可視化情報学会論文集
検索
OR
閲覧
検索
29 巻 , 11 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
論文
  • 桐本 兼輔, 西尾 茂
    29 巻 (2009) 11 号 p. 67-75
    公開日: 2009/11/30
    ジャーナル フリー
    本研究は,高速度・高精細画像から得られる時空間相関情報に着目し,PIV高次解析手法の開発を試みたものである.これは,相関情報を時空間領域で一括して解析することにより,相関値の連続的な変化を利用可能とし,従来よりも高精度かつ高機能な流場解析を実現する.さらに,相関値の経路積分を評価指標とすることにより,相関値の連続性を定量的に評価し,時空間の速度場を曲面として抽出する新手法を開発した.また,摂動法的に低次の項から順次求めることによって,計算効率の向上を図った.さらに,本アルゴリズムをVSJ標準画像に適用した結果,速度や渦度だけではなく流場の運動量束を場として計測可能であることを示した.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top