糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
59 巻 , 7 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
症例報告
  • 古家 美幸, 古賀 正史, 石橋 みどり, 豊田 充宏, 辻井 悟
    2016 年 59 巻 7 号 p. 463-468
    発行日: 2016/07/30
    公開日: 2016/07/30
    ジャーナル フリー

    我々はHbA1cが偽高値を示し,抗糖尿病薬を投与された非糖尿病の異常ヘモグロビンHbCの1例を経験した.本例は健康診断で糖尿病を疑われ,前医にて免疫法で測定したHbA1cが8.0 %と高値であったため抗糖尿病薬が投与された.HbA1cが偽高値を示した機序を解明するために高速液体クロマトグラフィ(HPLC)法[standard mode(SM)およびvariant mode(VM)],免疫法および酵素法でHbA1cを測定した.HbA1c値[HPLC法(VM)と酵素法]は基準範囲であったが,HbA1c値[HPLC法(SM)]は偽低値(3.8~4.2 %)を示した.免疫法では偽高値(6.5~7.6 %)を示した3キットと基準範囲を示した2キットがあった.β鎖6番目のアミノ酸を含む領域を認識する抗体を用いた免疫法では抗原性の亢進のためにHbA1cが偽高値を示したことが示唆された.

  • 中屋 雅子, 吉本 幸子
    2016 年 59 巻 7 号 p. 469-474
    発行日: 2016/07/30
    公開日: 2016/07/30
    ジャーナル フリー

    症例は82歳,男性.夕方に自宅で倒れていたところを発見され,当院に救急搬入された.来院時,JCS 200の意識障害を認め,精査を行い低血糖昏睡(血糖22 mg/dL)と診断し同日入院した.末梢血管から7.5~10 %ブドウ糖液の輸液と,1時間毎の50 %ブドウ糖の静脈注射を行ったが低血糖は遷延した.入院翌日に中心静脈カテーテルを挿入し30 %ブドウ糖液の輸液を行い,入院から36時間後に低血糖と意識状態は改善した.第8病日には自宅退院が可能となった.入院時の血清を調べたところ,グリベンクラミドが高濃度で検出された(血中濃度211.8 ng/mL).患者には血糖降下薬は処方されておらず,患者の妻に処方されていたスルホニル尿素薬(以下,SU薬)を誤って内服していたことが判明した.特に高齢者の糖尿病診療を行う際には,このような誤飲事故が家族内で起こる可能性も考慮し,注意すべきである.

  • 松下 由美, 高田 康徳, 松田 藍, 川村 良一, 大沼 裕, 大澤 春彦
    2016 年 59 巻 7 号 p. 475-481
    発行日: 2016/07/30
    公開日: 2016/07/30
    ジャーナル フリー

    低血糖により自律神経系の活動と関連した不整脈や心血管イベントが増加することが報告されている.今回,インスリン依存状態の1型糖尿病症例において,continuous glucose monitoring(CGM)とホルター心電図を同時に施行し,夜間低血糖時における心電図と自律神経活動の変化を解析し得たので報告する.症例は77歳男性,病歴30年の緩徐進行1型糖尿病患者.入院中のCGMで,睡眠中に約4時間持続する低血糖を認めた.ホルター心電図の心拍変動解析では,同日の睡眠中の非低血糖時に比し,低血糖時に交感神経活性指標(LF/HF)の亢進,副交感神経活性指標(HF)の減少,同時に心室性期外収縮,QTc延長を認めた.CGMとホルター心電図の併用は,夜間低血糖の把握のみならず,低血糖時の自律神経系の変化およびそれと関連した不整脈を検出するのに有用と考えられる.

  • 牛腸 直樹, 青木 絵麻, 岡田 千穂, 大村 和規, 平嶋 勇士, 田中 秀樹, 鈴木 奈津子, 大森 安恵
    2016 年 59 巻 7 号 p. 482-488
    発行日: 2016/07/30
    公開日: 2016/07/30
    ジャーナル フリー

    糖尿病患者で高率に認める尿路感染症の中でも,前立腺膿瘍は症状に乏しく早期診断,加療が困難であり,また血流豊富な臓器であるため血行性播種を伴いやすい.今回我々は血糖コントロール不良の2型糖尿病を背景に前立腺膿瘍を発症し,早期診断,治療ができず,診断時に既に黄色ブドウ球菌菌血症を伴い,加療開始後に全身の多発性筋膿瘍,化膿性胸鎖関節炎を併発した高齢男性の1例を経験した.14週間に及ぶ長期の抗菌薬加療により軽快したが,高齢,認知症,神経障害などを背景に持つ糖尿病患者の診療においては血糖コントロールを保つだけでなく,軽微な非特異的症状でも感染症の合併を考慮する必要があることを改めて強調したい.

短報
第52回日本糖尿病学会近畿地方会
feedback
Top