糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
61 巻 , 7 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
特集
移植医療と再生医療の進歩
原著
疫学
  • 髙木 康介, 福田 俊一, 渡部 賢司, 神田 純子, 湯原 友美, 園山 学, 守田 美和, 手納 信一
    2018 年 61 巻 7 号 p. 477-485
    発行日: 2018/07/30
    公開日: 2018/07/30
    ジャーナル フリー

    島根県出雲市の保険薬局において,糖尿病患者の歯周病についての理解度を解析し歯科受診を啓発するためアンケート形式の糖尿病療養指導を行った.市内の16薬局が参加し有効回答が得られた516名のうち,糖尿病患者が歯周病になりやすいことを知っていると回答した患者は56.4 %であり,自覚症状がある患者は27.9 %,定期的に歯科受診をしている患者は31.2 %だった.主治医が専門医か否かおよび教育入院経験の有無で比較すると,知識面等には有意な差が見られたが,セルフケアの実践や歯科の定期受診では有意な差は見られなかった.療養指導後に新たに歯科受診をした患者は29名であり,改善率は8.2 %であった.地域に点在する保険薬局を主治医の専門性に関わらず療養指導を行うことのできる医療資源として活用し,他職種とも連携を図ることで積極的に医科歯科連携に参画し医療基盤の整備に貢献していきたい.

社会医学・医療経済学
  • 遠藤 洋次, 薬師神 裕子
    2018 年 61 巻 7 号 p. 486-494
    発行日: 2018/07/30
    公開日: 2018/07/30
    ジャーナル フリー

    小児糖尿病キャンプの災害対応マニュアルを開発し,その有用性を明らかにした.デルファイ法による全国調査を行い,マニュアルに必要な61項目を抽出した.開発したマニュアルを活用したA県糖尿病キャンプで災害訓練を行い,災害対応に関する知識と行動に関する項目得点の変化をWilcoxon符号付き順位検定,Mann-Whitney U検定で分析した結果等から有用性の評価を行なった.訓練に参加した34名(医療職者17名,ボランティア17名)の災害対応に関する自己評価尺度の総得点は災害訓練後に有意に上昇した.マニュアルは,災害に対する知識と災害時に行動できる自信の向上に有効で,特にボランティアと初参加スタッフの知識向上に効果がみられた.ボランティアの役割の具体的な指示とCSIIなどの最新のインスリン療法への対応が改定に必要な項目として挙げられ,全国のキャンプで活用するため内容を検討していく必要性が示された.

地方会記録
feedback
Top