芝草研究
Online ISSN : 1884-4022
Print ISSN : 0285-8800
ISSN-L : 0285-8800
42 巻 , 1 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
総説
研究論文
  • 福田 健二, 朽名 夏麿, 鬼頭 秀一, 山路 永司, 斎藤 馨, 小貫 元治, 鯉渕 幸生, 三谷 啓志, 吉田 善章, 神保 克明, 松 ...
    2013 年 42 巻 1 号 p. 20-30
    発行日: 2013/10/31
    公開日: 2021/04/22
    ジャーナル オープンアクセス
    福島第一原発事故による放射能汚染のホットスポットとなっている千葉県柏市に位置する東京大学柏キャンパス内の緑地において, 汚染実態調査を行うとともに芝生の除染試験を行った。2011年8〜10月に測定したキャンパス内の地上1mの空間線量率はほぼ0.3〜0.6μSv/hの範囲にあり, 芝生や森林の面積当たりの放射性セシウム汚染量は39〜137kBq/m2であった。芝生地の放射性セシウムは表層0〜1cmの土壌粒子に最も多く含まれ (35〜107kBq/m2), 芝の植物体およびサッチに含まれる量に比べてはるかに多かった。除染方法として, リールモアとロータリーモアを用いた芝刈りとサッチの吸引 (A方式) と, ソッドカッターによる芝生の剥ぎ取り (B方式) とを行い比較した結果, A方式による空間線量率の低下はわずかであったのに対し, B方式では約0.4〜0.6μSv/hだった地上5cmの空間線量率が0.11〜0.21μSv/hまで低下した。このことから, 千葉県東葛地域の芝生地の除染には, ソッドカッターを用いた芝の剥ぎ取りが最も簡単かつ有効な手段であると考えられた。一方, 雨どいからの飛沫が降り注ぐ約5m2の範囲において, 表層2cmで100kBq/kg, 深さ4〜6cmで10kBq/kg以上の土壌汚染がみられ, 深さ6cmまでの表土の入れ替えを行っても地上5cmで0.5μSv/h前後までしか低下しなかった。
短報
  • 富田 春乃, 宮川 秀則, 佐藤 忠継, 涌井 史郎, 飯島 健太郎
    2013 年 42 巻 1 号 p. 31-35
    発行日: 2013/10/31
    公開日: 2021/04/22
    ジャーナル オープンアクセス

    The purpose of this research is verification of the heat insulation effect by sheet planting installed in metallic roof. The heat insulation effect of a grass and a Sedum was compared. And water supply and non-supply Sedum was compared. The temperature point was set to surface of each planting, the back side of planting, and surface of metallic roof under planting. The analysis object period was from Aug. 1 to 31 in 2011. The result is as follows. The surface of metallic roof amounted to 54.3ºC at highest during the experimental period. At the time of the highest temperature, the surface of grass was 44ºC and the surface of the Sedum under water supply was 46ºC. Simultaneously, the back side of grass base was 38.9ºC and the back side of Sedum under water supply base of the base was 34.5ºC. The same temperature fall effect was accepted for Sedum under water supply and Sedum under water non-supply after rain 4 days. That is, as for sedum planting, it was accepted that everyday water supply and water supply of 4 day interval have the same temperature fall effect.

報告
資料
講演要旨
feedback
Top