可視化情報学会論文集
Online ISSN : 1346-5260
検索
OR
閲覧
検索
21 巻 , 4 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 上田 哲史, 泉田 英嗣, 川上 博
    原稿種別: 総説
    専門分野: 可視化情報の技術
    21 巻 (2001) 4 号 p. 65-70
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    力学系が非線形常微分方程式で表現されたとき,解の極限集合である平衡点や周期解は,系のパラメータ値の変動に伴って,その位相的性質が変化する.これを分岐現象という.力学系の数理モデルが導かれたとき,分岐現象を与えるパラメータ値の集合(分岐集合)が求められれば,解が存在するパラメータ領域や,その境界(安定限界)を具体的に知ることができ,系の設計や解析の実用上の観点からも重要である.しかし,分岐集合の求解には,解析的手法を用いることは困難であり,デジタル計算機の援用が不可欠である.本論文では,n 次元非線形常微分方程式系に含まれる3次元パラメータ空間において,周期解に関する分岐集合(分岐曲面)を計算し,CG として視覚化する方法について述べる.分岐曲面は一種の等値面とみなせるが,一般の等値面構成問題とは異なり,数値積分と n+3 次元方程式の求解を要するため,ボクセル判定法は計算コストの観点から用いることができない.そこで,計算コストの削減を念頭においた分岐曲面の構成方法を二つ提案する.構成方法 I は,第 3 パラメータのさまざまな値で 第 1, 2 パラメータによる平面で分岐集合をもとめ,それらを接続してポリゴンを生成する手法である.また,構成方法IIは,初期値となるパラメータ平面の分岐集合から自律的に 3次元分岐曲面を探索してゆく手法である.両手法の詳細を述べ,特徴を比較した.これらの可視化手法よって,パラメータ空間中における各種解の存在領域の形状,その発生消滅,カオスの存在位置などの大域的性質が理解でき,系の設計,解析の手助けとなる.
    抄録全体を表示
  • 木村 元昭, 武居 昌宏, HO Chih-Ming, 李 輝, 斎藤 兆古, 堀井 清之
    原稿種別: 総説
    専門分野: 可視化情報の技術
    21 巻 (2001) 4 号 p. 71-78
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    本研究はMEMSマイクロせん断応力イメージチップにより,乱流境界層内のせん断応力を准2次元的に測定し,そのデータに離散値系ウェーブレット変換を施し壁面せん断応力縞構造のより詳細な抽出を行うことを目的としている.MEMSマイクロせん断応力イメージチップにより壁面せん断応力縞構造の時間空間准2次元分布が測定された.同データに離散値系ウェーブレット変換が施され,周波数帯域別にせん断応力縞状構造を分離し,各周波数レベルおきに壁面せん断応力の構造を可視化することができた.また,壁面せん断応力のエネルギー保有領域に相当するレベル0は主流の影響を強く受けること,また,慣性小領域に相当するレベル1と2により壁面せん断応力の縞状構造がより鮮明に可視化することができた.更に,レベル4と5の散逸領域である高周波数領域では粘性の影響が強く現れ,レイノルズ数が低くなるほど渦構造が散逸していく過程が可視化された.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top