糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
58 巻 , 9 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
症例報告
  • 石橋 達也, 形部 裕昭, 早川 隆洋, 太田 敬之, 古川 安志, 西 理宏, 古田 浩人, 赤水 尚史
    2015 年 58 巻 9 号 p. 675-680
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    症例は46歳,女性.32歳よりうつ病で近医に通院中であった.35歳より2型糖尿病で治療を開始された.メトホルミン500 mg/日およびインスリン(1日70単位)による治療でHbA1c5.4 %であった.来院当日,自殺目的でリスプロ2100単位,グラルギン900単位を注射し,1時間後に救急搬送となった.遷延性低血糖に対応するため入院とし,食事および経口と経静脈でブドウ糖の投与を行った.来院時の血清インスリン濃度(IRI)が31975 μU/ml,6時間で20903 μU/ml,9時間で9370 μU/mlと低下,注射後141時間でブドウ糖投与を要しなくなった.持続血糖モニタリングでは血糖値の変化はブドウ糖投与による上昇と低下を繰り返し,急峻な鋸歯状波形を呈していた.IRIの経過は低血糖からの回復時期を予測する目安となり,血糖降下作用が続く期間では頻回の血糖測定が必要であると考えられた.
  • 村尾 愛, 岩瀬 正典, 富永 丹, 大谷 博, 泊 秀史, 井手脇 康裕, 中野 昌弘, 城崎 洋, 中村 宇大, 北園 孝成
    2015 年 58 巻 9 号 p. 681-687
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    症例は51歳女性.嘔吐と上腹部痛のため救急搬送された.JCSI-2,脈拍133/分,随時血糖694 mg/dl,血中総ケトン体15.4 mmol/l,動脈血ガスpH 7.344, HCO3 10.9 mmol/l,血中Cペプチド3.0 ng/ml,抗GAD抗体陰性であり2型糖尿病ケトアシドーシスと診断した.また甲状腺左葉に結節性病変とTSH感度以下,FT3 3.04 pg/ml, FT4 1.69 ng/dlの甲状腺機能亢進症を認めた.甲状腺の自己抗体陰性,123I甲状腺シンチグラフィーでhot noduleを認めPlummer病と診断し,甲状腺左葉切除術を施行した.術後血糖コントロールは改善しインスリン療法より離脱できた.甲状腺機能亢進症が糖尿病患者のケトアシドーシスの誘因になることは知られており,その原因としてPlummer病も鑑別診断に入れる必要がある.
  • 浅川 雅博, 関根 哲生, 新津 吉博, 小林(丹羽) 有紗, 三宅 敦子, 川村 光信, 小川 佳宏
    2015 年 58 巻 9 号 p. 688-694
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    80歳,女性.1978年に2型糖尿病の診断,1990年よりインスリン導入.2007年より強化インスリン療法となりHbA1cは7-8 %程度で推移.また2006年より高血圧症にビソプロロール2.5 mg内服開始.2014年1月より2-3回/月程度の意識消失発作と嘔吐が出現,しばしば低血糖も認め精査加療目的に近医より紹介入院.入院翌日,意識消失発作と嘔吐が出現.HR:30 bpmの洞徐脈あり(血糖値:221 mg/dl),一時ペーシング施行.ビソプロロールによる洞停止と考え内服中止,以後インスリン調整で,意識消失発作・嘔吐の再発なく低血糖頻度も減少.加齢による洞機能低下でビソプロロール作用が増強して洞徐脈をきたし,意識消失発作・嘔吐が生じたと考えられた.長期罹病の高齢糖尿病患者では服薬数が少なくない.新たな愁訴をきたす場合,器質的疾患を念頭に置くと共に内服薬の十分な確認も必要と思われた.
  • 反町 衣里紗, 熊谷 尚子, 下平 雅規, 菱木 三佳乃, 田中 道雄, 本多 一文
    2015 年 58 巻 9 号 p. 695-701
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    症例は83歳女性.低血糖昏睡で搬送された.57歳時にも低血糖発作を認め,他院でインスリノーマと診断され膵体尾部切除術を受けていた.当院入院後,絶食試験で高インスリン血性低血糖症を認めた.インスリノーマの再発が疑われたが画像検査では腫瘍の局在は同定できず,当時の膵切除標本を再検討したところ,膵島過形成が主体で,成人発症膵島細胞症と診断された.経口糖負荷試験では血中glucagon-like peptide-1(GLP-1)の上昇を認めた.胃切除後の低血糖にGLP-1過剰分泌の関与が報告されているが,胃切除歴はなくともGLP-1過剰分泌が低血糖,膵β細胞増殖に関与している可能性も考えられた.ジアゾキサイド内服によりインスリン分泌は抑制され低血糖の改善を認めた.
  • 小倉 雅仁, 原島 伸一, 西村 亜希子, 稲垣 暢也
    2015 年 58 巻 9 号 p. 702-706
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    糖尿病でのインスリン治療において,生理的なインスリン分泌を再現することは重要である.インスリンデグルデクは作用時間が長く,ピークが小さいことから基礎インスリンを補償するためのアナログインスリンとして期待されている.我々は今回インスリンデグルデク使用中に重症低血糖を発症した2型糖尿病および1型糖尿病の症例を経験した.いずれの症例も,重症低血糖発症前より血糖値は低下傾向を示していたが,重症低血糖発症まで低血糖症状を自覚することがなかった.従来の持効型インスリンと比較して,インスリンデグルデクは夜間低血糖が少ないという報告は散見するが,低血糖全体については必ずしもその優位性が示されてはいない.インスリンデグルデクは今後も広く使用されると思われるが,世界的にもまだ使用経験の少ない薬剤であり,使用にあたっては低血糖の発症も含めて,注意する必要がある.
  • 飯嶋 寿江, 加瀬 正人, 相良 匡昭, 加藤 嘉奈子, 清水 昌紀, 西田 舞, 友常 孝則, 田中 精一, 青木 千枝, 城島 輝雄, ...
    2015 年 58 巻 9 号 p. 707-714
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    症例は70歳,女性.1型糖尿病,うつ病にて加療中,自殺企図のためインスリンデグルデク300単位,インスリンリスプロ300単位を皮下注射し,注射3時間後に意識障害で家族に発見され,当院救急外来に搬送となり,入院となる.簡易血糖測定では,測定感度以下(30 mg/dl未満)を示し,血清インスリン値は2972.1 μU/mlと極めて高値を示した.直ちに,ブドウ糖の静脈投与を開始した.低血糖は大量注射30時間後を最後に認めなかったものの,大量投与36時間後の血清インスリン値は1327.0 μU/mlと依然として高く,低血糖の予防のため,第6病日まで経静脈的ブドウ糖投与を継続した.本症例の経過より,インスリンデグルデクの大量投与症例では他のインスリン製剤以上に長時間にわたる注意深い観察と対応が必要であると思われた.インスリンデグルデク大量投与による遷延性低血糖の症例は極めて稀であり,文献的考察を加え報告する.
短報
  • 楠 宜樹, 勝野 朋幸, 中江 理絵, 渡邉 佳穂里, 角田 拓, 越智 史浩, 徳田 八大, 赤神 隆文, 美内 雅之, 宮川 潤一郎, ...
    2015 年 58 巻 9 号 p. 715-720
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2015/09/30
    ジャーナル フリー
    血糖自己測定(SMBG)に加えて持続血糖モニター(CGM)が血糖変動の評価に使用されている.本試験ではProfessional CGM(Pro-CGM)とPersonal CGM(Per-CGM)によるグルコース値の測定精度を評価する.1型糖尿病患者8名にPro-CGMおよびPer-CGMを同時に装着してセンサーグルコース値(SG)を測定し,SMBGで得られた血糖値(BG)との相関について検討.Pro-CGMおよびPer-CGMで得られたSG値とBG値とはそれぞれ強い正の相関を示した.Pro-CGMのSG値とBG値での平均絶対偏差は12.3±13.8 %,Per-CGMのSGとBGでの平均絶対偏差は13.7±12.6 %と両CGMの精度は同程度であった.日本で使用可能なPro-CGMとPer-CGMともにBGと強い相関を示し,血糖変動の評価に有用である.
地方会記録
feedback
Top