可視化情報学会論文集
検索
OR
閲覧
検索
23 巻 , 9 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 梅田 眞三郎, 谷口 輝, 長谷川 盛三, 万本 信三, 堀井 清之
    原稿種別: 論文
    専門分野: 可視化情報の技術
    23 巻 (2003) 9 号 p. 80-87
    公開日: 2003/09/30
    ジャーナル フリー
    食品の鮮度維持や機械・電子系の作業環境保全に薄膜噴流による膜の形成技術の向上が求められ,建築空間でのエアーカーテンなどとして空気膜の形成の適用も試みられているが,十分な膜の安定には至っておらず,その流体膜をどのような条件で安定化させるかについての基礎的研究論文はほとんどみられない.  本研究では,蛍光染料を用いた注入トレーサ法や二次元粒子画像測定法とレーザドップラー流速計を用いて,菱形角柱群と隙間を有する管路内の交差噴流と薄膜噴流が共存する場合の流れの可視化に関する基礎的実験を行った. その結果,菱形角柱上方の隙間の大きさの違いによって角柱に挟まれた分流領域での流れが異なることや菱形配列などを変化させることによって交差噴流に発現する縦渦の影響が薄膜噴流の界面付近から流下方向に向かって全体にわたって及んでいることなどを明らかにすることができた.
    抄録全体を表示
  • 加藤 禎人, 平岡 節郎, 多田 豊, 松浦 章裕, 福本 尚吾, 大政 龍晋, 李 泳世, 高 承台
    原稿種別: 論文
    専門分野: 可視化情報の技術
    23 巻 (2003) 9 号 p. 88-92
    公開日: 2003/09/30
    ジャーナル フリー
    低周波の振動板を備えた新規な液混合装置内の流動状態および混合状態の可視化結果から以下の知見を得た. 本装置を層流で運転する場合は槽内に左右対称の一対の渦が発生し,混合領域が分割されることが分かった. また,流体の振動の影響がある部分は羽根近傍のみであり,槽全体としては一様な流れであることが分かった. また,その情報に基づき吐出流をジェット流と仮定することで槽内流れの数値解析を行った結果,槽全体の大まかなフローパターンは実測値と一致し,数値解析により層流の流れを予測できることが分かった.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top