の人の比率,平均GA値が上昇した.若年層の平均GA値は正常範囲内にあるが,BMIが高いほど低下した.30歳代以上では,BMIが低い群でも加齢とともに平均GA値は上昇し,BMIが高い群においては平均GA値及びGA値16.5%以上の比率が増加した.BMIが30以上の状態を続けると,30歳以降に糖尿病に移行する危険性が高いことが示唆された.一方,GA値16.5%以上の群では,普通体重・低体重が約6割を占め,普通体重以下でかつ献血可能な集団でも境界型が疑われる人が多く存在することが明らかとなった.献血時のGA検査は糖尿病の早期発見の機会を増やし,特定健診等でのHbA1cなどの糖尿病関連検査とともに糖尿病予防に有用な手段になると考えられた.
  • 佐藤 淳子, 弘世 貴久, 児玉 悠紀, 吉原 知明, 富岡 節子, 佐藤 文彦, 池田 富貴, 清水 友章, 小谷野 肇, 河盛 隆造, ...
    2011 年 54 巻 5 号 p. 344-348
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    超速効型インスリン3回とNPHインスリン1回の強化インスリン療法を継続し,低血糖(70 mg/dl以下)を起こさない範囲でそれぞれのインスリンを最大量に調節されている成人日本人2型糖尿病患者103例を対象に,NPHインスリンを同単位,同タイミングで持効型溶解インスリンデテミルに切り替え,その臨床的有用性を一方向の前向き非対照観察研究において検証した.18カ月間プロトコールが継続されたのは81症例である.デテミルは作用パターンがフラットであることを考慮し,空腹時血糖値110 mg/dl以下を目標とし低血糖を起こさない範囲で調節したが,切り替え時の8単位(6-12単位)から12単位(8-19.5単位)まで増量することができた.HbA1cは切り替え9ヶ月目以降に有意に改善,改善はその後18カ月間にわたり持続した.デテミルを増量したにもかかわらず低血糖の頻度や体重の有意な増加もみられなかった.強化インスリン療法における基礎インスリンとしてのデテミルの長期にわたる有用性が明らかとなった.
症例報告
  • 藤本 寛太, 藤原 雄太, 岩倉 敏夫, 松岡 直樹, 石原 隆
    2011 年 54 巻 5 号 p. 349-355
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    71歳,女性.糖尿病歴なし.2009年3月より全身の浮腫性紅斑・発熱が出現し,4月入院.血糖値310 mg/dlでありインスリン投与を開始した.皮疹は薬疹が疑われ,プレドニゾロン投与を開始した.HHV-6再活性化を認め,DIHS(drug-induced hypersensitivity syndrome)と診断した.HbA1c 6.4%であったが,血清Cペプチド<0.05 ng/ml,尿中Cペプチド0.1 μg/日と内因性インスリン分泌は枯渇していた.抗GAD抗体・抗IA-2抗体・ICAは陰性であり,劇症1型糖尿病と診断した.また橋本病も認め,後にバセドウ病も発症した.今回,DIHSにおけるHHV-6の再活性化に関連して発症した劇症1型糖尿病の1例を経験した.劇症1型糖尿病の発症はウイルス感染や膵β細胞に対する免疫的機序の関与などが想定されているが,その病態を推察するうえで示唆に富む症例と考え,報告する.
  • 国枝 武重, 村山 正憲, 古賀 正一, 花立 史香, 林 慎, 山北 宜由, 安田 圭吾
    2011 年 54 巻 5 号 p. 356-360
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    症例は21才,男性.2010年8月中旬より嘔吐,下痢が出現したため,脱水予防に清涼飲料水を1日6 l飲んでいた.3日後に応答が緩慢となりふらつきも強いことから来院.JCS I-3,血糖1639 mg/dl,尿ケトン強陽性であり糖尿病性ケトアシドーシスが疑われたが,その直後に外来にて突然心停止を来たした.速やかに心肺蘇生を施行し救命し得た.HbA1c 5.7%,尿中Cペプチドは感度以下,抗IA2抗体は陰性,抗GAD抗体は弱陽性ではあったが劇症1型糖尿病と診断した.その後,小腸イレウスを発症.腹部CTにて小腸狭窄を確認し,腹腔鏡下小腸切除術を施行した.本症例は劇症1型糖尿病発症に加え,ケトアシドーシスを経て高カリウム血症により心停止に至ったと推定される.小腸狭窄は心停止時の循環不全に伴う虚血性変化と推測されるが,側副血行が豊富な小腸の虚血は稀であり,一連の経過は興味深い.
  • 関谷 健一, 栗原 進, 八木 慎次, 山下 富都, 野口 雄一, 波多野 雅子, 犬飼 浩一, 井上 郁夫, 片山 茂裕, 粟田 卓也
    2011 年 54 巻 5 号 p. 361-368
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    混合型インスリンアナログにて治療中に,インスリン抗体を生じて血糖値が不安定になった2型糖尿病の2症例を経験した.両症例のインスリン抗体のScatcherd解析では,インスリン自己免疫症候群と類似するhigh affinity siteの低親和性と高結合能を認めた.症例1は血漿交換に続いてステロイド療法を,症例2にはステロイド療法のみを施行したが,両者とも血糖の不安定性は改善し,インスリン抗体の結合能も低下した.HLAに関しては,症例1がDRB1*0803/0901, DQB1*0303/0601,症例2がDRB1*0803/1202, DQB1*0301/0601であった.過去の報告を含めた30症例の検討では,治療としてのステロイド投与の有効性と,HLA-DRとの関連が認められた(DR8の有意な増加とDR2の有意な減少).また,インスリン抗体産生への腎障害および混合製剤の影響も示唆されたが,さらなる症例の蓄積が病因の解明に必要である.
  • 城 聡一, 小崎 篤志, 藤高 啓祐, 野村 惠巳子, 城 ひろみ, 岩崎 真佳, 西川 光重, 岩坂 壽二
    2011 年 54 巻 5 号 p. 369-373
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    症例は44歳男性.10年来口渇,多飲,多尿を認めるも放置していた.受診の約1年前より両下腿の浮腫を認めるようになり近医を受診し,2型糖尿病と診断され内服治療となっていた.平成15年2月5日頃より左大腿部痛を認め近医を経て2月18日入院した.CK高値(932 U/l)炎症反応高値(CRP 4.31 mg/dl)を認めたため,左大腿筋炎を疑われ3月3日筋生検を施行した.筋繊維の壊死,変性,萎縮,線維化を認め臨床経過とあわせ糖尿病性筋梗塞(diabetic muscle infarction)と診断した.安静,血糖コントロール,理学療法にて症状の改善を認めた.
コメディカルコーナー・原著
  • 太田 智美, 本田 育美, 十一 元三, 細田 公則, 吉田 俊秀, 大瀬 裕之, 原山 拓也, 澄川 真珠子, 原田 美穂子, 江川 隆子
    2011 年 54 巻 5 号 p. 374-380
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/06/08
    ジャーナル フリー
    糖尿病患者65例の遂行機能とセルフケア行動との関連を検討した.評価には遂行機能障害症候群の行動評価日本語版(BADS)と,セルフケア行動評価尺度日本語版(J-SDSCA)を用いた.その結果,BADSとJ-SDSCAとの間に有意な相関関係はなかった(r=-0.208).一方,BADS下位検査の「規則変換カード検査」・「行為計画検査」とJ-SDSCAとの間に負の相関(順にr=-0.262 p<0.05,r=-0.257 p<0.05),また「時間判断検査」とHbA1cとの間にも負の相関(r=-0.256 p<0.05)がみられた.遂行機能検査の成績の一部で,セルフケア行動との間に正負の両者の関係が示されたことから,遂行機能が低下した者は習慣化したセルフケア行動の実施という点では問題を生じないが,治療方法の変更等に伴い行動の修正が必要となる場合は対応が困難になる可能性が考えられた.
地方会記録
feedback
Top