可視化情報学会論文集
検索
OR
閲覧
検索
25 巻 , 11 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 神田 健介, 八木 恭平, 楊 明
    25 巻 (2005) 11 号 p. 78-83
    公開日: 2005/11/30
    ジャーナル フリー
    近年注目されているマイクロ生化学分析チップにおいてはイムノアッセイ等の壁面を利用した物質検出が行われている.そのためには対象の分子が壁面近傍に存在することが必要である.本研究では壁面から数100nmを可視化できるエバネッセント顕微鏡システムを構築し,直接観察により壁面近傍の粒子濃度分布およびブラウン運動解析を行うことを目的とした.実験においては壁面特性の影響を評価するため親水性,疎水性に表面処理した壁面上において,生体分子の代わりに微小ポリスチレン粒子を用いた.ブラウン運動解析では壁面近傍で粒子の平均移動量が減少することを明らかにし,濃度分布測定では壁面近傍での濃度が低く,壁面から離れるに従い高くなること,粒子分布が親水性,疎水性では異なることを明らかにした.壁面近傍の粒子分布には粒子と壁面との流体的相互作用や種々の物理・化学的相互作用が大きな影響を及ぼすと考察した.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top