可視化情報学会論文集
Online ISSN : 1346-5260
検索
OR
閲覧
検索
25 巻 , 6 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 宝渦 寛之, 池田 充, 高石 武久, 網干 光雄
    25 巻 (2005) 6 号 p. 13-20
    公開日: 2005/06/30
    ジャーナル フリー
    パンタグラフの舟体は新幹線の主要な空力音源の1つであり,その低騒音化が強く要求されている.ただし,高速域でパンタグラフが良好な集電性能を維持するためには舟体の揚力特性を適正に保つ必要があるため,空力音低減は容易ではない.そこで著者らは,舟体の空力音発生メカニズムを明示することによって低騒音化設計を支援することを目指し,流れ場のCFD解析とHoweの渦音理論に基づく音響解析手法を組合せた手法を用いて,舟体から発生する空力音の遠方場における評価と舟体まわりの二重極音源分布の可視化を行った.また,検証のための風洞実験も実施した.これらの結果,二重極音の評価結果が実験結果と定性的に一致することを示した.また,二重極音源分布の可視化結果から,対象とした舟体では剥離領域の大きさや再付着の有無が二重極音の発生に大きく寄与していることを明らかにした.
    抄録全体を表示
  • 石野 洋二郎, 稲川 治, 大岩 紀生
    25 巻 (2005) 6 号 p. 21-26
    公開日: 2005/06/30
    ジャーナル フリー
    本研究では,40個のレンズを有する多眼カメラとCT解析を組合わせた,乱流火炎反応領域の瞬間三次元形状の計測手法(多眼カメラスキャンレスCT法)を提案する.本計測手法ではまず,観測領域に乱流予混合火炎観察対象輝度分布体を設置し,多眼カメラによって40方向から同一時刻に撮影を行い,40枚の二次元プロジェクション画像を獲得する.つぎに,それぞれのプロジェクション画像から同一高度の一次元輝度情報を取り出し,これに二次元CT法を適用しその高度の水平断面の輝度分布を再構成する.各高度毎に求めた水平断面再構成画像を高さ方向に積み重ね,観測領域全体の瞬間三次元輝度分布を獲得する.本研究では,以上のように,スキャンレス三次元CT再構成を実現する.プロパン空気過濃予混合乱流火炎に対して実際に本手法を適応し,乱流火炎の瞬間三次元輝度分布の獲得に成功した.時間分解能は1.2ms,空間分解能は0.12 mmである.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top