糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
60 巻 , 5 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
特集
プライマリ・ケアからみた糖尿病診療
原著
診断・治療(食事・運動・薬物)
  • 塩見 めぐみ, 田中 庸一, 坂本 将規, 磯元 晃, 中村 麻美, 髙田 哲秀, 小宮山 貴子
    2017 年 60 巻 5 号 p. 361-369
    発行日: 2017/05/30
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル フリー

    リラグルチドの治療効果評価時期および血糖改善効果予測因子を明らかにすることを目的に,2型糖尿病患者55例を対象として調査を行った.HbA1cが1.0 %以上低下した症例は12週までに,HbA1c 7.0 %未満達成症例は28週までに,8.0 %未満達成症例は20週までに認められた.ロジスティック回帰分析を用いて予測因子を解析したところ,罹病期間13年未満,HbA1c 9.0 %以上,随時中性脂肪219 mg/dL未満がHbA1c低下量1.0 %以上到達に(P<0.05),スルホニル尿素薬非使用がHbA1c 7.0 %未満達成に影響する因子として同定された(P=0.001).これらの因子を持つ症例はリラグルチドの効果が期待でき,導入12週および28週後に治療継続の有無について検討する必要があると考えられた.

病態・代謝異常・合併症
  • 上田 舞, 高部 倫敬, 澤田 隆弘, 浦井 伸, 橋本 尚子, 大原 毅
    2017 年 60 巻 5 号 p. 370-377
    発行日: 2017/05/30
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル フリー

    血管内皮機能検査は2型糖尿病患者における心血管イベントのsurrogate markerとして注目されている.FMD,RHIを同時測定した2型糖尿病患者106名において様々な動脈硬化因子との関連を検討した.単変量解析ではFMDはeGFRと正の相関,年齢,ACR,収縮期血圧,baPWV,頚動脈IMTと負の相関を示し,男性,糖尿病腎症で低下を認めた.RHIはABIと正の相関,頚動脈IMTと負の相関を示し,喫煙者とスタチン内服者で低下を認めた.重回帰分析ではFMDは性別,eGFR,baPWVと関連を認め,RHIはABI,頚動脈IMT,スタチン使用と関連を認めた.FMD,RHIは互いに相関を持たず(r=0.14,p=0.17),異なる動脈硬化因子と関連した.

症例報告
  • 岡部 泰二郎
    2017 年 60 巻 5 号 p. 378-384
    発行日: 2017/05/30
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル フリー

    症例は63歳男性.2,3ヶ月の間に急激な高血糖とケトーシスの出現を認め入院となった.GAD抗体が8361 U/mLと著明高値であり,急性発症1型糖尿病が疑われたが,インスリン非依存状態であった.同時にバセドウ病を合併しており,多腺性自己免疫症候群(autoimmune polyglandular syndrome,以下APSと略)3型と考えられた.インスリンと経口糖尿病薬による治療を5年以上続けているが,インスリン分泌能の低下が進行しておらず,緩徐進行1型糖尿病の可能性も考えられる.バセドウ病を合併することにより,糖尿病の病型診断が困難になったものと考えられる.また,クラスIおよびクラスIIの種々の遺伝子座におけるhuman leucocyte antigen(HLA)のgenotype解析を行い,1型糖尿病とバセドウ病の同時診断例に特徴的なHLAアリルが存在する可能性が示唆された.

短報
  • 福元 良英, 大石 まり子, 屋宜 宣治, 栗原 義夫, 奥口 文宣, 杉本 英克, 柏木 厚典, 糖尿病データマネージメント研究会
    2017 年 60 巻 5 号 p. 385-389
    発行日: 2017/05/30
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル フリー

    血糖コントロール良好群(7 %未満)の臨床的背景を検討した.JDDM参加施設初診時のHbA1cをI群(7 %未満)・II群(7~8 %未満)・III群(8 %以上)に層別化し,合併症の有病率,治療法の推移を比較検討した.3群とも推定罹病期間は11年あまりと差はなかったが,III群はI群・II群より若年で肥満していた.I群にはもともと軽症な糖尿病症例と前医で発症早期から良好な血糖コントロールで維持していた症例が存在することが推測される.2014年における網膜症・腎症・ATR異常の出現率がI群はIII群より低値であった.I群では食事療法単独で良好な血糖コントロールを維持する症例の割合が高かった.初診時のHbA1c値がその後の臨床像に関係しており,より早期からの血糖コントロールの重要性が示された.

地方会記録
feedback
Top