糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
62 巻 , 6 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
疫学
  • 岸本 一郎, 井垣 誠, 小松 素明, 隈部 綾子, 恒成 徹
    2019 年 62 巻 6 号 p. 347-354
    発行日: 2019/06/30
    公開日: 2019/06/30
    ジャーナル 認証あり

    目的:糖尿病性腎臓病の重症化予防のため地域における課題を抽出し特に介入すべき対象集団を検討する.方法:4年間の豊岡市国民健康保険特定健診データ(初年度n=5,169)に基づいて後方視的縦断コホート研究を行った.血清クレアチニン値の1.2倍化をエンドポイントとして生存時間分析を行い,腎機能低下と関連する因子を解析した.結果:腎機能低下のリスク因子として糖尿病と高血圧が有意に関連しており,それぞれの疾患がある場合は約2倍リスクが上昇した.糖尿病患者のみの解析では,HbA1c(高値)とHDLコレステロール(低値)が腎症増悪と関連していた.特に,治療を受けていないHbA1c 8 %以上の群で腎機能低下の進行を認めた.また,尿蛋白(-)の糖尿病患者を対象とした検討では,低HDLコレステロール血症群が高リスクであった.結論:地域における糖尿病性腎臓病進行の高危険群が明らかとなった.

症例報告
  • 今泉 俊則, 柴田 敏朗, 堀谷 幸宏, 山内 明日香, 高橋 佳大, 棚橋 忍
    2019 年 62 巻 6 号 p. 355-359
    発行日: 2019/06/30
    公開日: 2019/06/30
    ジャーナル 認証あり

    症例は54歳女性.43歳より両大腿切断術後状態.50歳で2型糖尿病の診断を受けシタグリプチン,メトホルミンの投与を開始したが,間食による肥満および血糖コントロール増悪傾向を認めた.X年9月にHbA1c 9.6 %となり10月に当科に入院した.身長114.0 cm,体重58.8 kg,両下肢切断状態の標準体重は35.0 kgと算出した.指示エネルギー量はHarris-Benedict式や酸素摂取量を参考とし1200 kcalとした.またシタグリプチンをリラグルチドに変更し,良好な血糖コントロールを得た.外傷性下肢切断術後患者では身体活動低下,摂食量増加,adiposopathyによる体脂肪増加や心血管死リスク増大を来たす.本症では下肢切断を加味したエネルギー量設定,及び食欲・体重増加,心血管イベント抑制のためのリラグルチド使用が有効であった.

  • 國崎 哲, 牧野 圭祐
    2019 年 62 巻 6 号 p. 360-365
    発行日: 2019/06/30
    公開日: 2019/06/30
    ジャーナル 認証あり

    症例は71歳女性.56歳時に2型糖尿病と診断され食事療法と経口糖尿病薬にて治療されていた.入院2年前より全身に掻痒疹が出現し,近医皮膚科にてII群クラスのステロイド外用薬が開始となった.入院1カ月前までHbA1c 7 %前後で推移していたが,掻痒疹が増悪したため近医皮膚科に入院となる.入院中にI群クラスのステロイド外用薬へ変更となり,約3週間の入院加療後退院.退院翌日に当科再診した際に随時血糖803 mg/dLと高血糖を認めたため入院.入院精査の結果,1型糖尿病発症,悪性腫瘍,感染症等の関与は否定され,ステロイド外用薬により血糖悪化をきたしたものと診断した.ステロイド外用薬は局所投与では,吸収効率が低いため内臓への作用をきたすことは稀とされているが,本症例のように皮膚バリア機能の障害を認める症例に,高力価のステロイド外用薬を使用する際は,血糖悪化に注意する必要がある.

  • 中島 拓紀, 岡田 定規, 西岡 祐一, 小泉 実幸, 中上 純子, 毛利 貴子, 増谷 剛, 赤井 靖宏, 石井 均
    2019 年 62 巻 6 号 p. 366-372
    発行日: 2019/06/30
    公開日: 2019/06/30
    ジャーナル 認証あり

    症例は76歳男性.41歳時に2型糖尿病を指摘され,経口血糖降下薬を開始,63歳時からはインスリン療法を開始した.70歳時にインスリン抗体(結合率53.1 %,濃度≧5000 nU/mL)に伴う血糖コントロール悪化を認めたため,インスリン製剤を変更したが改善は一時的であったため,プレドニゾロン20 mg/日を開始した.ステロイド開始後,血糖コントロールは改善しステロイドの漸減を行った.76歳時にステロイド中止したが再び血糖コントロールの悪化を認めたため入院した.持続血糖モニター下でプレドニゾロン20 mg/日を投与したところ,投与翌日より血糖が低下し,インスリンを漸減できた(入院時は一日総インスリン95単位が必要であったが,退院時は一日総インスリン48単位).また血糖変動の指標(M値,MAGE, CONGA-1)はステロイド治療後にそれぞれ低下を認めた.

feedback
Top